大晦日もお正月も、伊豆下田で「冬の名画」を味わう展覧会『冬の情景、そして春へ』開催中

上原美術館

2016/12/15 17:00

2017年12月14日(水)

上原近代美術館

伊豆下田で「冬の名画」を味わう展覧会、『冬の情景、そして春へ』

伊豆下田の上原近代美術館では、展覧会『冬の情景、そして春へ―モネから横山大観まで―』を開催中。モネの雪景、松園の雪美人を、年末年始も毎日ご覧いただけます(会期中無休)

【展覧会 内容】

木々は葉を落とし、雪が野山を覆う冬。モネ≪雪中の家とコルサース山≫に描かれた北欧の雪山は美しい輝きを放ち、横山大観≪雪後≫には冷たく張り詰めた静寂が広がります。そして、冬の冷たい大地の下には、生命の芽吹く穏やかな春が少しずつ目覚めます。鮮やかな花が咲く安井曽太郎≪ペルシャ壺と水仙≫からは、近付いてくる春の気配が感じられるようです。

雪に閉ざされた冬から暖かい春へ。本展では、モネ、シスレー、安井曽太郎、岡鹿之助、横山大観、上村松園らが描いた冬から春の情景をご紹介します。

【概要】

□展覧会名 冬の情景、そして春へ―モネから横山大観まで―

□会  期 2016年11月30日(水)~2017年4月2日(日)

*会期中無休

*年末年始も休まず開館します

□ 会  場 上原近代美術館 第1展示室

〒413-0715静岡県下田市宇土金341

□開館時間 9:00-17:00 (入館は16:30まで)

□入 館 料 大人800円/小・中学生400円(団体20名以上10%引)

*毎週土曜日は小・中学生、高校生は無料です

□主  催 公益財団法人 上原美術館

【学芸員のおすすめ!Top3】

1.クロード・モネ≪雪中の家とコルサース山≫

モネが“フジヤマ”を重ね見たというノルウェーの雪景色。雪の斜面に反射する光を、繊細な色彩で描ききっています。

2.横山大観≪雪後≫

厳冬の雪景色を捉えた一幅。画面には冷たく張り詰めた静寂が広がる一方で、水辺を渡る冬鳥の姿が愛らしく描かれています。

3.上村松園≪初雪≫

雪が降るなか、手を袖深く引き込めた女性。傘から覗くその表情には、初雪を楽しむかのような微笑がわずかに浮かんでいます。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

クロード・モネ≪雪中の家とコルサース山≫

横山大観≪雪後≫

上村松園≪初雪≫

美術館外観

展示室風景

チラシ①

チラシ②

プレスリリース添付動画

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中