静岡県「子育てに優しい企業」受賞

富士ゼロックス

2017/2/21 11:01

2017年2月21日

富士ゼロックス静岡

静岡県「子育てに優しい企業」受賞

富士ゼロックス静岡株式会社(本社:静岡市、社長:伊藤 彰一郎)は、社員の子育て計画を男女問わず積極的にサポートするため、育児と仕事を両立しながら能力を発揮できる環境づくりを推進していることが評価され、静岡県主催「子育てに優しい企業」を受賞いたしました。

「子育てに優しい企業」とは、子育てしやすい職場環境が整いワークライフバランスに配慮した職場づくりを行う経営者や管理職、いわゆる「イクボス(注1)」の養成に取り組む企業を表彰し、その事例を県内外に広く発信していく静岡県の取り組みです。

当社は、ワークライフバランスと高い生産性の維持を両立するため①子育て中は送迎時間に合わせてコアタイムを調整できるフレックスタイム制度や、時短勤務制度、配偶者出産休暇、出生支援休職制度などの就労・福利厚生面における対応、②不妊治療が5万円を越えた場合、共済会から5万円を補助する制度や、教育資金の貸付け・保育料補助といった経済的支援、③各種制度の活用を促進するため、社内イントラネットを使った告知などを行っています。

特に評価された点は、産休取得予定者に対して各種制度の説明とともに、産前・産後休暇~育児休職~復職までの給料や給付金、税金などをスケジュール表に落とし込み、生活プランを可視化したオリエンテーションを実施していることでした。

当社はこれからも、社員が長く活躍できる企業として、人と組織の成長による活力ある会社を目指してまいります。

(注1) イクボスとは、職場で共に働く部下のワークライフバランスを考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、業績も出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司のこと。

静岡県「子育てに優しい企業」表彰について

子どもと子育てを大切にする社会の実現を目指して、静岡県が経済4団体(静岡県中小企業団体中央会、静岡県商工会連合会、静岡県経営者協会、静岡県商工会議所連合会)と連携し、子育てに優しい環境づくりに取り組む企業を2013年度(平成25年度)から表彰しています。

・Xerox、Xeroxロゴ、およびFuji Xeroxロゴは、米国ゼロックス社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース