オーソが顧客のB・R・A・H・M・S PCTアッセイ利用を可能にする世界的協定

オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックス

2017/8/1 13:17

オーソが顧客のB・R・A・H・M・S PCTアッセイ利用を可能にする世界的協定

AsiaNet 69510 (1146)

【ラリタン(米ニュージャージー州)2017年7月31日PR Newswire=共同通信JBN】
*アッセイは敗血症と敗血症性ショックの臨床医による評価と治療を助けるために重要な役割を果たす

生体外診断薬の世界的リーダーであるオーソ・クリニカル・ダイアグノスティックス(Ortho Clinical Diagnostics)(以下、オーソ)は31日、Thermo Fisher Scientific Inc.の一部である B・R・A・H・M・S GmbHとの間で、オーソのVITROS(R)システムで使用するB・R・A・H・M・S PCT(プロカルシトニン)アッセイを開発するための戦略的関係を結んだと発表した。

Logo - http://mma.prnewswire.com/media/376902/ocd_only_black_Logo.jpg

B・R・A・H・M・S PCTアッセイは、敗血症性ショックへの進行リスクが高い患者の早期発見を含む敗血症管理のいくつかの側面で支援するために他のラボの所見、臨床評価とともに使われ、抗生物質の投与中止が安全な時期を特定し、敗血症患者の死亡リスクを判定する。また、B・R・A・H・M・S PCTアッセイは抗生物質の管理で非常に重要な役割を果たし、下気道感染に関する方針決定で医師を助ける。オーソは現在、世界の小、中、大規模臨床ラボでオーソのVITROS(R)免疫診断総合システムに使うこのアッセイを開発中である。

オーソのロバート・イエーツ最高業務責任者(COO)は「オーソは内部の研究開発計画と重要な協力協定の両方を通じて提供メニューの拡大継続にコミットしている。わが社のVITROSシステムで使用するためのB・R・A・H・M・S PCTアッセイの開発はこのコミットの1例であると同時に、診断を通じて生活を改善し、生命を救うという目的を実践する新たな方策でもある」と語った。

敗血症は命にかかわることも多い一般的な病気であり、感染に対する人体の炎症反応の結果として起こる。早期の病気の特定と適切な処置が敗血症の結果改善にとって死活的に重要である(注1)。しかしながら、早期の病気特定は敗血症の症状の非特異性のために難しいことがある。PCTレベルの測定は臨床医の早期の重要な治療方針決定を助け、患者の治療結果を改善できる。またPCT測定は不適切で不必要な下気道感染への抗生物質の使用を減らすことにもなり、それによって抗生物質使用に伴う副作用を回避し、耐性菌の出現を防ぎ(注2)、医療コストを引き下げる。

Thermo Fisher Scientificの一部である B・R・A・H・M・S GmbHのクリストフ・フロードー副社長兼ゼネラルマネジャーは「オーソとの戦略的関係の合意により、われわれは信頼できて安全で標準化されたB・R・A・H・M・S PCTアッセイをより幅広い層に提供できるようになり、ラボの顧客が効果的な治療を行うのに十分なほど早期に敗血症を特定するのを助けるわれわれの能力を拡大できる」と述べた。

▽VITROS(R)システムについて
オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックスのVITROS(R)化学・免疫診断学・総合システムは、臨床ラボの病気の診断、モニター、治療を助ける製品、特許技術のポートフォリオである。VITROS(R)製品は組織、運用、経済面で課題を抱える臨床ラボを手助けするようにつくられている。

▽オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックスについて
オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックス(Ortho Clinical Diagnostics)は生体外診断の世界的リーダーで、臨床ラボ、免疫血液学共同体に奉仕している。120カ国以上の病院、病院ネットワーク、血液銀行、ラボで、オーソの高品質の製品、サービスが医療専門家によるより多くの情報に基づく治療決定を可能にしている。免疫血液学共同体のためにオーソの血液型判定製品はすべての患者が間違いなく安全で正しい型で、正しいユニットの血液の輸血を受けられるよう手助けしている。オーソは洗練された検査技術、自動化、情報管理、インタープリテーションツールを世界中の臨床ラボにもたらし、より効率的で効果的な運用と患者ケアの改善を支援している。オーソの目的は診断で生活を改善し、生命を救い、何が可能であるか再考することによってそれを実行することである。これが75年以上にわたってオーソを規定し、前進させてきた。詳細は次を参照:http://www.orthoclinicaldiagnostics.com

(C) Ortho Clinical Diagnostics 2017

(注1)Kumar A et al: Duration of hypotension before initiation of effective antimicrobial therapy is the critical determinant of survival in human septic shock. Crit Care Med 2006;34(6):1589-1596
(注2)Sager et al: Procalcitonin-guided diagnosis and antibiotic stewardship revisited. BMC Medicine 2017; 15:15

▽問い合わせ先
Jane Ward
Ortho Clinical Diagnostics
908-210-0118
jane.ward@orthoclinicaldiagnostics.com

ソース:Ortho Clinical Diagnostics


Ortho Clinical Diagnostics Announces Global Agreement to Make B.R.A.H.M.S PCT Assay Available to Ortho Customers

PR69510

RARITAN, New Jersey, July 31, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-- Assay plays key role in aiding clinicians in the assessment and treatment of
sepsis and septic shock

Ortho Clinical Diagnostics (Ortho), a global leader of in vitro diagnostics,
today announced a strategic relationship with B·R·A·H·M·S GmbH, part of Thermo
Fisher Scientific Inc., to develop the B·R·A·H·M·S PCT (procalcitonin) assay
for use on Ortho's VITROS(R) Systems.

Logo - http://mma.prnewswire.com/media/376902/ocd_only_black_Logo.jpg

The B·R·A·H·M·S PCT assay is used in conjunction with other laboratory findings
and clinical assessment to aid in several aspects of sepsis management,
including early identification of patients at higher risk of progressing to
septic shock, identifying when it is safe to discontinue antibiotics and
establishing mortality risk in septic patients. The B·R·A·H·M·S PCT assay also
plays a critical role in antibiotic stewardship, aiding physicians in
decision-making for lower respiratory tract infections. Ortho is currently
developing the assay for use on Ortho's VITROS(R) Immunodiagnostics and
Integrated Systems for small-, mid- and high-volume clinical labs around the
world.  

"Ortho is committed to continued expansion of our menu offerings through both
internal R&D programs and key collaboration agreements. Developing the
B·R·A·H·M·S PCT assay for use on our VITROS Systems is an example of that
commitment, and yet another way we live our purpose of improving and saving
lives through diagnostics," said Robert Yates, Ortho's chief operating
officer.  

Sepsis is a common and frequently fatal medical condition that is the result of
the body's inflammatory response to an infection. Early identification and
appropriate intervention are crucial for improving sepsis outcomes(i). However,
early identification can be challenging, due to the non-specific symptoms of
sepsis. Measuring PCT levels can help clinicians make early, important
treatment decisions that improve patient outcomes.  PCT measurement can also
reduce inappropriate and unnecessary antibiotic use in lower respiratory tract
infections, thus avoiding the side effects associated with their use, slowing
and preventing the emergence of resistant bacteria(ii) and decreasing health
care costs.

"Our strategic agreement with Ortho positions us well to deliver the reliable,
safe and standardized B·R·A·H·M·S PCT assay to a broader audience, extending
our ability to help our lab customers identify sepsis early enough for
effective treatment to take place," said Christophe Fraudeau, vice president
and general manager of B·R·A·H·M·S GmbH, part of Thermo Fisher Scientific.  

About The VITROS(R) Systems
The VITROS(R) Chemistry, Immunodiagnostics and Integrated Systems from Ortho
Clinical Diagnostics is a portfolio of products and patented enabling
technologies which help clinical laboratories diagnose, monitor and treat
disease. VITROS(R) Products are engineered to help clinical laboratories with
organizational, operational and economic challenges.

About Ortho Clinical Diagnostics
Ortho Clinical Diagnostics is a global leader of in vitro diagnostics serving
the clinical laboratory and immunohematology communities. Across hospitals,
hospital networks, blood banks and labs in more than 120 countries, Ortho's
high-quality products and services enable health care professionals to make
better-informed treatment decisions. For the immunohematology community,
Ortho's blood typing products help ensure every patient receives blood that is
safe, the right type and the right unit. Ortho brings sophisticated testing
technologies, automation, information management and interpretation tools to
clinical laboratories around the world to help them run more efficiently and
effectively and improve patient care. Ortho's purpose is to improve and save
lives with diagnostics, and it does that by reimagining what's possible. This
is what has defined Ortho for more than 75 years, and it's what drives Ortho
forward. For more information, visit http://www.orthoclinicaldiagnostics.com.

(C) Ortho Clinical Diagnostics 2017

(i) Kumar A et al: Duration of hypotension before initiation of effective
antimicrobial therapy is the critical determinant of survival in human septic
shock. Crit Care Med 2006;34(6):1589-1596
(ii) Sager et al: Procalcitonin-guided diagnosis and antibiotic stewardship
revisited. BMC Medicine 2017; 15:15




CONTACT: Jane Ward, Ortho Clinical Diagnostics, 908-210-0118,
jane.ward@orthoclinicaldiagnostics.com





SOURCE: Ortho Clinical Diagnostics


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中