成都ハイテク産業開発区が世界の人材招請に7億3000万ドルの投資計画を発表

Chengdu High-tech Industrial Development Zone

2017/2/10 14:58

成都ハイテク産業開発区が世界の人材招請に7億3000万ドルの投資計画を発表

AsiaNet 67374 (0176)

【成都(中国)2017年2月10日PR Newswire=共同通信JBN】中国西部の成都ハイテク産業開発区(Chengdu Hi-tech Industrial Development Zone)は2月5日、開発区の経済発展計画を発表した。それによると、成都ハイテク産業開発区は世界各地から才能ある人材を集めるための努力の一環として、2020年までに総額50億元(約7億3000万米ドル)を投資する。またこれとは別に開発区の科学的、技術的イノベーションシステムの競争力を補強するために100億元が追加される。

成都ハイテク産業開発区は、中国で最も「シリコンバレーに似た」新しいハイテク産業パークのひとつと見なされてきた。昨年末には、開発区内にノーベル生理・医学賞を受賞したJ・マイケル・ビショップ博士の名にちなむ「J. Michael Bishop Institute of Cancer Research」が正式に設立された。このように同開発区内に研究所を設立するために合わせて4人のノーベル賞受賞者を心から招いている。

成都ハイテク産業開発区は中国で4番目の海外人材・オフショアベースとして、2016年に「地域で登録、海外で育成、世界で活躍」するオフショア起業家精神モデルを探求するため、オフショア海外人材イノベーション・起業家精神投資基金を設立した。2016年末成都ハイテク産業開発区は、中国の「千人人材計画」のメンバーの102人、四川省の「千人人材計画」の286人を含む総計26万9000人の高い技能を持つ人材や様々な産業が緊急に必要としている人材を国内外から集めた。

成都ハイテク産業開発区が設けた人材招請に関する50億元の基金は、今後5年間にわたり世界中から高いイノベーション能力と起業家精神を備えた人材1万人を招くために使われる予定である。

ソース:Chengdu High-tech Industrial Development Zone

Chengdu Hi-tech Industrial Development Zone (Chengdu Hi-tech Zone) Invests USD 730 Million to Attract Global Talents

PR67374

CHENGDU, China, Feb. 10, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/--

   On February 5, western China's Chengdu Hi-tech Zone released its economic

development plan: by 2020, Chengdu Hi-tech Zone will have invested an

accumulated RMB 5 billion (approximately USD 730 million) for its endeavor to

attract talents from around the globe, while another RMB 10 billion will be

newly added to augment the competitiveness of its scientific and technological

innovation system.

   Chengdu Hi-tech Zone has been regarded as one of the most "Silicon

Valley-like" new hi-tech industry park in China. At the end of last year, the

"J. Michael Bishop Institute of Cancer Research", named after the eponymous

winner of Nobel Prize in Physiology or Medicine J. Michael Bishop, was

officially founded in this area. As such, Chengdu Hi-tech Zone has genuinely

attracted a total of four Nobel Prize laureates to set up research institutes

here.

   As China's fourth offshore overseas talents base, in 2016 Chengdu Hi-tech

Zone established an offshore overseas talents innovation and entrepreneurship

investment fund to explore the implementation of a "register in-area, incubate

overseas, operate worldwide" offshore entrepreneurship model. And by the end of

2016, Chengdu Hi-tech Zone has assembled 102 members of the country's "thousand

talents plan" and 286 members of Sichuan Province's "thousand talents plan",

and attracted a total of 269,000 domestic and overseas high-level talents and

talents in urgent need by various industries.

   This RMB 5 billion fund dedicated for talents created by Chengdu Hi-tech

Zone is planned to be used over the course of five years to attract 10,000

high-caliber innovation and entrepreneurship talents from around the world.

   SOURCE: Chengdu High-tech Industrial Development Zone

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中