Ulmartがインターネット・オブ・シングス(IoT)での「公正な」監視を提唱

Ulmart

2017/5/24 14:15

Ulmartがインターネット・オブ・シングス(IoT)での「公正な」監視を提唱

AsiaNet 68681 (0767)

【サンクトペテルブルク(ロシア)2017年5月24日PR Newswire=共同通信JBN】ロシア最大のオンライン小売企業であるUlmartは6月1日、サンクトペテルブルク国際経済フォーラム(St. Petersburg International Economic Forum、SPIEF)の特別セッション「The Internet of Things:Overcoming Obstacles(インターネット・オブ・シングス:障害の克服)」で、インターネット・オブ・シングス(IoT)を取り巻くモラルおよび法的な問題に取り組む方針だ。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151015/277241LOGO

ロスコングレス基金(Roscongress Foundation)に招待されたUlmartは、今日のテクノロジーで最もホットな問題の1つをリードすることを決めた。TechCrunchの編集長であるマイク・ブッチャー氏がモデレーターを務めるこのセッションは、国際的専門家およびロシアの専門家によるパネル討議に加わり、この最新の消費者革命をめぐる論争に参加する。市民は利益向上のために絶えず追跡、監視、分析の対象とされているが、パネリストはメーカー、小売業者、政府にはこの件で市民を守る責任があるのか、またIoTの他の重要な側面に対処する責任はどうか、についても議論する。

現在、GPSロケーターや多くのスマートフォンアプリでは、ユーザーが接続するときに「同意」する必要がある。

2025年までに1兆個の製品が相互に「コミュニケーションする」と推定されている。その結果、消費者は比喩的なマトリックスにより24時間365日取り囲まれ、本人は自分がバーチャルな会話の真っただ中にいることさえ知らない。

Ulmartのドミトリー・コスイギン取締役会長は「毎日ビックデータを使って売上高を増やそうとしている小売業者としての立場から私は、われわれを生活のあらゆる面で取り巻いている、相互接続された製品のネットワークを悪用することがいかに簡単なことなのかを理解している」と語った。

Ulmartのブライアン・キーン最高国際責任者(CIO)は「毎日、数百個の製品に向かい『イエス、枕。ノー、靴下。冷蔵庫は行儀よく』と話しかけているような状況を想像してみよう。製品との『会話』を日常的に監視する時間はだれにもないが、悪意のある企業がこの信頼につけ込む可能性がある。モラルの問題を提起し、小売業者などの市場参加者は消費者をIoTの否定的側面から守るべきであると提唱した最初のオンライン小売業者として、Ulmartは顧客満足と顧客の利益が最優先であることを再び立証する」とコメントした。

同セッションは、6月1日午後3時、Congress Centre、Conference Hall D3で開催される。

▽Ulmartについて

Ulmartはeコマースに特化したロシア最大の民間インターネット企業である。2008年創業で、本社はサンクトぺテルブルクにある。Ulmartはロシア全土の240を超える都市や町に450以上のインフラ施設(発送センターと集荷ポイント)を展開している。

http://www.ulmart.ru

▽問い合わせ先

Brian Kean

Chief International Officer

+7-812-336-37-77 ext. 4575

ソース:Ulmart

The Internet of Things: Ulmart Proposes Honest Oversight

PR68681

ST PETERSBURG, Russia, May 24, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

    

    Ulmart, Russia's leading online retailer, plans to tackle the moral and

legal issues surrounding the Internet of Things (IoT) at the dedicated session

"The Internet of Things: Overcoming Obstacles" to be held at the upcoming St.

Petersburg International Economic Forum (SPIEF) on June 1, 2017.

         (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151015/277241LOGO )

    Invited by Roscongress Foundation, Ulmart decided to take the lead on one

of the hottest issues in tech today.  Moderated by Mike Butcher,

Editor-at-Large of TechCrunch, the session will challenge the panel of

international and Russian experts to weigh in on this latest consumer

revolution. The panellists will debate on whether manufacturers, retailers and

governments should be responsible for sparing citizens from constantly being

followed, monitored and analyzed solely to increase profit, as well as

addressing other important aspects of IoT.

    Currently, GPS locators and many smartphone applications require the user

to 'agree' to be linked in.  

    It is estimated that by 2025 one trillion products will be "communicating"

with each other.  As a result, a figurative matrix will surround consumers 24/7

and they will not even know that they are at the center of the virtual

conversation.  

    "As a retailer striving each day to use big data to increase sales, I

realize just how easy it may be to abuse the growing network of interconnected

products that surround us in every facet of our lives," remarked Dmitry

Kostygin, Chairman of the Board of Directors of Ulmart.

     "Imagine every day 'speaking' to hundreds of products, 'telling' them:

"Yes, pillow, no, socks, behave yourself refrigerator," commented Brian Kean,

Ulmart's Chief International Officer. "None of us has time for the daily

oversight of the 'conversation' with products but unscrupulous companies could

abuse this trust. As the first online retailer to pose the question of morality

and suggest that perhaps retailers and other market participants should protect

consumers from the downsides of IoT, Ulmart again proves that its priority is

customer satisfaction and customer interests."

    The session will take place on June 1, 2017 at 3pm at Congress Centre,

Conference Hall D3.

    About ULMART  

    Ulmart is Russia's largest privately held Internet company specializing in

e-commerce. The company was founded in 2008, and its headquarters are located

in St. Petersburg. Ulmart has over 450 infrastructure facilities (fulfilment

centres and pick-up points) in more than 240 cities and towns across Russia.

    http://www.ulmart.ru

    Contact: Brian Kean, Chief International Officer, +7-812-336-37-77 ext.

4575.

SOURCE: Ulmart

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中