世界歯科連盟の新白書が虫歯管理の包括的な手法を導入

FDI World Dental Federation

2016/9/7 16:17

世界歯科連盟の新白書が虫歯管理の包括的な手法を導入

AsiaNet 65582(1082)

【ポズナニ(ポーランド)2016年9月7日PR Newswire=共同通信JBN】FDI世界歯科連盟は7日、Colgate(コルゲート)との虫歯予防提携の下で「虫歯の予防と管理」白書を発表した。この白書は口腔衛生専門家、政策立案者、一般市民の共同行動を通じて虫歯を予防、管理するための戦略の概略を説明している。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160831/402993LOGO

FDIの社長、パトリック・へスコット博士は「世界人口のほぼ半数(44%)が虫歯にかかっていながら治療を受けていないのに、多くの国ではこの増大する疾病の負担に対処するために実施されている計画がまだない。FDIは効果的な予防戦略を通じて虫歯で起こる痛み、苦痛、さらには歯の喪失から住民を守ることにコミットしている」と述べている。

ポーランド・ポズナニでの年次世界歯科学会議(Annual World Dental Congress、9月7-10日)で打ち出された白書は、歯科医が虫歯の管理について回復を目指すアプローチから予防歯科医学の提供に集中したアプローチにどうすれば転換できるかの概略を説明している。また、これは分離して行うことができないことを強調して、全住民規模の予防戦略(例えばフッ化物の利用可能性、砂糖入りの食品・飲料に対する課税)を実施するよう政策立案者に、時代遅れの報酬モデルを変更させるよう第三者支払者に呼び掛けている。

白書の共同執筆者であるナイジェル・ピッツ教授は「口腔衛生は基本的な人権なのに、この負担を管理するのに必要なシステムが存在しないために世界で39億人が口腔疾患にかかっている。われわれはこの白書で虫歯に対する証拠ベースのソリューションの概略を説明した。これらは口腔衛生専門家が最高のケアを患者に提供できるようにするため、臨床、政策レベルで緊急に行動に移さなければならない」と語っている。

Colgateのマーシャ・バトラー副社長(グローバル口腔ケア)はさらに「虫歯予防提携のサポートは光栄であり、この提携は高品質の教育資料の提供に加えて2つのFDI Smile Awards(FDIスマイル賞)の授与を通じて国家レベルで虫歯の負担に対処するというFDIメンバー協会による革新的なプロジェクトをたたえている。今年の受賞者はパレスチナ、カンボジアの歯科協会員であり、2017年にはプロジェクトをさらにサポートするつもりである」と述べている。

白書の結論は、口腔衛生共同体と政策立案者はともに以下のことに緊急にコミットしなければならないことを示唆している。

*個人、住民の両レベルで虫歯予防努力をサポートすること

*虫歯管理方針の転換をはじめること

*虫歯学カリキュラムを促進すること

*保健政策全体のなかで口腔衛生のより強力な統合を目指す努力をすること

*虫歯の予防と管理に対する報酬の再考への参加

*データ主導、証拠ベースの虫歯の予防と管理

共同執筆者のドメニック・ゼロ教授は「歯科医界の多くのグループ、組織はこれまで約20年にわたって、より効果的な虫歯予防と健康な歯の構造の保護に向けた動きを求めてきた。いまや話はやめて実行を開始すべき時だ。白書はこの努力で役に立つツールになるはずである」と強調している。

▽虫歯予防提携について

http://www.fdiworldental.org/caries-prevention

▽執筆者について

ナイジェル・ピッツ教授はキングス・カレッジ・ロンドンのデンタル・イノベーション・アンド・トランスレーション・センター所長。

ドメニック・ゼロ教授はインディアナ大学歯学部オーラル・ヘルス研究所長

dzero@iu.edu

▽FDI世界歯科連盟(World Dental Federation)について

FDI世界歯科連盟世界の約100万人の歯科医の中心的な代表組織である。そのメンバーには約200の国別メンバー協会と約130カ国の歯科専門医が含まれている。FDIのビジョンは「世界を最適な口腔衛生へ導く」である。

http://www.fdiworldental.org;

http://www.facebook.com/FDIWorldDentalFederation

https://www.twitter.com/worldentalfed

▽Colgate-Palmoliveについて

Colgate-Palmoliveは有力な世界的消費者製品会社で、口腔ケア、パーソナルケア、ホームケア、ペット食品に集中している。Colgateは世界の約200カ国・地域で、Colgate、Palmolive、 Softsoap、Irish Spring、Protex、Sorriso、Kolynos、elmex、Tom's of Maine、Sanex、Ajax、Axion、Soupline、Suavitel、それにHill's Science Diet、Hill's Prescription Diet、Hill's Ideal Balanceなど国際的に認められたブランド名でその製品を販売している。Colgateの世界的事業についての詳しい情報は同社ウェブサイト(http://www.colgatepalmolive.com )を参照。

▽メディア問い合わせ先

Charanjit Jagait

cjagait@fdiworldental.org

Tel: +41-22-560-81-48

ソース:FDI World Dental Federation

New White Paper Introduces Comprehensive Approach to Managing Tooth Decay

PR65582

POZNAN, Poland, Sept. 7 /PRNewswire=KYODO JBN/

      FDI World Dental Federation has today released a white paper 'Dental

Caries Prevention and Management' under the banner of its Caries Prevention

Partnership with Colgate. The paper outlines strategies to prevent and manage

dental caries (tooth decay) through concerted action by oral health

professionals, policymakers and the general public.

     (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160831/402993LOGO )

    Dr Patrick Hescot, FDI President, said "Untreated dental caries affects

almost half of the world's population (44%), yet in many countries there are

still no action plans implemented to address this growing disease burden. FDI

is committed to protecting populations from the pain, suffering and even tooth

loss caused by dental caries through effective prevention strategies."

    The white paper, launched during the Annual World Dental Congress in

Poznan, Poland (7-10 September), outlines how dental practitioners can shift

from a restorative approach to the management of dental caries to one focused

on delivering preventive dental medicine. It also highlights that this cannot

be done in isolation and calls for policymakers to implement population-wide

prevention strategies (e.g. availability of fluoride, taxation on sugary foods

and drinks) as well as for third-party payers to change outdated remuneration

models.

    Prof. Nigel Pitts, co-author of the paper said, "Oral health is a basic

human right, yet 3.9 billion people are affected by oral disease globally

because the necessary systems to control the burden are simply not in place. We

have outlined evidence-based solutions for dental caries in this white paper.

These must be urgently translated into actions at the clinical and policy

levels, so that oral health professionals can provide the best possible care to

their patients."

    Dr Marsha Butler, VP Global Oral Care, Colgate, added "We are proud to be

supporting the Caries Prevention Partnership, which in addition to providing

high-quality educational material recognizes innovative projects by FDI member

associations, to address the caries burden at a country level through the

presentation of two FDI Smile Awards. This year's winners were from the

Palestinian and Cambodian Dental Associations and we look forward to supporting

further projects in 2017."

    Conclusions from the paper suggest that the oral health community and

policymakers alike, must now urgently commit to:

     - Supporting caries prevention efforts at both the individual and

       population levels

     - Initiating a shift in the management of caries

     - Promoting a redefinition of cariology curricula

     - Working towards a stronger integration of oral health within general

       health policy

     - Participating in rethinking remuneration for caries prevention and

       management

     - Encouraging data-driven, evidence-based caries prevention and management

    Prof. Domenick Zero, co-author, stressed "Many groups and organizations

within dentistry have been asking for a move towards more effective caries

prevention and preservation of sound tooth structure for over 20 years now. It

is time to stop talking and start doing. The white paper strives to be a useful

tool in this endeavour."

    About the Caries Prevention Partnership

    http://www.fdiworldental.org/caries-prevention

    About the authors

    Professor Nigel Pitts is Director of the Dental Innovation & Translation

Centre at King's College London.

    Professor Domenick Zero is Director of the Oral Health Research Institute

at Indiana University School of Dentistry: dzero@iu.edu

    About FDI World Dental Federation

    FDI World Dental Federation serves as the principal representative body for

over 1 million dentists worldwide. Its membership includes some 200 national

member associations and specialist groups in over 130 countries. FDI's vision:

'leading the world to optimal oral health.' http://www.fdiworldental.org;

http://www.facebook.com/FDIWorldDentalFederation;

https://www.twitter.com/worldentalfed

    About Colgate-Palmolive

    Colgate-Palmolive is a leading global consumer products company, tightly

focused on Oral Care, Personal Care, Home Care and Pet Nutrition. Colgate sells

its products in over 200 countries and territories around the world under such

internationally recognized brand names as Colgate, Palmolive, Softsoap, Irish

Spring, Protex, Sorriso, Kolynos, elmex, Tom's of Maine, Sanex, Ajax, Axion,

Soupline, and Suavitel, as well as Hill's Science Diet,  Hill's Prescription

Diet and Hill's Ideal Balance. For more information about Colgate's global

business, visit the Company's web site at: http://www.colgatepalmolive.com

    Media contact:

    Charanjit Jagait

    cjagait@fdiworldental.org

    Tel: +41-22-560-81-48

    SOURCE: FDI World Dental Federation

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中