ミトコンドリアオートファジーの真の姿を発見!-オートファジーは大きなミトコンドリアに直接かぶりつく-

新潟大学

2016/12/1 13:18

大学院医歯学総合研究科機能制御学分野の神吉智丈教授ら研究グループは、オートファジーが大きなミトコンドリアの一部分を直接引きちぎりながら分解していることを発見しました。

2016年12月1日

ミトコンドリアオートファジーの真の姿を発見!

-オートファジーは大きなミトコンドリアに直接かぶりつく-

大学院医歯学総合研究科機能制御学分野の山下俊一助教、神吉智丈教授らは、オートファジーが大きなミトコンドリアの一部分を直接引きちぎりながら分解していることを発見しました。

これまで、大きなパンを一旦小さくちぎってから口に運ぶように、大きなミトコンドリアも小さく分裂してからオートファジーで分解されていると信じられていました。

本研究は、オートファジーがミトコンドリアを分解する既存のモデルをくつがえすだけでなく、オートファジーが大きな物体を分解するときの新たなモデルを提唱することになります。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中