「岡崎体育÷JINRO」CM,好評につき、ご要望に応え全国ネットでのオンエアが決定!

眞露

2016/8/9 13:01

JINROのキャンペーン「Let’s÷JINRO」の新シリーズ、「岡崎体育÷JINRO」プロモーションビデオの岡崎体育氏が当日ゲスト出演する8月14日に関ジャム完全燃SHOW(テレビ朝日系列)でCM30秒を全国ネットで放送決定。

2016年8月9日火曜日

眞露株式会社

JINRO新キャンペーンのメイン企画

「岡崎体育÷JINRO」プロモーションビデオが絶好調!

JINRO史上最高アクセス数を更新中

~ CMも好評につき、ご要望に応え全国ネットでのオンエアが決定! ~

「JINRO」「JINROマッコリ」などを扱う総合酒類会社眞露株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:楊(ヤン) 仁(イン) 集(ジプ))は、主力商品であるJINROのキャンペーン「Let’s÷JINRO」の新シリーズ、「岡崎体育÷JINRO」を6月から展開しております。この度、キャンペーンのメイン企画でもある

プロモーションビデオがついに完成し7月24日(日)よりJINROウェブサイトおよびJINRO YouTube 公式チャンネルで閲覧中ですが予想を上回る大反響で8月9日現在20万アクセスと眞露ウェブサイト史上最高のスピードでアクセス数を更新中。また関東のみでオンエアしていたCMも他県から見たいというご要望が殺到したため、急遽岡崎体育氏が当日ゲスト出演する8月14日に関ジャム完全燃SHOW(テレビ朝日系列)でCM30秒を全国ネットで放送することが決定いたしました。 

「JINRO」のもつ「つくるのもたのしいお酒」のコンセプトを映像化したビデオはまさに今年の話題の宴会ソングに。さらなる全国放送など「岡崎体育÷JINRO」の今後のさらなる展開ご期待ください。

JINROウェブサイト:http://www.jinro.co.jp/special/okazaki/

JINRO YouTube 公式チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UC1jxcH4MoKnCARp1bGtBv5g

割る!iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/geru!-single/id1130863150

■プロモーションビデオを超えたプロモーションビデオCMとは?

音楽業界に旋風を巻き起こしている岡崎体育。「ミュージックビデオあるある」をテーマにした「Music Video」はYouTubeで動画再生数770万回を(8月8日現在)超えました。そんな彼とJINROがタッグをくんでつくった今回のコラボ動画最大のポイントは、プロモーションビデオがすでにCMになっていることです。

通常のタイアップ曲とは異なり、どこを切り取っても÷JINRO要素が盛り込まれている、新しい形のCM、プロモーションビデオ式CMなのです。

■撮影秘話が聞けるメイキング映像も配信決定

今回のビデオは、岡崎体育の後輩でもあり、アニメーター、ミュージシャンとしても活躍する新進気鋭のクリエイター、寿司くんが監督をつとめました。前作「Music Video」の20倍のスタッフで挑んだ

今回の撮影。「恐る恐る挑んだのですが、結果いいものができたと思います」と仕上がりに満足している様子でした。何度も撮り直したダンスシーンは、JINROのたのしさと岡崎体育の世界観が絶妙に表現されています。撮影の裏話はこれだけではありません。撮影秘話を盛り込んだメイキングビデオをも特別に本日(8月9日)より公開中。

■岡崎体育プロフィール

京都在住の男性ソロプロジェクト。地元のスーパーマーケットで働きながら、自身の出自に因んだ音楽スタイル「盆地テクノ(BASIN TECHNO)」を掲げ、2012年より活動を開始。関西を中心にライブ活動を行い、その唯一無二な独創的パフォーマンスが口コミで話題を呼び、若者を中心に中毒患者が急増。また「ミュージックビデオあるある」を題材にした「MUSIC VIDEO」のMusic Videoが、僅か一週間で100万回再生を突破。数々の有名アーティストからも絶賛され、一躍時の人となる。そして5月18日発売のメジャーデビューアルバム『BASIN TECHNO』はオリコンウィークリーチャート初登場9位を記録。iTunesのJ-POPチャートでは最高位1位を記録した。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

JINRO CM

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中