日本トップの通信オペレーターKDDIがネットワークトラフィック・インテリジェンスのためにKentikを採用

Kentik

2017/7/20 10:14

日本トップの通信オペレーターKDDIがネットワークトラフィック・インテリジェンスのためにKentikを採用

AsiaNet 69297 (1048)

【東京、サンフランシスコ2017年7月20日PR Newswire=共同通信JBN】

*フォーチュン・グローバル500の大手企業はリッチなデータセットに素早くアクセスし、ネットワークプランニングとイノベーションを加速する

ネットワークトラフィック・インテリジェンスのリーダーであるKentikは19日、フォーチュン・グローバル500の1社で、アジア最大級の通信/インターネットサービスプロバイダーであるKDDIがリアルタイムのネットワークオペレーションとネットワークプランニングの効率化のためにKentik Detectを導入したと発表した。KDDIはKentikを導入することによって、オペレーション決定をより迅速に行い、エンジニアリングチームが事業変革により多くの時間を割くことができる。

通信オペレーターは毎年、数十億ドルを投じてサービス提供を維持、向上させて競争力を保っている。その投資の一環として、ネットワークプランニングはビジネスにとって不可欠な機能であり、これによって顧客の要望に応え、新しい市場チャンスを生かし、最終的には収益を増大させるための通信オペレーターの能力を大幅に向上させることができる。リッチなネットワークデータは効果的なプランニングにとって不可欠なものであり、オペレーターが新しいサービスを開始する時期や、顧客により高いパフォーマンスを提供するコスト効率に優れた方法を決定する際に、有益な情報を提供する。しかし、通信オペレーターの大半は依然として、絶え間なく生成される大量のネットワーク・テレメトリーデータを最大限活用することに四苦八苦している。

KDDI技術統括本部ネットワーク技術本部の丸田徹IPネットワーク部長は「われわれKDDIは、組織全体で改革を進める努力に絶え間なく取り組んでいる。しかしこれまでは、当社のネットワークエンジニアにとって、チームがネットワークに関する回答を見つけ出すためにとてつもない時間を費やさなければならず、チームの能力が制約を受けてきた。当社のネットワークの膨大なスケールとその複雑性に加え、それが生成するデータ量を考慮すると、ネットワークプランニング分析の策定には多くの場合、数日を要してきた。Kentik Detectを使用することで、われわれのチームは現在、ネットワークに関する有益な知見を提供する豊富なデータセットを利用することができる。Kentikはより良いネットワーク構築のためにわれわれが必要とする回答を提供してくれている」と語った。

KDDIが注目したKentik Detectの最も優れた特徴の1つは、ソリューションが誇る強力で直観的に認識できる複雑なデータの可視化である。Kentikソリューションを使用して、KDDIのネットワークエンジニアは可視化によって容易にピボットし、ネットワークの多次元分析をリアルタイムで得ることができる。

Kentikのアビ・フリードマン共同創設者兼最高経営責任者(CEO)は「KDDIのような世界をリードする通信オペレーターにとって、自らのリッチなネットワークデータから価値を派生させることは競争上優位となる。最速で最も包括的なデータ分析を使用する組織は収益と業績を増進し、データを変換して組織および顧客にとってより良いビジネス決定を支援する強力な知見にすることができる。KDDIは急展開を続ける顧客の1つであり、今後もパートナーシップが継続され、KDDIは導入したKentikプラットフォームのネットワークトラフィック・インテリジェンスを活用して追加のサービスを展開していくことを期待する」と語った。

Kentikのソフトウエア・アズ・ア・サービス(SaaS)ビッグデータ・ネットワークトラフィック・インテリジェンス・プラットフォームは、従来のアプライアンスをベースにしたネットワークモニタリング・ツールとは異なり、高度にスケーラブルで柔軟、かつ高速である。通信プロバイダー、ISP、エンタープライズ、ウェブ企業はKentikを使い、運用を向上させ、機能を最適化し、異常性を解決し、DDoS防御を自動化し、アプリケーションおよびサービス・パフォーマンスを防御する。

KDDIのKentik使用方法の詳細を知るには、7月26日から28日まで日本ネットワーク・オペレーター・グループ会議(JANGOG 40、https://www.janog.gr.jp/meeting/janog40/ )で両社を訪問していただきたい。

▽KDDIについて

KDDIは日本をリードする通信企業でありグローバルフォーチュン500社の1つである。4000万の国内モバイル加入者にサービスを提供するKDDIはマネージドネットワーク、データセンター、クラウド、セキュリティー、システムインテグレーションから成るさまざまなポートフォリオを提供する。詳細はウェブサイトhttp://global.kddi.com を参照。

▽KENTIKについて

Kentikはネットワークトラフィック・インテリジェンス企業である。現代のビジネスにとって不可欠なほぼすべてのものがワイヤを通過しており、ネットワークは単にビジネスに役立つだけでなく、ビジネスを目撃している。Kentikは膨大なデジタルフットプリントのネットワークトラフィックを、ビジネスおよびテクニカルな運用のためのインテリジェンスにリアルタイム変換する。ネットワークオペレーター、エンジニア、セキュリティーチームはKentikを使用して、パフォーマンス、セキュリティー、ネットワークおよびビジネスの可能性を管理し、それを最適化する。同社はネットワークおよびビッグデータ技術者と、Akamai、CloudFlare、YouTube、Netflixなどの企業の幹部によって創設され、オペレーション、アーキテクチャー、分散システムで数十年の経験を擁している。Kentikはサンフランシスコに本社を構えている。詳細はウェブサイトwww.kentik.comを参照するか、Twitter@KentikInc(https://twitter.com/kentikinc )でフォローを。

ソース:Kentik

▽問い合わせ先

Michelle Kincaid, Director of Communications at Kentik

Email: michelle@kentik.com

Top Japanese Telecom Operator KDDI Corporation Selects Kentik for Network Traffic Intelligence

PR69297

TOKYO and SAN FRANCISCO, July 20, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

- Fortune Global 500 Company Gains Fast Access to Rich Dataset to Accelerate

Network Planning and Innovation

Kentik, the leader in network traffic intelligence, today announced KDDI

Corporation, a Fortune Global 500 company and one of Asia's largest

telecommunications / Internet service providers, has deployed its solution,

Kentik Detect, for real-time network operations and planning efficiencies. With

Kentik, KDDI gains the ability to make faster operational decisions and frees

up engineering teams to spend more time on business innovation.

Telecommunications operators invest billions of dollars on their networks each

year to maintain and enhance their service offerings and remain competitive. As

part of that investment, network planning is a business-critical function that

can significantly increase a telecom operator's ability to meet customer

expectations, capitalize on new market opportunities, and ultimately drive

profits. Rich network data is a key part of effective planning and can inform

operators in determining when to launch new services and how to find more

cost-efficient ways to deliver higher performance to customers. Yet, most

telecom operators struggle to take advantage of their massive streams of

network telemetry data.

"At KDDI, we strive to be continuously innovative across our entire

organization. However, for our network engineers, that ability was previously

held back by the amount of time the team was spending on tracking down answers

about our network. Given the sheer scale and complexity of our network and the

amount of data it generates, network planning analyses often took days to

compile," said Toru Maruta, general manager of the IP Network Dept. at KDDI.

"Using Kentik Detect, our team can now access a rich dataset that offers

valuable insights about our network within seconds. Kentik gives us the answers

we need to build a better network."

One of the most distinguishing aspects of Kentik Detect that caught KDDI's

attention is the solution's powerful, intuitive visualization of complex data.

Using the Kentik solution, KDDI's network engineers can easily pivot between

visualizations to get multi-dimensional analyses of their network in real time.

"For the world's leading telecommunications operators likes KDDI, being able to

derive value from their own rich network data is a competitive advantage," said

Avi Freedman, co-founder and CEO of Kentik. "Organizations that use the

fastest, most comprehensive data analytics will drive revenue and performance,

and can turn their data into powerful insights that drive better business

decisions for them and for their customers. KDDI is one of our fastest-moving

customers, and we look forward to our continued partnership as they roll out

additional services enabled by network traffic intelligence from their Kentik

platform."

Unlike traditional appliance-based network monitoring tools, Kentik's

software-as-a-service (SaaS) big data network traffic intelligence platform is

highly scalable, flexible and fast. With Kentik, telecommunications providers,

ISPs, enterprises, and web companies can improve operations, optimize capacity,

resolve anomalies, automate DDoS defense, and protect applications and service

performance.

To learn more about how KDDI is using Kentik, visit the two companies at the

annual Japan Network Operators Group conference (JANOG 40 -

https://www.janog.gr.jp/meeting/janog40/ ) in Koriyama, Japan from July 26 -

28, 2017.

ABOUT KDDI

KDDI Corporation is a leading Japanese telecommunications and a Global Fortune

500 company. Serving 40 million domestic mobile subscribers, KDDI provides a

diverse portfolio consisting of managed networks, data centers, cloud, security

and system integration. Visit http://global.kddi.com.

ABOUT KENTIK

Kentik is the network traffic intelligence company. When nearly everything

critical to a modern business crosses a wire, the network doesn't just serve

the business, it sees the business. Kentik turns your network traffic -

billions of digital footprints - into real-time intelligence for both business

and technical operations. Network operators, engineers, and security teams use

Kentik to manage and optimize the performance, security, and potential of their

networks and their business. The company was founded by network and big data

technologists and executives from companies such as Akamai, CloudFlare,

YouTube, and Netflix, with decades of experience in operations, architecture,

and distributed systems. Kentik is headquartered in San Francisco. Visit

www.kentik.com or follow @KentikInc (https://twitter.com/kentikinc ) on Twitter.

SOURCE:  Kentik

CONTACT: Michelle Kincaid, Director of Communications at Kentik, Email:

michelle@kentik.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中