ティッセンクルップ社がサービス介入強化で最新技術のマイクロソフトHoloLensの採用を発表

ティッセンクルップ・エレべーター社

2016/9/16 10:17

ティッセンクルップ社がサービス介入強化でエレべーター・サービス産業を変革させる最新技術のマイクロソフトHoloLensの採用を発表

AsiaNet 65757

【ニューヨーク2016年9月16日PRニュースワイヤー】

・HoloLensがサービス介入時間を大幅に短縮し、作業前および作業中の技術者をサポートします

・同ソリューションは、すでに数千台のエレべーターに接続されている、業界初の予知保全ソリューションMAXの導入成功に続きます

・現在MAXとクラウド接続されている象徴的な建物には、HoloLensが搭載されている1ワールド・トレード・センターが含まれます

ティッセンクルップ (thyssenkrupp) 社は本日、世界中のエレべーター・サービスの運転オペレーションにマイクロソフトのHoloLens技術を採用したことを発表しました。特殊な複合現実感デバイスは、より安全かつ効率的に仕事を行い、これまで以上に人々と都市が移動しやすい環境を促進するために、同社の24,000以上のサービス技術者に権限を与えています。

     

(写真: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160912/406364 )

サービス技術者はHoloLensを使用して、仕事前にエレべーターに関する問題を特定・ビジュアル化し、現場において技術的・専門的な情報へのリモート、ハンズフリー・アクセスが可能になり、大幅な時間短縮とストレス軽減もたらします。最初の実地試験は、すでに4倍高速のサービス・メンテナンスの介入が可能であることを示しています。

ティッセンクルップ・エレべーターのアンドレア・シーレンベック(Andreas Schierenbeck) 最高経営責任者(CEO)は「エレべーターが毎日10億以上の人々に利用され、同サービス業は都市を動かし続ける重要な役割を果たしています。当社はこの業界で変革をリードすることに絶えず力を注いでおり、技術者がストレスのない、より楽しい、より良い仕事ができるように最新技術、プロセスおよびトレーニングを導入しています。当社の目標は、効率を上げ、エレべーターのアップタイムを改善し、サービスの介入をスピードアップさせ、モビリティ機器が正しく作動していることを確認し、すべてのエレべーター利用者が最も安全で快適に移動できるサービスを提供することです」と述べました。

詳細は、http://www.thyssenkrupp-elevator.com をご覧ください。

問合せ先:

ティッセンクルップ・エレべーター社

メディアへの広報窓口責任者

Michael Ridder

電話: +49-201-844 - 563054

michael.ridder@thyssenkrupp.com

ツイター: @Michael23Ridder

ソース:ティッセンクルップ・エレべーター社 (thyssenkrupp Elevator AG)

(日本語リリース:クライアント提供)

thyssenkrupp Unveils Latest Technology to Transform the Elevator Service Industry, Microsoft HoloLens, for Enhancing Interventions

PR65757

NEW YORK, Sept. 16, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

     - HoloLens will support technicians prior to and on the job site,

significantly reducing service intervention times

     - This solution follows the successful launch of MAX, the industry's first

predictive maintenance solution which is already connected with thousands of

elevators

     - Iconic buildings now cloud-connected with MAX include the One World

Trade Center, which will also be equipped with HoloLens

    thyssenkrupp today announced its use of Microsoft HoloLens technology in

its elevator service operations worldwide. The special mixed reality device is

set to empower more than 24,000 of the company's service technicians to do

their jobs more safely and efficiently, and keep people and cities moving

better than ever before.

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160912/406364 )

    Using HoloLens, service technicians will be able to visualize and identify

problems with elevators ahead of a job, and have remote, hands-free access to

technical and expert information when onsite - all resulting in significant

savings in time and stress. Initial field trials have already shown that a

service maintenance intervention can be done up to four times faster.

    Andreas Schierenbeck, CEO of thyssenkrupp Elevator said: "With elevators

transporting over one billion people each day, the service industry has a

critical role to play in keeping cities moving. We remain focused on leading

the transformation in this industry; introducing the latest technologies,

processes and training to enable technicians to do a better job with less

stress and more fun. Our goal is to increase efficiency, raise elevator uptimes

and speed up service interventions to ensure mobility equipment is always

running as it should, providing each passenger with the safest and most

comfortable travel experience possible."

    For further information visit: http://www.thyssenkrupp-elevator.com

     Contact:

     thyssenkrupp Elevator AG

     Michael Ridder

     Head of Media Relations

     T: +49-201-844 - 563054

     michael.ridder@thyssenkrupp.com

     Twitter: @Michael23Ridder [https://twitter.com/Michael23Ridder ]

Source: thyssenkrupp

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中