開館20周年記念事業 エッセイコンテスト 募集中!

2017年、東京国際フォーラムは開館20周年を迎えました。 これを記念して、東京国際フォーラムにまつわる素敵な思い出、 心温まるエピソードを題材とするエッセイを募集します。 テーマは「私と東京国際フォーラム」。

2017年03月01日

株式会社東京国際フォーラム

2017年、東京国際フォーラムは開館20周年を迎えました。

これを記念してエッセイを募集します。

○応募規定

 □テーマ:題名「私と東京国際フォーラム」 

 □分量:字数は800字以内 (題名は記載不要。句読点を含む)。

 □形 式:A4サイズ400字詰め原稿用紙[横書き、縦書き](2枚以内)

        又は「エッセイコンテスト原稿用紙」[横書き、縦書き]

(弊社ホームページ(http://www.t-i-forum.co.jp/anniversary/20th/essay/)

      からダウンロード。2枚以内)のいずれかを使用。

  横書き・縦書き自由。手書き(楷書)、ワープロ、パソコン等の指定なし。

※ 日本語の自作未発表の作品(ご自分の経験・体験を基にしたもの)で、アマチュアに限ります。

※ 作品はおひとり様2作品までご応募いただけますが、入賞の対象となるのは1人1作品です。

※ 18歳未満のご応募は、保護者の同意を得てください。

※ 応募に際しては、エッセイに登場する人物が特定されないように配慮してください。

  エッセイの中のプライバシー及び個人情報に関して、弊社は一切の責任を負いません。

※ 応募作品は返却いたしません。

※ 応募後、8月下旬の結果発表までは作品を発表しないでください。

※ 応募作品の著作権及び二次利用権は弊社に帰属します。

○応募方法

  作品と以下の必要事項を記入(手書きの場合は楷書)した書面(様式自由)を同封し、

 下記の事務局宛てにご郵送ください(郵送料は応募者のご負担でお願いします)。

 メール、ファックスによる送付やご持参はお受けできません。

① 氏名 (ふりがな)

     ※入賞作品を公開する際にペンネームの使用を希望される方は、

    氏名とペンネームを記入してください。

② 年齢

③ 住所 (郵便番号)

④ 電話番号

⑤ 職業

⑥ この募集をお知りになったきっかけ [ホームページ、広報誌、ポスター、その他]

  ※ 「必要事項」は弊社ホームページ

(http://www.t-i-forum.co.jp/anniversary/20th/essay/)

         からダウンロードし、ご記入いただくことができます。 

  ※ 上記の全ての項目をご記入いただいていない場合は、

          本コンテストの審査の対象とならない場合がありますので、

          ご注意ください。

○応募先及びお問い合せ先

  株式会社東京国際フォーラム 広報部 エッセイコンテスト事務局 宛て

  〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1

  電話 03-5221-9035 (平日午前10時~午後5時)

  

○選考方法

  特別審査員に樋口裕一さん(作家・多摩大学教授)を迎え、弊社審査員が厳正に選考いたします。

○発表

 ・平成29年8月下旬に入賞者のみに直接通知し、弊社ホームページでも

    入賞者の氏名を発表いたします。

 ・入賞作品は弊社ホームページ及び東京国際フォーラム広報誌「Forum Days」

      (平成29年10月1日号)に掲載いたします。

      なお、発表にあたり、作者名(ペンネーム可)、年齢、住所(市郡区町村名まで)を

      公表させていただきます。

○その他

 ・応募締切後のお問い合せには応じられません。

 ・応募者以外の第三者から権利侵害等の苦情や損害賠償請求等があった場合、

      弊社は一切の責任を負いません。

○個人情報の取扱いについて

 ・本応募に際してご提供いただきました個人情報は、本コンテストの審査、

      入賞者及び入賞作品の公表並びにそれに係るご連絡のためにのみ使用いたします。

   ・個人情報は、応募者ご本人、又は応募者ご本人が18歳未満の場合は

     その保護者の許可なく、第三者に開示いたしません。

 ・その他の個人情報の取扱いについては、弊社ホームページ「会社情報」の

    「個人情報保護方針」をご参照ください。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中