Floreat Group、リース証券化で航空ファイナンスの足固め

Floreat Group

2016/12/7 17:01

Floreat Group、リース証券化で航空ファイナンスの足固め

AsiaNet 66809(1598)

【ロンドン2016年12月6日PR Newswire=共同通信JBN】

ノルウェー・エアシャトルに対する2機のボーイング737-800sのリース資金供給に続き、Floreat Groupは航空分野に特化した証券化プログラムに乗りだしたが、これは機関投資家および富裕顧客に向けた長期的なフィックスト・インカム投資を提供するための動きである。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160119/323409LOGO

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20161206/446000

最初の発行は2016年12月の最大1億7500万米ドルの債権発行(額面金額はそれぞれ20万米ドル)になるが、これは世界のあちこちに本拠を置く航空会社に対する4機のエアバスA330sのリースのポートフォリオにリンクされたものだ。この債権は元になるリースの満了期間に合わせ10年物になっており、1年7%の固定金利がついている。ルクセンブルグ証券取引所ユーロMTF市場に上場される予定で、ルクセンブルグ証券化ビークルの形を取っている。同債権の一部は中東の投資家に向け「シャリア(イスラム法)適格」になるよう構造化される。

ヴァージン・オーストラリア航空にリースされた1機目のエアバスA330-200は11月30日にこのポートフォリオ向けに購入されている。残りのエアバスも12月中に購入される予定である。このポートフォリオの総価値は4億米ドル近くにのぼると見込まれ、その資金はこの債権およびNord LBが提供する上位債権の売上によって調達する。

今回、証券化の取りまとめをしたFloreat Capital Markets Ltd.パートナーのベン・チャーチル氏は「これまでも当社の中核顧客からの要請に応え、現物資産によって保証された取引によって長期的な収入を図るため、航空スペースの個々の取引に資金提供をすることはあった。上場債権の発行は当社の資産ベースの融資プログラムにとっては自然な成り行きだったが、今までは当グループの中核顧客だけに開放していた」として次のように述べた。

「低金利が続く環境を考えれば、ハイリターンを保証すると同時に強いリスク/報酬特性を持ったフィックスト・インカムの投資物件が不足していることははっきりしている。航空分野の動態では、当社がリースを証券化し、確固としたフィックスト・インカムの投資として提供することは可能だ。これによってポートフォリオの穴を埋めることもでき、伝統的な株式・債券市場から離れている利点も加わる」

強い需要に応え、Floreatは今回の初回発行に引き続き、近いうちに第2回目の発行を行う考えであるが、2017年に最大10億米ドルの発行を視野に入れている。

航空機購入およびリースの交渉をしたDoric がこのポートフォリオの資産管理および航空機の最終的なリマーケティングの責任を持つことになっている。

Floreat Groupは債券の資金提供を行い、Floreat Merchant Banking Ltd.の募集・販売チームを通じて販売の責任を持つ。後者はFCAによる認可を受け、規制を受けている。

Deutsche Bank AG Londonがプライマリー決済代理人および支払代理人として活動しており、Allen & Overy(アレン・アンド・オーヴェリー)が取引の顧問を務めた。

ソース:Floreat Group

Floreat Group Further Cements Its Position in the Aviation Finance Sector Via Securitisation

PR66809

LONDON, Dec. 6 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

      Following on from the financing of two Boeing 737-800s leased to Norwegian

Air Shuttle, Floreat Group are embarking on a securitisation programme focused

on the aviation sector to provide long term fixed income investments to their

institutional and high net worth clients.

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160119/323409LOGO )

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20161206/446000 )

    The first issuance will issue in December 2016 for up to USD 175m of notes

(with denominations of USD 200,000 each) and is linked to a portfolio of four

Airbus A330s on leases to geographically diversified airlines. The notes will

have a 10-year term in line with the maturity of the underlying leases, will

pay a fixed coupon of 7% per annum, will be issued by a Luxembourg

securitisation vehicle and will be listed on the Euro MTF market of the

Luxembourg Stock Exchange. Part of the notes will be structured as being Sharia

compliant for Floreat's Middle Eastern investors.

    The first Airbus A330-200 is leased to Virgin Australia and was purchased

for the portfolio on 30 November. The remaining aircrafts will likely be

acquired over the course of December. The total value of the portfolio will be

around USD 400m and will be funded with the proceeds of the notes and senior

debt provided by Nord LB.

    "We have previously funded individual transactions in the aviation space to

satisfy the demand from our core clients for long term income producing

transactions secured by real assets. The issuance of listed notes was a natural

next step for our asset based lending programme, which, to date, has only been

open to the group's core clients," said Ben Churchill a partner at Floreat

Capital Markets Ltd. who originated and structured the transaction.

    "Given the prevailing low interest rate environment, there is a distinct

lack of fixed income investments that offer high income together with strong

risk/reward characteristics. The dynamics of the aviation sector allow us to

securitise leases and offer secure fixed income investments which fill this

void left in portfolios, with the added benefit of being uncorrelated to

traditional equity and bond markets."

    Due to the strong demand Floreat plan to follow this initial issuance with

a second similar issuance in short order with a view to issuing up to USD 1b in

2017.

    Doric has negotiated the acquisitions and leases and will be responsible

for the asset management of the portfolio and eventual remarketing of the

aircraft.

    The Floreat Group will seed the notes and are responsible for their

distribution via their placement team within Floreat Merchant Banking Ltd.,

which is authorised and regulated by the FCA.

    Deutsche Bank AG London are acting as the Primary Settlement Agent and

Paying Agent, and Allen & Overy advised on the transaction.

Source:  Floreat Group

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中