2017年アスタナ万博:広東省が新エネルギー・イノベーションを展示

China Council for the Promotion of International Trade Guangdong Committee

2017/8/18 15:35

2017年アスタナ万博:広東省が新エネルギー・イノベーションを展示

AsiaNet 69695 (1233)

【アスタナ(カザフスタン)2017年8月18日新華社=共同通信JBN】カザフスタンの2017年アスタナ万博の中国パビリオンで18日、広東ウイークが始まり、広東省の新エネルギー・イノベーションの成果であるHawk-shaped浮遊式波力発電施設が大きな注目を集めた。

広東ウイークを組織した中国国際貿易促進委員会広東委員会(China Council for the Promotion of International Trade Guangdong Committee、CCPIT広東)ディレクターのリン・タオ氏は、広東省が世界でのイメージ向上のために万博の機会をとらえたと語った。広東省は一帯一路構想に従って、構想沿いの国々と協力を深め、大陸と海洋の東西をつなぐ全面的な双方向の開拓を新段階へ引き上げる重要な推進役となっている。

万博のテーマ「未来のエネルギー」に基づき、広東が開発した一連の世界をリードするエネルギー・テクノロジーと成果が展示された。その中に中国科学院広州エネルギー研究所が考案したHawk-shaped浮遊式波力発電施設がある。この発電施設は本体は軽量で波を効果的に吸収する浮遊型で、独自開発の波浪吸収転換装置と半潜水技術を組み合わせた。それによって海上施設や島々、外洋岩礁への電力供給が保証される。エネルギー研究所のマ・ロンロン所長は「技術者の証言によると、この技術は世界をリードする優位性を誇れる」と話した。

新エネルギーに関するこうした先端テクノロジーやアイデアは広東ウイークで公開されたが、実際には広東省のイノベーション主体の成長戦略の事例にすぎない。ここ数年に広東の域内総生産(GDP)における調査開発(R&D)支出の占める比率は0.01%増えた。とりわけこの比率は2015年に2.5%、2016年には2.58%となり、革新的諸国の平均に近づいている。

知られているようにカザフスタンは中国から見て、一路一帯構想での西側の最初の拠点である。エネルギーを中心に資源に恵まれたカザフスタンは、エネルギーの分野で中国との協力を拡大している。広東とカザフスタンの企業のための新たなプラットフォームを構築するため、広東ウイークの期間中にCCPIT広東とカザフスタン政府部局との間で了解覚書が署名される見通しだ。

ソース:China Council for the Promotion of International Trade Guangdong Committee

Expo 2017 Astana: Guangdong's New Energy Innovations on the Display

PR69695

ASTANA, Kazakhstan, Aug. 18, 2017 /Xinhua=KYODO JBN/--

On August 18, Guangdong Week of China Pavilion at the Expo 2017 in Astana,

Kazakhstan kicked off. The Floating Hawk-shaped Wave Power Generator, as the

representative of Guangdong's new energy innovations, has attracted wide

attention.

Guangdong has grasped the opportunity from the expo to promote the province's

image on the world stage, said Lin Tao, director of China Council for the

Promotion of International Trade Guangdong Committee (CCPIT Guangdong), the

organizer of the event. By following the Belt and Road Initiative, the province

has increased cooperation with countries along the route and acted as important

engine in bringing about a new phase of all-around two-way opening up with

links running eastward and westward over land and sea.

Under the theme of the world expo - "Future Energy", a batch of

Guangdong-developed world-leading energy technologies and achievements was on

the display. Among them was the Hawk-shaped Wave Power Generator devised by

Guangzhou Institute of Energy Conservation, Chinese Academy of Sciences. The

generator employs light and effective wave-absorbing floating bodies, combining

the self-developed wave-absorbing conversion device and semi-submersible

technology. That is guaranteed to provide access to electricity for offshore

facilities and on the islands and reefs on the high seas. "According to expert

testimony, the technology boasts a world-leading advantage," said Ma Longlong,

director of the institute.

The advanced technologies and ideas on new energy shown in Guangdong Week, in

fact, are but examples of Guangdong's strategy of innovation-driven growth. In

recent years, the R&D spending of GDP in Guangdong has increased by 0.01

percent. Specifically, the ratio reached 2.5 percent in 2015, 2.58 percent in

2016 and counting, approaching the average of innovative countries.

As far as is known, Kazakhstan represents the first stop for China's westward

promotion of the Belt and Road Initiative. With its endowment of resources,

energy in particular, Kazakhstan is expanding cooperation with China in the

field of energy. To build up a new platform for enterprises from Guangdong and

Kazakhstan to seek potential cooperation, a memorandum of understanding is

expected to sign between CCPIT Guangdong and Kazakhstan's government

departments during the Guangdong Week.

SOURCE: China Council for the Promotion of International Trade Guangdong

Committee

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中