千趣会 美容サロン向け新規事業 ネイルプリンターを使用した短時間ジェルネイルサービス『ツメコ』本格始動

千趣会

2017/2/21 11:00

株式会社千趣会は、美容サロン向けのBtoB新規事業として、ジェルネイルサービス『ツメコ』を本格始動し、2017年2月21日(火)より専用ホームページを開設し、導入店の募集を開始します。

2017年2月21日

株式会社 千趣会

千趣会 美容サロン向けBtoB新規事業

早い・安い・かわいい!

ネイルプリンターを使用した短時間ジェルネイルサービス『ツメコ』本格始動!

~美容サロンへの導入ほか パッケージ化による商業施設イベントでのサービス提供も開始~

 株式会社千趣会(本社:大阪市 代表取締役社長:星野裕幸 以下千趣会)は、美容サロン向けのBtoB新規事業として、ジェルネイルサービス『ツメコ』を本格始動し、2017年2月21日(火)より専用ホームページ( http://tsume.co/sales/ )を開設し、導入店の募集を開始します。

あわせて、サービスをパッケージ化し、商業施設のイベントやPR・集客のツールとして利用できる、サービスの提供も実施します。

 『ツメコ』は、千趣会がメーカーと共同開発したオリジナルネイルプリンター・ジェル・溶剤を使用することで、通常では約1時間~2時間かかる繊細なアートのあるデザインも、45分以内で提供可能にした、これまでにはなかったジェルネイルサービスです。

【『ツメコ』の特徴】

①とにかく早い

どんなデザインも、ツメコ単体45分、カラー・パーマ+10分で提供可能。

②圧倒的なデザイン数

定番~トレンドまで250デザイン以上!更に毎月16デザインの新作を追加。

③嬉しいお手頃価格

施術時間の短さにより¥3,500で提供可能。(推奨価格・税別・ストーン無し)

④安定の仕上がり・品質

500名以上のモニターを経て完成したジェルを使用&アートの自動化で品質均一化。

美容サロンでの導入・展開について

 『ツメコ』は、主に美容サロン向けBtoB新規事業として展開しますが、美容サロンにとっては、従来サービス+α(プラスアルファ)の効果をもたらします。

【美容サロン『ツメコ』導入のメリット】

①新規顧客獲得

話題のネイルプリンターを使用したジェルネイル導入により、新規顧客獲得が可能。

②リピーター育成

満足度87%・リピート希望率83%※1により、再来店率・満足度アップに貢献。

※1 2015年12月・新宿マルイでの期間限定SHOP展開時の利用者アンケートより

③客単価アップ

カラー・パーマと同時施術※2で、客単価アップ&トータルビューティの提供が可能。

※2 美容室で提供時

さらに、美容サロンにおける『ツメコ』の導入にあたっては、初期投資も安く、特別な技術や知識も必要としない点が大きな特長です。

【『ツメコ』導入のポイント】

①ネイルの資格・知識不要

研修を受けて練習するだけで誰でも施術可能。

②導入コストが安い

お金のかかるプリンターはレンタル。通常多く揃えるカラージェルもインク1つで代用。

③充実&安心サポート

いざという時のトラブルは専任スタッフがしっかりサポート。導入後の販促支援なども充実。

千趣会では、『ツメコ』事業化にあたり、約3年以上の開発期間を費やし、サービスを完成させました。2016年にテスト導入を行った全国10店舗の美容サロン※3では、実際に集客・客単価・満足度アップに貢献しています。

千趣会は、これまでにはなかった全く新しいサービス『ツメコ』を2017年に150台、2021年に1000台とする契約台数目標を掲げ事業を展開していきます。

※3 ツメコ導入店は、ツメコ公式ホームページ( http://tsume.co )に掲載しています。

サービスのパッケージ販売・提供について

 ツメコでは美容サロンへの導入のほか、サービスをパッケージ化し、アニメやブランドとのコラボレーションによる商業施設でのイベントや、PR・集客のツールとして利用できるサービス販売事業もあわせて展開していきます。

 千趣会は、「ウーマン スマイル カンパニー」として、これからも女性にとって笑顔につながる商品・サービスの開発を積極的に進めていきます。

『ツメコ』に関するお問い合わせ先:

株式会社千趣会 事業企画部 ツメコ本部 担当:大林・早坂

TEL:03-5475-7298 e-mail:nail@senshukai.co.jp

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース