西周朝(紀元前823年)の青銅器「兮甲盤」がオークション記録を更新

XilingYinshe Auction

2017/7/27 15:33

西周朝(紀元前823年)の青銅器「兮甲盤」がオークション記録を更新

AsiaNet 69458(1123)

【杭州(中国)2017年7月26日新華社=共同通信JBN】西泠印社(www.xlysauc.com )がこのほど開催したオークションで、人目を引く青銅器「兮甲盤」(紀元前823年)が並外れた価格、2億1275万人民元(約3150万ドル、手数料込み)で落札された。中国美術作品として中国の新記録である。

133字もの銘が入った兮甲盤は、南宋宮廷コレクションの中で現存する唯一の西周朝青銅器である。近代中国の著名な学者、王国維は、現在台北の故宮博物院にある「毛公鼎」より重要だと述べたことがある。王によると、兮甲盤の元の持ち主、尹吉甫は偉大な政治家、軍事戦略家であるだけでなく、中国最古の詩歌集「詩経」の収集・編さん家でもあった。

その銘は尹吉甫の戦争参加や土地管理、少数民族との国境交易を記録しており、中国古代の官位制、戦争、恩賜、税制、奴隷、交易、統治の研究に貴重な情報をもたらすものである。

オークションは800年前、南宋の都だった杭州で行われた。杭州は今や、2016年G20サミットの開催地、中国美術作品の流通センターにまで発展した。

南宋以降、各時代の学者が兮甲盤をテーマに多数のエッセーや書物を書いてきた。兮甲盤は当初、南宋宮廷の収集品の一部になり、その後は杭州在住の元の書家、鮮于枢の手にわたった。次いで脚の部分が壊れ、フライパンとして使われるまで落ちぶれた。

兮甲盤の売り手として、西泠印社競売会社は西泠印社の価値観を引き継いでいる。西泠印社は杭州にある初めての金石篆刻(てんこく)研究機関で、篆刻に関する学習、美術を専門にして、中国内外で高い評価を得ている。

西泠印社競売会社は中国競売市場のスターとして毎年、実売率1位にランクされている。2014年には中国初の青銅礼器オークションを開催した。その1年後、中国で初めて19、20世紀の西洋巨匠の絵画作品を競売にかけ、モネ、ゴーギャン、ウォーホル、ルノアール、モランディ、アングル、ルソーらの傑作を紹介した。

ソース:XilingYinshe Auction

添付画像のリンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=293704

'Xi Jia' Pan (823 B.C. China): Ancient Bronze Plate Breaks Auction Record

PR69458

HANGZHOU, China, July 26, 2017 /Xinhua=KYODO JBN/--

A few days ago, an eye-catching bronze 'Xi Jia' Pan (823 B.C.) was sold at

Xiling Yinshe Auction (www.xlysauc.com) with a remarkable price of RMB 212.75

million ($31.5 million, commission included), setting a new record for Chinese

works of art in China.

'Xi Jia' Pan, with as many as 133 characters of inscription, is the only

existing bronze from the Western Zhou Dynasty collected by the royal family of

Southern Song Dynasty. Wang Guowei, a famous modern Chinese scholar, held it of

greater importance than 'Mao Gong' Ding (Duke Mao Tripod), which is treasured

in the "National Palace Museum" in Taipei. According to Wang, 'Xi Jia' Pan's

original owner Yin Jifu was not only a great politician and military

strategist, but also the collector and compiler of Shijing (Book of Songs),

China's earliest collection of Chinese poetry.

The inscriptions which record Yin Jifu's participation in wars and land

management as well as border trade with the minorities are significant in

providing information for the study of China's official ranking system, war,

imperial award, taxation, slavery, trade and governance in ancient times.

The auction was held in Hangzhou. Eight hundred years ago, it was the capital

of the Southern Song Dynasty. Now, it has evolved into the host city of G20

Summit in 2016 and an emerging center for art works circulation in China.

Since the Southern Song Dynasty, there have been hundreds of essays and books

focusing on 'Xi Jia' Pan by scholars of different periods. First as a part of

the imperial collection of the Southern Song Dynasty, 'Xi Jia' Pan then fell

into the hands of Xianyu Shu, an artist of Yuan Dynasty living in Hangzhou. By

then, its feet had been broken and the plate was descended to a cooking vessel.

As the seller of 'Xi Jia' Pan, Xiling Yinshe Auction inherits the philosophy of

Xiling Yinshe, the first academic institution of seal arts situated in Hangzhou

which specializes in seal-related learnings and arts and enjoys great

reputation both at home and abroad.

For consecutive years, Xiling Yinshe Auction has ranked first in its

sale-through rate as a star in China's auction market. In 2014, Xiling Yinshe

Auction presented China's First Ritual Bronze Wares Sale. One year later,

China's First Sale of 19th-20th Century Western Master Paintings was introduced

to the market, bringing in marvelous paintings by Monet, Gauguin, Warhol,

Renoir, Morandi, Ingres, Rousseau, etc.

Source: Xiling Yinshe Auction

Image Attachments Links:

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=293704

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中