クラウド型会計システムの名称を「MoneyOne(マネーワン)」へ一新

FutureOne株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:櫻田 浩、略記:フューチャーワン)は、弊社が開発、販売を行っているクラウド型財務会計システム「FUTUREONE クラウド会計」のサービス名称を2017年4月3日より「MoneyOne(マネーワン)」に変更することをお知らせいたします。

2017年3月27日

FutureOne株式会社

クラウド型会計システムの名称を「MoneyOne(マネーワン)」へ一新

~毎年2,000社が新規利用を開始している「FUTUREONE クラウド会計」~

 FutureOne株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:櫻田 浩、略記:フューチャーワン)は、弊社が開発、販売を行っているクラウド型財務会計システム「FUTUREONE クラウド会計」のサービス名称を2017年4月3日より「MoneyOne(マネーワン)」に変更することをお知らせいたします。

従来の「FUTUREONE クラウド会計」は、個人事業主から中堅・中小企業で利用いただいている、多拠点/複数法人にも対応したクラウド型財務会計システムです。販売管理等の基幹業務システムと連携でき、タイムリーな業績管理が可能です。

また、複数会計年度にまたがるデータの検索・集計機能や複数部門のデータを横串で分析できる機能を備えており、業務の効率化を支援します。クラウドならではのお手頃な価格で、機能追加、適切な法改正の対応がなされ、幅広いお客様のニーズにお応えし、実に約26,000社にわたる企業様に採用されています。

新サービス名称である「MoneyOne」は、「クラウド会計システムで1番を目指す」という想いが込められているとともに、中堅・中小企業が選びやすい費用感、使いやすいフィット感、品質の良い安定感をご提供することをコンセプトとしております。サービス名称変更を機に、今後は更なる品質・サービスレベルの向上に精一杯努めて参ります。

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

※ プレスリリースに記載された製品/サービスの内容、仕様、お問い合わせなどは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

■FutureOne株式会社

代表取締役社長:櫻田 浩

設  立:2002年10月1日

社員数:294名(2017年1月1日現在)

本  社:東京都品川区大崎2-9-3

U R L :http://www.future-one.co.jp/

事業内容:基幹業務ソフトウェア「FUTUREONE」シリーズの開発、販売、サポートおよびECサイトの構築、受託開発

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中