日通・カブク、3Dプリント製造を含めたデジタル製造のグローバル物流に関する業務提携を締結

日通

2017/1/27 19:14

2017/01/27

日通・カブク、3Dプリント製造を含めたデジタル製造のグローバル物流に関する業務提携を締結

  日本通運株式会社(社長:渡邉健二、以下「日通」)と株式会社カブク(社長:稲田雅彦、以下「カブク」)は、本日、3Dプリンタを活用したデジタル製造受託サービスにおける物流分野での業務提携基本合意書を締結しました。

 これにより、日通はカブクが提供する3Dプリンタ等のデジタル製造技術を活用したオンデマンド製造サービス「MMS Connect」及び「MMS(Rinkak Manufacturing Management Service)」(※)において、製造物及び関連物品の輸送、製造物の保管などの物流サービスを提供します。また、カブクは日通に対して3Dプリンタ等のデジタル製造技術を活用したマスカスタマイゼーション(個別大量生産)実現に必要な高度なノウハウを提供することで、高度化するお客様の製造ニーズにサプライチェーンの観点からお応えします。

  製造業では、多様化するユーザーニーズや、複雑化するサプライチェーンに対応するため、ものづくりのデジタル化、工場のIoT化、ネットワーク化、人工知能の適用などを通じた製造・生産業務の効率化・効果最大化が喫緊の課題となっています。

このようなものづくりのデジタル化に伴うグローバルな生産ネットワークの変化にいち早く対応するため、3Dプリンタ等を保有するデジタル製造工場のグローバルなネットワークを保有し、デジタル製造に精通しているカブクと、世界42カ国662拠点にひろがる物流ネットワークを展開する日通が連携し、共同でグローバルにデジタル製造サービスを行う体制の構築を進めてまいります。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中