リコーが360°ライブストリーミング可能ビデオカメラの先行予約開始を発表

リコー

2017/2/27 15:33

リコーが360°ライブストリーミング可能ビデオカメラの先行予約開始を発表

AsiaNet 67530(0251)

【バルセロナ(スペイン)、東京2017年2月27日PR Newswire=共同通信JBN】

CES 2017で発表されたRICHOH R Development Kitは24時間連続の全天球ライブストリーミングを提供

(Mobile World Congress 2017、ホール8.0 J3)リコーは27日、全天球360°のライブストリーミング・ビデオを最長24時間連続して提供することができる業界初のカメラ「RICHOH R Development Kit」の先行予約を受け付けると発表した。Mobile World Congress 2017で展示されたこのカメラは、ウェブサイトhttp://ricohR.ricoh から先行予約ができ、出荷は2017年5月を予定している。販売価格は499ドル。

Logo - http://mma.prnewswire.com/media/471513/Ricoh_Logo.jpg

Photo - http://mma.prnewswire.com/media/471512/RICOH_R_Development_Kit.jpg

リコーの全天球映像技術を活用するRICHOH R Development Kitは、2K解像度で30fps(フレーム/秒)全天球ライブストリーミングを可能にする。RICHO Rの独自技術は、全天球映像の標準フォーマットであるEquirectangular Projection Formatへのスティッチング(合成)をカメラ内でリアルタイムに実行できることである。映像はHDMI(R)ないしはUSBに出力され、AC電源アダプターを使用してライブ映像の最長24時間の連続撮影が可能である。カメラはマイクロSDカードに映像を記録するので、ボディーを極めて薄型で軽量にすることが可能になった。

RICHOH R Development Kitには、カメラ、カメラスタンド、ダウンロード可能なソフトウエア開発キット(SDK)に加え、映像コントロール・ツール、ソースコードが含まれている。GitHubを通じて入手できるこのカメラのオープンAPIと「RICHOH R Console」映像処理ツール・ソースコードを使用して、カメラはUSBによってコントロールできるため、ユーザーはテレイグジスタンス技術やコンピュータービジョンなど、さまざまな環境および業界で利用することができる。

RICHOH R Development Kit(注2)

(注1)ACアダプターを使用

(注2)このイメージは説明のための3D CGであり、実際の製品とは異なる可能性がある

▽仕様

映像品質 1920 x 960、Equirectangular Projection, 30fps

映像出力端子 マイクロHDMI (R)タイプD、マイクロUSB、フルHD、59.94i

HDMI(R)映像出力 等倍モード(1920 x 960 + 120)、フルHDモード、UVC 1.5/H.264、 29.97i

USB映像出力(注1) 等倍モード(1920 x 960 + 120)、フルHDモード

音声出力 内蔵モノラルマイク

映像記録メディア マイクロSDカード 32GBまで

映像記録フォーマット MP4

映像記録時間 ノーマルモードで約30分、長時間モードで約60分

外部電源入力 マイクロUSB B

ACアダプター 5V/1.5A以上のUSB ACアダプターを使用

動作温度(注3、4、5、6) 0℃-40℃(注7)

外形寸法(注8) 46mm(W) x 118mm(H) x 16.6mm(D)

重量 125g

同梱 スタンド、キャリングケース、USBケーブル2本

(注1)専用ドライバーをインストールする必要がある(Windows(R)/Mac)

(注2)記録できる最大ファイル容量は4GB

(注3)スタンドないしは三脚の使用を推奨

(注4)カメラは長時間使用後に熱くなるのでカメラに直接触れる際には注意

(注5)低温やけどを防ぐためにカメラに長時間触れないように

(注6)カメラはある種の利用で過熱した場合には自動的に停止することがある

(注7)セ氏30°か、24時間以下の連続運転

(注8)レンズを含む

HDMI、HDMIロゴ、High-Definition Multimedia Interfaceは米国およびその他の国でHDMI Licensingの商標ないしは登録商標である。

その他の商標はそれぞれの所有者の財産である。

▽リコーについて

リコーは世界的なテクノロジー企業であり、80年以上にわたり人々が働く方法を変革してきた。リコーはタグライン「imagine. change.」の下に、イノベーションを刺激し、持続可能性を高め、企業成長を高めるサービスとテクノロジーによって企業や個人を支援している。これには、文書管理システム、ITサービス、プロダクションプリント・ソリューション、ビジュアル通信システム、デジタルカメラ、産業システムなどが含まれる。

リコーグループは東京に本社を置き、約200の国・地域で事業展開している。リコーグループは2016年3月期、2兆2090億円(約196億ドル)の売上高を記録した。

詳細はウェブサイトhttp://www.ricoh.com を参照。

(C) 2017 RICOH COMPANY, LTD 無断使用禁止。ここで言及したすべての製品名はそれぞれの所有者の財産である。

▽問い合わせ先(会場以外)

Sam Ward

Harvard

Direct Line +44(0)20-7861-3199

Sam.Ward@Harvard.co.uk

▽問い合わせ先(会場での)

Matthew Tubbs

Harvard

Mobile: +44(0)7392-106866

Matthew.Tubbs@harvard.co.uk

ソース:Ricoh

Ricoh Announces Pre-Ordering for First-of-its-Kind, 360-Degree, Live Streaming Video Camera

PR67530

BARCELONA, Spain and TOKYO, Feb. 27, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/

    Announced at CES 2017, RICOH R Development Kit delivers up 24 hours of

fully spherical live streams

    (Mobile World Congress 2017, Hall 8.0 J3)Ricoh today announced it is taking

pre-orders of the RICOH R Development Kit, featuring the industry's first

camera capable of delivering up to 24 continuous hours of fully spherical,

360-degree live video streams. Showcased at Mobile World Congress 2017, the

camera can be pre-ordered from http://ricohR.ricoh, with shipments scheduled to

start in May 2017. The sales price will be $499.

    Logo - http://mma.prnewswire.com/media/471513/Ricoh_Logo.jpg

    Photo - http://mma.prnewswire.com/media/471512/RICOH_R_Development_Kit.jpg

    Using Ricoh's fully spherical imaging technology, the RICOH R Development

Kit can live-stream fully spherical, 360-degree images in 2K resolution at 30

frames per second. Unique to RICOH R technology is the stitching of video

within the camera in real time to the Equirectangular Projection Format, which

is the standard format for fully spherical images. Video is then output via

HDMI(R) or USB, and-by using an AC power adapter- continuous, live streaming up

to 24 hours is possible. The camera records onto a micro SD card, which enables

the body to be extremely thin and lightweight.

    The RICOH R Development Kit consists of the camera, camera stand,

downloadable software development kit (SDK), plus image-control tools and

source code. Using the camera's open API and the "RICOH R Console"

image-control tool source code available through GitHub, the camera can be

controlled via USB, which will enable its use in a variety of environments and

industries such as telepresence and computer vision.

    RICOH R Development Kit[*2]

    *1. Using AC adaptor

    *2. This image is 3D CG for illustrative purposes and may differ from the

actual product.  

    Specifications

    

    Video quality           1920 x 960, Equirectangular Projection Format, 30

fps

               

    Video out connector     Micro HDMI[(R)] Type-D, Micro USB

                            Full HD, 59.94i

    HDMI[(R)] video out     Actual size mode (1920 x 960 + 120), Full HD mode

                            UVC 1.5/H.264, 29.97 fps

    USB video out[*1]       Actual size mode (1920 x 960 + 120), Full HD mode

    

    Audio out               Built-in monaural microphone

    

    Video recording media   MicroSD card up to 32GB

    

    Video file format       MP4

                            

    Video recording         Normal mode approx. 30 minutes

    time[*2]                Extended mode approx. 60 minutes

       

    External power input    USB Micro B

    AC adapter              Uses a USB AC adapter of 5 V/1.5 A or greater

    

    Usage temperature       0 degree Celsius to 40 degrees Celsius[*7]

    range[*3*4*5*6]         

    

    External dimensions[*8] 46 mm (W) x 118 mm (H) x 23 mm (D)

    

    Weight                  125g

    

    What's in the box       Stand, carrying case, and USB cable x2

    *1. Dedicated driver needs to be installed (Windows(R) /Mac).

    *2. The maximum file size that can be recorded is 4 GB.

    *3. Using the stand or a tripod is recommended.

    *4. Please be careful when handling the camera directly since the camera

will get hot after long hours of usage.

    *5. Please do not touch the camera for a long period of time to prevent

from getting low temperature burn.

    *6. The camera may automatically shut down if it is overheated by certain

usage.

    *7. 30 degrees Celsius or less for 24-hour non-stop operation.

    *8. Including the lens.

    HDMI, the HDMI logo and High-Definition Multimedia Interface are the

trademarks or registered trademarks of HDMI Licensing in the United States and

other countries.

    All other trademarks are the property of their respective owners.  

    | About Ricoh |

    Ricoh is a global technology company that has been transforming the way

people work for more than 80 years. Under its corporate tagline - imagine.

change. - Ricoh continues to empower companies and individuals with services

and technologies that inspire innovation, enhance sustainability and boost

business growth. These include document management systems, IT services,

production print solutions, visual communications systems, digital cameras, and

industrial systems.

    Headquartered in Tokyo, Ricoh Group operates in approximately 200 countries

and regions. In the financial year ending March 2016, Ricoh Group had worldwide

sales of 2,209 billion yen (approx. 19.6 billion USD).

    For further information, please visit http://www.ricoh.com

    (C) 2017 RICOH COMPANY, LTD. All rights reserved. All referenced product

names

are the trademarks of their respective companies.

    Offsite contact:

    Sam Ward

    Harvard

    Direct Line +44(0)20-7861-3199

    Sam.Ward@Harvard.co.uk

    Onsite contact:

    Matthew Tubbs

    Harvard

    Mobile: +44(0)7392-106866

    Matthew.Tubbs@harvard.co.uk

SOURCE: Ricoh

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中