ベトナム リンズン社へお茶の生育技術の移転支援開始。

花ごころ

2016/9/16 08:00

花ごころとリンズン社は、お互いの経験・技術などを理解し、その上で、花ごころはリンズン社の茶製品の品質を向上するため、茶の生育栽培技術や茶園管理、茶葉加工技術などの移転を支援します。

2016年9月16日

(株)花ごころ

(株)花ごころ、ベトナム リンズン社へお茶の生育技術の移転支援開始。

GreenEarthTogether 花ごころはアジアの有機農業を支援します。

私たちは、腐植をはじめ土本来の力に注目し、持続可能なオーガニックライフのための

園芸・農業用資材の研究開発を進めます。

志を同じくする仲間や地域の方々とつながって、その輪を拡げます。

土を耕し、花や野菜を育てるよろこびを愛するすべての人々のために、

土を考えることは、私たちの暮らしを考えることです。

地球の明日・家族の明日を想うことです。

(株)花ごころ、ベトナム リンズン社へお茶の生育技術の移転支援開始。

株式会社花ごころ

(以下、花ごころ 名古屋市中川区高畑1丁目52番地、代表取締役社長;小塚純一)は、

このたび、リンズン社 (代表取締役社長;グエン・チ・タン・ダム)

(Linh Duong ベトナム ラオカイ市、Bac Duyen Hai,TP Lao Cai-Tinh Lao Cai)

と日本のお茶の生育技術を移転支援する

ことで合意しました。

〇両社は、下記の分野で連携・協力した取り組みを行います。

・花ごころとリンズン社は、お互いの経験・技術などを理解し、

 その上で、花ごころはリンズン社の茶製品の品質を向上するため、

 茶の生育栽培技術や茶園管理、茶葉加工技術などの移転を支援します。

・両社は共同で「日・越農業先端技術移動センター」をリンズン社内に設立します。

・小塚純一(花ごころ代表取締役社長)と

 グエン・チ・タン・ダム(リンズン社代表取締役社長)は、

 「日・越農業先端技術移動センター」の最高顧問に就任します。

・花ごころは、リンズン社の茶製品に関する販売計画を支援します。

・花ごころは、リンズン社の観光プロジェクトに関するマーケティングを支援します。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

GreenEarthTogether

リンズンにて

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中