アークテックソーラーが日本のPV市場向けに傾斜角度の大きい冗長性追尾式架台を開発

アークテックソーラー(Arctech Solar)

2017/2/27 10:45

アークテックソーラーが日本のPV市場向けに傾斜角度の大きい冗長性追尾式架台を開発

AsiaNet 67505 (0237)

【昆山(中国)2017年2月27日PR Newswire=共同通信JBN】アークテックソーラー(Arctech Solar)は2017年初めに日本で国際化計画を開始した。これは、2016年に中国とインドの市場で突出した販売実績により主導権を獲得した直後である。アークテックソーラーは世界で初めて考案された冗長性設計によるArctracker Proを日本市場に導入する。Arctracker Proは日本の地域的条件に適合し、暴風雪のような特殊な天候で潜在出力を下げかねない極端な気候条件下で機能するよう最大傾斜角度が向上している。

▽太陽光発電の無限の可能性に挑戦

日本の大半の既存太陽光発電(PV)所は5度から20度の角度の固定架台構造を利用している。この条件では、暴風雪の日は雪がモジュールの上に積もり、自然に落ちない。PV発電所は雪を早く取り除けないと、冬の数カ月間は正常に機能できないかもしれない。とりわけ豪雪地帯では、地上の雪による作業上の障害によりモジュールの掃除が難しい。

アークテックソーラーの標準規格のArctracker Proはマイナス45度からプラス45度まで傾斜し、この角度ではモジュールから雪を自然に落とせない。このように日本に存在する問題を考慮して、アークテックソーラーは雪が引力で支障なく落ちるよう最大傾斜角度を45度から65度にわざわざ拡大した。

アークテックソーラー国際事業部門のギー・ロン社長は「われわれは今年、日本市場に継続的に投資を増やす。数年間の推移の後、日本のPV市場の業界規則、市場メカニズム、安定的で専門的な顧客に関してわれわれは非常に楽観的だからだ。全体の市場需要減少と電力料金低下の著しい傾向があるが、より専門的で効率的な製品への顧客の要求はこれまで以上に強まりつつある。数カ国でのArctracker Proの累積出荷容量は約1GWに達し、顧客に広く認知され、受け入れられてきた。われわれは異なる市場向けに技術と細部仕様の改善と局地化に今も取り組んでいる。この"決して止まらない"技術は日本市場にすばらしい効果を与え、日本の使用者によりスマートなシステムと経済的利益をもたらすと期待する」と語った。

アークテックソーラーは3月1-3日に日本で開催されるPV EXPO(国際太陽電池展)に参加する。その際は、アークテックソーラーのチームはそのブースで世界中からのすべての顧客を歓迎する。

▽アークテックソーラーについて

アークテックソーラーは太陽光追尾(トラッキング)、架台(ラッキング)システムの世界有数のメーカーおよびソリューション・プロバイダーの1つである。8年の開発を通じてアークテックソーラーは中国の昆山と常州に製造基地を、米国、日本、インド、欧州と上海などの国・地域市場に子会社とサービスセンターを設置してきた。アークテックソーラーは累積で10GWの設備を設置、10カ国以上で600近いプロジェクトを完了した。製造能力は固定架台分野6GW、追尾式架台分野3GW(合わせて年間9GW)で、アークテックソーラーは国際的なPV追尾、架台システム分野の信頼性のあるパートナーに成長した。

公式ウェブサイト: www.arctechsolar.com

製品販売と他の問い合わせは次へ:sales@arctechsolar.com

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20170221/0861701356

ソース:Arctech Solar

Arctech Solar Localizes Its Redundancy Tracker with Larger Rotation Angle for Japan PV Market

PR67505

KUNSHAN, China, Feb. 27, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

At the very beginning of 2017, Arctech Solar kicked off its globalization plan

in Japan. This is right after having obtained a leadership potition with

outstanding sales performance in the China and India markets in 2016. Arctech

Solar will bring the Arctracker Pro, with the world's first invented redundancy

design, to the Japanese market. Arctracker Pro suits the local conditions in

Japan and improves the largest rotation angle to work under extreme climate

conditions such as blizzards which might reduce the potential power loss caused

by special weather.

Challenge the infinite possibilities of solar power generation

Most of the conventional PV power stations in Japan use fixed-mounting

structures with an angle between 5 and 20 degrees. Under this condition, on

blizzard days the snow would pile up on top of the modules and cannot naturally

fall off. The PV power stations may not be able to work normally for several

months in winter if the snow can't be cleaned in time. Especially in heavy snow

areas, it is hard to clean the modules because of the labor difficultly caused

by the snow on the ground. Arctech Solar's standard Arctracker Pro rotates

ranging from -45 to 45 degrees and this angle does not allow the snow to

naturally fall off from the modules. Considering the above existing problem in

Japan, Arctech Solar intentionally increases the maximum rotation angle from 45

to 65 degrees, so the snow can fall off freely because of gravity.

President of Arctech Solar's international business, Mr. Guy Rong, commented:

"This year, we will continuously increase our investment in the Japanese

market. This is because we are very optimistic about industrial rules, market

mechanisms and stable and professional customers in the Japan PV market after

several years' of development. Although there is a remarkable trend of total

market demand decrease and lower electricity prices, customers' desire for more

professional and optimized products is becoming ever more intense. The

cumulative shipments of Arctracker Pro in several countries has reached about

1GW and has been widely recognized and accepted by our customers. We are still

working on improving and localizing our technologies and details for different

markets. We hope this 'never stopping' technology can bring extraordinary

effects to the Japanese market and bring smarter systems and better economic

benefits to Japanese users."

Arctech Solar will attend the PV EXPO in Japan from March 1 to 3. At that time,

the Arctech Solar team will welcome all customers from around the world to

visit our booth.

About Arctech Solar: Arctech Solar is one of the world's leading manufacturers

and solution providers of solar tracking and racking systems. Through 8 years

of development, Arctech Solar has set up manufacturing bases in Kunshan and

Changzhou in China and also set up subsidiaries and service centers in many

country regional markets such as America, Japan, India, Europe and Shanghai.

Arctech Solar has cumulatively installed 10GW and completed almost 600 projects

in more than 10 countries. With a production capacity of 6GW and 3GW

respectively in fixed mounting structure and tracker fields (a total annual

capacity of 9GW), Arctech Solar has grown into a reliable partner in the global

PV tracking and racking system field.

Official website: www.arctechsolar.com

For product sales and other enquiries: sales@arctechsolar.com

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20170221/0861701356

SOURCE: Arctech Solar

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中