日通、シベリア鉄道を利用した地方港発モスクワ向け一貫輸送サービスを開始

日通

2016/12/13 13:00

2016年12月13日

日本通運株式会社

日通、シベリア鉄道を利用した地方港発モスクワ向け一貫輸送サービス開始
~欧州・サンクトペテルブルク経由にくらべ輸送日数を最大約1か月短縮~

日本通運株式会社(社長:渡邉健二)は、日本全国38港からロシア・モスクワに向けた国際複合一貫輸送サービス「Sea and Rail Moscow」を2017年1月10日から販売します。

従来、モスクワ向け海上輸送サービスは、東京、大阪などの主要港から同国サンクトぺテルブルク経由で輸送するサービスが中心で、シベリア鉄道の利用は一部のスポット貨物が主流でした。
今回、取扱いを38港に拡大することにより、お客様の最寄り港から船積みが可能となり、国内輸送費用を大幅に削減すると同時に、シベリア鉄道を利用することにより、モスクワまで従来45日~2か月かかっていた輸送日数を最大で約1か月短縮することを可能にしました。

【取扱い港】
舞鶴・苫小牧・石狩湾新港・釧路・秋田・酒田・新潟・直江津・富山新港・金沢・敦賀・
境港・浜田・八戸・塩釜・東京・横浜・名古屋・清水・大阪・神戸・水島・広島・大竹・
岩国・徳山下松・中関・高松・松山・高知・門司・博多・志布志・大分・細島・熊本・八代・薩摩川内

【サービス開始の背景】
 日露間の貿易は、ロシア経済が低迷する中で一時的に停滞しているものの、日露首脳会談の開催など国家レベルでの経済交流は確実に進んでいます。今後、自動車関連部品、化学品、電子機器等を中心にロシア向け貨物量(海運)は、2020年には2016年比で約33%の増加が見込まれています(IHSグローバル㈱データによる)。
この様な状況のなか、当社では海上輸送より速く、加えて主要港までの国内輸送に伴う費用、輸送日数、CO2排出量を削減できる、独自の複合一貫輸送サービスを開発しました。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

プレスリリース添付画像

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中