「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」開催を発表!

ネスレ日本

2017/1/17 19:00

ネスレ日本株式会社は、「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」を公益社団法人日本プロゴルフ協会の公認競技として、2017年8月17日(木)~20日(日)、恵庭カントリー倶楽部にて開催します。

2017年1月17日

ネスレ日本株式会社

「ネスレマッチプレーレクサス杯」が8月に恵庭で今年も開催!

 ネスレ日本株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長 兼 CEO:高岡浩三、以下「ネスレ日本」)は、「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」を公益社団法人 日本プロゴルフ協会(以下「PGA」)公認競技として、2017年8月17日(木)~20日(日)の4日間に渡り、恵庭カントリー倶楽部にて開催します。

ネスレ日本は、グローバルな活躍を目指す日本の男子プロゴルファーを支援することを大会意義として、2014年、2015年と「ネスレ日本マッチプレー選手権 レクサス杯」を開催してきました。2016年には、1975年から2003年まで「日本プロゴルフマッチプレー選手権」を公式戦として開催してきたPGAが、日本のゴルフ界のさらなる発展を目指す本大会の意義に賛同し、13年ぶりに「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」として、まったく新しい形態で復活させました。同大会では、7月下旬の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」でツアー初優勝を果たし、32人目の最後の枠に滑り込んだ時松隆光プロが、1回戦で2015年チャンピオン・武藤俊憲プロを敗ると、勢いそのままに2回戦で藤田寛之プロ、3回戦では谷口徹プロ、準決勝では小田孔明プロと歴代の賞金王を立て続けに撃破。決勝戦では2009年日本オープン覇者の小田龍一プロを敗り、JGTOチャレンジツアーの「ジャパンクリエイトチャレンジin 福岡雷山」でのプロ初優勝から、わずか3週間で3度の優勝という偉業を達成。シンデレラボーイとして、日本男子ゴルフ界を大いに盛り上げました。

2017年も昨年に引き続き、日本男子プロゴルフツアーにおいて史上最高の1億円という優勝賞金を掲げ、開催します。大会のホストプロは、2016年にツアー30勝目を挙げ、リオ五輪代表としても活躍した片山晋呉プロが過去3大会に引き続き務めます。試合の模様はテレビ放送に加えて、ネスレ日本公式サイト内のライブ中継によって、リアルタイムにマッチプレー独自の魅力をお楽しみいただける予定です。

【大会概要】

■大会名称:ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯

■略称表記:ネスレマッチプレーレクサス杯

■主催:ネスレ日本株式会社

■主管:公益社団法人 日本プロゴルフ協会

■特別協賛:LEXUS

■企画運営:株式会社ダンロップスポーツエンタープライズ

■コース:恵庭カントリー倶楽部(〒061-1422 北海道恵庭市盤尻53-2)

■日程:

8月14日(月) 公式練習日

8月15日(火) 公式練習日・前夜祭

8月16日(水) プロアマ大会

8月17日(木) 1回戦(16マッチ)

8月18日(金) 2回戦(8マッチ)

8月19日(土) 3回戦(4マッチ)、サタデープロアマ

8月20日(日) 準決勝(2マッチ)、決勝、サンデープロアマ

■競技方法:

1回戦  18ホールマッチプレー

2回戦  18ホールマッチプレー

3回戦  18ホールマッチプレー

準決勝 18ホールマッチプレー

決勝   18ホールマッチプレー

※18ホールで勝敗が決着しない場合は、エクストラホールへ進む

■競技規則:

2017年日本ゴルフ協会競技規則、日本プロゴルフ協会競技の条件及びローカルルール、

ならびに大会特別競技規則を適用する

■出場人数:32名

■出場資格:PGA会員かつ選考委員会に推薦された者

■優勝賞金:1億円

■テレビ放送:株式会社BS-TBS

■インターネット放送:ネスレ日本公式サイトのインターネットチャンネルで生中継

■大会公式サイト: http://nestle.jp/entertain/golf_matchplay/

※その他詳細情報は決定次第、発表予定

■歴代チャンピオン(優勝賞金)

2014年:松村道央プロ(4000万円+グローバルチャレンジサポート1000万円)

2015年:武藤俊憲プロ(7000万円)

2016年:時松隆光プロ(1億円)

■参考資料

マッチプレー方式:

二人または二組のチームがホールごとの勝ち負けで通常は18 ホール(稀に36ホール)をプレーして勝敗をつける競技方法。

例えば、9ホール終わった時点で4ホール勝ち、3ホール引き分け、2ホール負けだとするとその状態を2アップ(4 - 2 = 2)と言う。(負けている選手から見れば、2ダウン)2ホール残して、3ダウンというように逆転することが不可能になった時点(3 and 2)で勝負が決着する。

ゴルフ発祥の頃は主流だったといわれるマッチプレー方式は、日本ツアーでは1975年から2003年まで「日本プロゴルフマッチプレー選手権」という公式戦が行われていた。今でも、「ライダーカップ」や「プレジデンツカップ」はマッチプレーで争われ、米国PGAツアーには「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」、欧州ツアーには「ボルボワールドマッチプレー選手権」といった大会が存在しており、心理作戦やコースマネジメントなど、1対1の対戦において要求される選手間の“駆け引き”など、毎年注目を集めている。相手が厳しいラインにあれば、自分はピンを狙わず手堅くグリーンセンターを狙う、逆に相手がすでにピンそばにつけていれば、リスクを承知で果敢にピンデッドを攻めるなど、常に優勝争いの緊張感に満ちている。対戦形式だからこそ、相手へのプレッシャーのかけ方などの心理戦の攻防が非常に面白いのがマッチプレーの魅力。

【片山晋呉プロ プロフィール】

大会ホストプロ。1973年1月31日生まれ、茨城県出身。

2歳半でゴルフに興味を持ち始め、中学時代にジュニア大会優勝。ゴルフの名門・水城高校に通いながらナショナルチームにも所属。日本大学へ進み、日本アマやマッチプレー、日本オープン・ベストアマなど33勝のタイトルを獲得。ゴルフ人生をかけた椎間板ヘルニアの大手術を乗り越え、'98年サンコーグランドサマーにてプロ初優勝。'00年には年間5勝を挙げて賞金王に輝き、04年、05年、06年、と賞金王を重ね、08年、遂に悲願の史上7人目の永久シード選手となり、08年度の賞金王にも輝いた。16年には、112年ぶりに復活したリオデジャネイロの五輪ゴルフでは、男子ゴルフ日本代表として出場。また、マイナビABCチャンピオンシップで史上6人目(歴代5位タイ)となるツアー通算30勝目を挙げた。09年マスターズトーナメントにおいて日本人最高位4位の実績を持つなど、海外ツアーにおいても実力を発揮してきた。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

大会メインビジュアル

昨年優勝の時松隆光プロ

(左から)ネスレ日本高岡社長、時松プロ、片山プロ

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース