ウィスマンVDA会長がIAAはデジタル化を推進すると宣言

ドイツ自動車工業会

2016/9/6 16:55

ウィスマンVDA会長がIAAはデジタル化を推進すると宣言

AsiaNet 65596(1090)

【ベルリン2016年9月5日PR Newswire=共同通信JBN】9月2日午後2時に行われたハノーバー国際モーターショー(IAA)事前ウェブ記者会見でのドイツ自動車工業会(VDA)のマティアス・ウィスマン会長声明

320以上のワールドプレミア、52カ国から2000の展示者、強力な欧州市場がIAAをサポート

3週間後に第66回IAA商用車見本市(IAA Commercial Vehicles)はハノーバーで開幕

IAAは予約がほぼ満員である。われわれは予約登録で占有されたスペースに満足している。27万平方メートルある今回のIAAは、IAA商用車見本市が分離されて以来、最大のショーとなる。

輸送、物流、モビリティーにとって世界で最も重要な市場に、52カ国から約2000の展示者がそれぞれのイノベーションを展示する。このIAAは、展示に参加する国が15%増加し、これまでで最も国際的なものになった。

ワールドプレミアの総数は、IAA開幕直前になるまで不明である。現在、われわれは日々、展示者から返答を受け取っている。しかし、今回のIAAでは、2年前に比べイノベーションへの意欲がより強いものであることは確かである。展示者はこれまでに、320台のワールドプレミアを公開すると知らせてきた。さらに、100台以上の欧州初公開の車両もある。

このIAAが開始されれば、今回は国際的な願望が完全にかなったものなる。外国からの展示者の比率は61%に達する。現時点で、約50カ国から1100人のジャーナリストがすでにIAAに登録されている。

商用車の国際的なバリューチェーン全体がIAAに参加する。それは大型トラック、バン、バスのメーカーや、トレーラー・ボディーのメーカーに加え、多数のサプライ企業およびサービスプロバイダーである。

今年のIAAのスローガンは「Driven by Idea(アイデアが原動力)」である。業界は大きな流れを浮き彫りにし、商用車セクターはそれに沿ったソリューションを提供している。

*このトレンドはまず、コネクテッドおよび自動運転である。業界全体の「デジタル変革」を指し示している。

*これには、商用車およびバスにますます普及しているオルタナティブ(代替)パワートレインも含まれる。電動およびハイブリッド駆動装置、天然ガスがここでのキーワードである。

*また、「都市ロジスティクス(物流)」も含まれ、これは都市における交通と流通をさらに効率的かつ環境に優しいものにする。

これらのトピックスを強調するために、われわれはこれらのトピックスを「New Mobility World logistics」で、IAA国際モーターショーの特別テーマに指定した。

この新しいイニシアチブは、展示者が提案する将来設計、新しい物流コンセプト、提案、サービスをより重要視して、これらを見学者に認識してもらい、新規企業と見学者グループの関心を引くことが目的である。

New Mobility World logisticsは、将来の物流および輸送に関するトピックスの乗数効果を狙ったものである。

この方法で、われわれはすべての関係者の間で対話ができる新しい枠組みをつくり出す。

われわれはNew Mobility World logisticsのために5つのテーマ分野を選択した。

*コネクテッド車両

*自動運転

*オルタナティブ・パワートレイン

*都市ロジスティクス

*輸送サービス

イノベーションにおけるこれらのトレンドはもはや、個別のプロバイダーに限定されたものではない。今回のIAAで、業界はこの分野のイノベーションにおける進展とコミットメントの全体像を提示する。

今年、これは展示者のスタンドや多数の会議など、IAA全体で体験することがきる。そして屋外で行われる「New Mobility World LIVE」はダイナミックでインタラクティブな運転デモンストレーションを見る機会をIAA見学者に提供する。さらに、独自のガイド付きツアーを通じて、展示者は参加した取引関係の見学者にイノベーションを紹介する。それぞれのツアーは5つのテーマ分野の1つに焦点を合わせている。さらに、電気自動車は展示グラウンドでのテストドライブに使用可能であり、公道での小型および大型商用車のテストドライブも用意されている。

デジタル化はメーカーが推進している。しかし、この分野でも部品サプライヤー抜きでは不可能であり、サプライヤーもこれに大きな意欲を示している。

目標は明確である。すなわち、コネクティビティーは輸送をより効率的かつより安全にする。

商用車はますますインテリジェントになってきている。将来、多機能カメラ、レーダー、超音波センサーが補助・自動運転のための「目と耳」になる。リアルタイムデータは前方にある交通渋滞をトラックに警告し、緊急ブレーキ補助機能は現在すでに使用されている。

そして、将来のデジタル的にコネクトされた大型トラックが、われわれがプラトゥーニングと呼んでいる、車列を組んでフリーウエーを自動運転することになれば、燃料消費が軽減され、同時に交通安全が向上する。

電動およびハイブリッド駆動装置はバンやバスに使用されるだけでなく、大型トラックの燃料消費と二酸化炭素(CO2)排出をこれまで以上に軽減することを実現する。さらに天然ガスなどの代替燃料はトラックのCO2を軽減する可能性も秘めている。

コネクティビティーと電動モビリティーは、将来の都市ロジスティクス、すなわち「ラストマイル」がより早くかつ排出ゼロでカバーされることを実現する。

このIAAは、われわれが今後、ドライブトレインの幅広い組み合わせを体験するということを示している。ディーゼルエンジンは引き続き長距離輸送(大型トラック)で重要な役割を果たすだろう。最新の排気後処理技術(Euro VI、SCR、AdBlue)はそれらを効率的、経済的にするだけでなく、クリーンにする。今のEuro VIのトラックとバスは、試験と路上の両方で、ホメオパシー療法のように極少量の汚染物質排出がある。これらの排出物の削減は現在、商用車で成功裏に完了している。

しかし、都市ロジスティクスの傾向は非常に明確に別のパワートレインに近づいている。ハイブリッドおよび電気自動車はますます重要になりつつある。これはバンとバスについて言える。そしてすぐに、それは地域配達の大型トラックにも当てはまるだろう。

さらに、IAAは、全ての関連性のある話題について、27の専門家イベントを擁する大きな会議である。

それらには、Hazardous Goods Day(危険物の日)や荷重確保のような「クラシック」、およびデジタル化、コネクティビティー(スタートアップ・フォーラム「Lab16」を含む)、都市物流に関する多数のイベントが含まれている。また、輸送と物流における教育と訓練のためのイベントも幾つかある。

これは私を市場に連れて来る。

われわれがIAAに近づくにつれて、西欧の商用車市場は上昇傾向にある。昨年、大型トラック(6トン以上)の新規登録は既に14%増の25万9000台に上った。

今年の当初7カ月間では、西欧はさらに12%の増加を示した。これは多くの西欧諸国における経済回復を反映している。経済が良好なときは、より多くの商用車が売れる。西欧では、われわれは2008年以来、大型商用車の最高の販売を記録した。しかし、危機以前の水準には依然、ほど遠い。

今年全体では、われわれは西欧で8%増の28万台を予想している。

さらに、西欧で登録された全商用車(6トン以上)の半数はドイツのグループ・ブランドのものである。

西欧のバン市場も活況である。われわれは既に過去2年間、2桁成長を経験した。バン市場は、今年はこれまでに12%増加している。

対照的に、米国のトラック市場は、今年は一息つくだろう。これは6年連続の成長の後では珍しいことではない。

中国の大型車の市場は弱含みの2年間の後、2016年には再び堅調に拡大するだろう。

ロシアとブラジルは心配の種のままである。これらの国々の需要は非常に低く、今のところは改善の兆しは見えない。

同様に、全体として見れば、世界の商用車市場(6トン以上)は今年、成長するだろう。同じことはバン市場にも当てはまる。同市場は。民間世帯からのオンライン注文の堅実な増加によって突き動かされている。

われわれはこのたびの第66回IAAを楽しみにしている。この世界をリードする見本市は、特にデジタル化、コネクティビティー、自動運転、アロングサイド・オルタナティブ・プロパルジョンという前向きの話題によって特徴づけられるだろう。それは言葉の真の意味において「Driven by Idea(アイデアが原動力)」である。

商用車業界は長い間、自らをモビリティーおよび物流サービスのプロバイダーであると考えてきた。デジタル化とオルタナティブ・パワートレインは、常に増え続ける貨物輸送を工夫し、それをより効率的で気候に優しいものにするための大きな機会を提供する。

▽問い合わせ先

Eckehart Rotter

German Association of the Automotive Industry (VDA)

Press Department

Tel.: +49-30-897842-120

E-mail: rotter@vda.de

ソース:German Association of the Automotive Industry (VDA)

Wissmann: IAA Drives Digitization Forward

PR65596

BERLIN, Sept. 5 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

     Statement delivered by Matthias Wissmann, President of the German

Association of the Automotive Industry (VDA), at the IAA advance web press

conference on Friday, Sept. 2, 2016, at 14.00 h

    More than 320 world premieres - 2,000 exihitors from 52 countries - Strong

European market supports the IAA

    In three weeks the 66th IAA Commercial Vehicles will open its doors in

Hannover.

    The IAA is practically fully booked. We are very satisfied with the amount

of space occupied. At 270,000 square metres, this IAA is one of the largest

since the IAA Commercial Vehicles became a separate show.

    At the world's most important market place for transport, logistics and

mobility, around 2,000 exhibitors from 52 countries will present their

innovations. This IAA is more international than ever before, with 15 percent

more countries.

    The total number of world premieres will not be certain until just before

the IAA. At present we are receiving more responses from the exhibitors every

day. But today I can already tell you that for this IAA the drive for

innovation is even stronger than it was two years ago. So far, the exhibitors

have indicated that they will be unveiling more than 320 world premieres. In

addition, there will be more than 100 European premieres.

    As this IAA kicks off, it will fully live up to this international

aspiration: the proportion of foreign exhibitors comes to 61 percent. At this

time over 1,100 journalists from around 50 countries have already been

accredited for the IAA.

    The entire international value chain for commercial vehicles is represented

at the IAA: manufacturers of heavy trucks, vans and buses, makers of trailers

and bodies, plus the many supply companies and service providers.

    The slogan of this year's IAA is "Driven by Ideas." The industry is thus

pointing up the megatrends for which the commercial vehicle sector is

presenting solutions:

    - These trends include, first and foremost, connected and automated

driving; here we speak of the "digital transformation" of the whole industry.

    - They include the alternative powertrains that are becoming more and more

common in commercial vehicles and buses. Electric and hybrid drive, and natural

gas are the keywords here.

    - They also include "urban logistics," which makes transport and logistics

in towns and cities even more efficient and environmentally friendly.

    To accentuate these topics, for the first time we have designated them as

special themes for the IAA Commercial Vehicles at the "New Mobility World

logistics."

    This new initiative aims to put a stronger focus on the future designs, new

logistics concepts, offers and services from the exhibitors, to make them more

recognizable to visitors, and to engage the interest of new companies and

visitor groups.

    The New Mobility World logistics is also a multiplier for future logistics

and transportation topics.

    In this way we are creating a new framework for the dialog between all the

stakeholders.

    We have selected five thematic areas for the New Mobility World logistics:

    - Connected Vehicle,

    - Automated Driving,

    - Alternative Powertrain,

    - Urban Logistics and

    - Transport Services.

    These trends in innovation are no longer restricted to individual

providers. At this IAA the industry will show the complete range of its

progress and commitment in these areas of innovation.

    This year, that can be experienced all over the IAA - at the exhibitors'

stands and at numerous congresses. And the open-air "New Mobility World LIVE"

will offer IAA visitors the chance to see dynamic and interactive driving

demonstrations. In addition, during the exclusive Guided Tours our exhibitors

will present innovations to the participating trade visitors - each tour will

be dedicated to one of the five thematic areas. Furthermore, electric vehicles

will be available for test drives on the exhibition grounds, and there will be

test drives in light and heavy-duty commercial vehicles on the public roads.

    Digitization is being driven forward by the manufacturers. But here, too,

nothing can be done without suppliers - who are also showing great commitment.

    The goal is clear: connectivity makes transport even more efficient and

even safer.

    Commercial vehicles are becoming more intelligent. In the future

multifunctional cameras, radar and ultrasound sensors will be the "eyes and

ears" for assisted and automated driving. Real-time data will be used to warn

trucks about a traffic queue ahead, and emergency braking assistants are

already in use today.

    And when our future digitally connected heavy trucks automatically drive on

the freeway in convoys - which we call platooning - it will reduce consumption

and simultaneously improve road safety.

    Electric and hybrid drives are used not only in vans and buses, but will

also ensure that consumption and CO2 emissions from heavy trucks are brought

down even further. And alternative fuels such as natural gas also have the

potential to reduce CO2 from trucks.

    Connectivity and electric mobility will ensure that in the future urban

logistics - that is, the "last mile" - can be covered even faster and with zero

emissions.

    This IAA shows that we will experience a broad mix of drive trains in the

future. Diesels will continue to play a key role in long-distance traffic

(heavy trucks). The latest exhaust aftertreatment technology (Euro VI, SCR and

AdBlue) makes them not only efficient and economical, but also clean. Today's

Euro VI trucks and buses have only homeopathically low pollutant emissions -

both in tests and on the roads. The reduction of these emissions has now been

successfully completed in commercial vehicles.

    However, the trend in urban logistics is very clearly moving toward the

alternative powertrains. Hybrid and electric vehicles are becoming more and

more important. This is true of vans and buses - and soon it will also apply to

heavy trucks in local distribution.

    In addition, the IAA is a large congress with 27 specialist events on all

relevant topics.

    They include our "classics" such as the Hazardous Goods Day and load

securing, plus numerous events on digitization, connectivity - including the

startup forum "Lab16" - and urban logistics. There are also several events

dedicated to education and training in transport and logistics.

    This brings me to the markets.

    The Western European commercial vehicle market is buoyant as we approach

the IAA. Last year new registrations of heavy-duty trucks (over 6 t) already

climbed by 14 percent to 259,000.

    In the first seven months of this year Western Europe showed another 12

percent rise. This reflects the economic recovery in many Western European

countries. When the economy is doing well, more commercial vehicles are sold.

In Western Europe we recorded the highest sales of heavy commercial vehicles

since 2008. Yet we are still a long way from the pre-crisis level.

    For the year as a whole we expect growth of 8 percent in Western Europe to

280,000 units.

    What is more, half of all commercial vehicles (over 6 t) registered in

Western Europe come from a German group brand.

    The Western European van market is also booming. We already had

double-digit growth during the two last years. This year so far the van market

has added 12 percent.

    By contrast, the US truck market will take a breather this year - this is

not unusual following six years of growth in succession.

    After two weak years the Chinese market for heavy-duty vehicles will again

expand strongly in 2016.

    Russia and Brazil remain causes for concern. Demand in these countries is

very low - and as yet there is no improvement on the horizon.

    Just the same, all in all the global commercial vehicle market (over 6 t)

will grow this year. The same applies to the van market, which is driven by the

steadily increasing number of online orders from private households.

    We are looking forward to this 66th IAA. The world's lead trade show will

be characterized particularly by the forward-looking topics of digitization,

connectivity and automated driving, alongside alternative propulsion. It is

"driven by ideas" in the truest sense of the word.

    The commercial vehicle industry has long seen itself as a provider of

mobility and logistics services. Digitization and alternative powertrains offer

a huge opportunity to shape the continually increasing volume of freight

traffic worldwide to make it even more efficient and climate-friendly.

    Contact:

    Eckehart Rotter

    German Association of the Automotive Industry (VDA)

    Press Department

    Tel.: +49-30-897842-120

    E-mail: rotter@vda.de  

SOURCE: German Association of the Automotive Industry (VDA)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中