JAPAN BUS LINES協議会が正式設立 日本全国の高速バス事業者が提携し訪日外国人の高速バス利用を促進します

JBL協議会

2016/7/20 14:30

 本日7月20日、日本全国59社の高速バス事業者が提携し、ますます増加する訪日外国人の高速バス利用を促進すべく、「JAPAN BUS LINES協議会」を正式に設立しました。

2016/7/20

JAPAN BUS LINES事務局

JAPAN BUS LINES協議会が正式設立

日本全国の高速バス事業者が提携し訪日外国人の高速バス利用を促進します

 本日7月20日、日本全国59社の高速バス事業者が提携し、ますます増加する訪日外国人の高速バス利用を促進すべく、「JAPAN BUS LINES協議会」(以下、JBL協議会)を正式に設立しました。

 訪日外国人にとって高速バスを利用する際に、行きたい観光地にどのバスが運行しているかを探し出し、路線ごとに予約・購入するのは困難、などという課題がありました。そのような困難を解決し、訪日外国人の高速バス利用を促進するため、2015年9月にJAPAN BUS LINES準備会を発足しました。以来、「訪日外国人が日本国内を隅々まで簡単・便利・安心に移動できる仕組みを提供する」をビジョンに、日本全国の高速バスを予約できる訪日外国人旅行者専用サイトJBLサイトを開設し、より訪日外国人が簡単に日本の高速バスを利用できる仕組み、サービスを協議してまいりました。

 JBL準備会では、国籍を問わず高速バスを利用していただきやすい環境づくりのために、以下の項目に関し、協議を重ねてまいりました。

・「JBLパス(仮称)」

 JBLサイトで販売をしている約100路線の予約制高速バスが乗り放題になる全国パス。(今秋発売予定)

・JBLサイトにて利用するピクトグラム

 バスの設備に特化したピクトグラム。言葉がわからない訪日外国人に設備をわかりやすく伝えることが目的。

・翻訳ガイドライン(英語)

 平成26年3月に出された観光庁のガイドラインを基本方針として、バス停に使われる表記を中心にしたガイドライン。

 訪日外国人旅行者数は、2015年には過去最高の1,973万人を突破、2016年は前年比を超えるなど、現在も増加の一途をたどっています。さらに、各自で交通手段を手配するFIT(Foreign Independent Tourist、個人海外旅行者)が2015年度の訪日外国人のうち全体の70%を占めました※。高速バスはリーズナブルに、日本全国を便利に隅々まで移動することができる、訪日外国人の「行きたい場所」を「簡単・便利に行ける場所」に変えることができる非常に有効な交通手段です。今回の協議会の正式設立を皮切りに、日本全国59社の高速バス事業者間の連携をさらに深め、訪日外国人が日本全国を隅々まで簡単・便利・安心に移動できる仕組み、サービスのさらなる改善、提供に取り組んでまいります。

※2015年度観光庁データより

【JAPAN BUS LINES協議会概要】

・理事:京王電鉄バス株式会社(代表)、名鉄バス株式会社、南海バス株式会社

・設立日:2016年7月20日

・参画事業者:59社

・JBL協議会事務局所在地:

 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル25階 WILLER TRAVEL株式会社内

・WEBサイト:http://japanbuslines.com/

・WEBサイト対応言語:英語、韓国語、中国語(繁体字)

________________________________________

本件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

JAPAN BUS LINES事務局(WILLER TRAVEL内)

担当:吉村 綾花 E-mail:koho@willer.co.jp

TEL:06-6123-7250 FAX:06-6136-5887

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中