TemplestayとTemple Foodがニューヨークにお目見え、平昌冬季五輪をTemplestayで

Templestay(テンプルステイ)

2017/10/10 10:39

TemplestayとTemple Foodがニューヨークにお目見え、平昌冬季五輪をTemplestayで

AsiaNet 70374 (1561)

【ソウル(韓国)2017年10月5日PR Newswire=共同通信JBN】

*9月24日から30日までニューヨークのアスターセンターで開かれたTemplestay(テンプルステイ)のプロモーションイベントは成功裡に閉幕

*韓国江原道からの新鮮な材料で作ったtemple food(寺院料理)の味を紹介

韓国仏教文化事業団(Cultural Corps of Korean Buddhism)は2017年9月24日から30日まで世界の文化都市であるニューヨークにおいて「Pyeongchang Winter Olympics with Templestay」(平昌冬季五輪を寺院宿泊で)のテーマでTemplestay and Temple Food Exhibition, Experience and Lecture(寺院宿泊と寺院料理展示会、体験と講演)を成功裡に開催した。

このイベントは、Templestayと寺院料理をニューヨーク市民のほか、在ニューヨーク韓国総領事館、ニューヨーク韓国文化センター、韓国観光公社ニューヨーク支社、韓国の関係当局者、文化芸術団体、ニューヨークの地元メディアに紹介した。

100人以上の参加者がニューヨークのアスターセンターでさまざまなTemplestayの活動と寺院料理の味を体験した。これらの活動の中では、ハスの花のランタン作りが最も人気があり、好きな料理にはサムパブと無添加のポテトチップスが入った。

多くのTemplestay展示会参加者は「平昌冬季五輪を寺院宿泊で」を体験するための助言を要請した。冬季五輪は来年開催される。

さらに、イベントのプロモーションとして、平昌冬季五輪のマスコットである(白虎の)スホランと(ツキノワグマの)バンダビが、ニューヨーク市民に写真撮影区域で一緒に写真を撮影する機会を与えた。

イベントのもう一方では、政府、企業、芸術、文化関係の人々、メディア、著名なシェフらが寺院料理の食事会に参加した。ジャガイモのマツァボール入りかゆやそば粉クレープなど、さまざまな寺院料理が韓国江原道から空輸された。

ニューヨークの著名なジャンジョルジュ・レストラン(Jean-Georges Restaurant)のシェフ、ケニー・ピニー氏は、「クリーンでさわやかな味わいがとても印象的だ。素材のオリジナルな味を純粋に感じることができた」と述べた。

YouTubeで米国と世界中で約200万人のフォロワーを持つ有名な韓国料理ブロガーのマーンチ・キム氏は「ニューヨークで寺院料理を楽しむ機会を持てるのはとても光栄だ。酢漬け唐辛子添え焼き豆腐が私にそのユニークな香りと質感で韓国の伝統料理の味わいを感じさせた。私のYouTubeチャンネルで寺院料理を紹介したい」と述べた。

ベイリー氏とターシャ氏はインタビューで「寺院料理から韓国の伝統と料理の奥深さを感じることができた。特に唐辛子添えピクルスは印象的だった。米国のピクルスと違って、それはシェフの誠実さと費やした時間によって作り出された素晴らしい味を持っている」とほめそやした。彼らは寺院料理を紹介したシェフの高僧ベプソン師に感謝し「もし韓国を訪れるチャンスがあれば、Templestayを通じて寺院料理と伝統的な韓国文化を体験したい」と述べた。

現地時間の9月29日、シェフの高僧ベプソン師の寺院料理に関する特別講演が有名な米国の料理学校CIA(Culinary Institute of America)で開催された。約100人のCIAの教授と学生が寺院料理への大きな関心と熱烈な思いを持って出席した。学生からは寺院料理の伝統的なレシピや寺院の特徴について多くの熟慮された質問が出された。さらに、CIAのアジア料理担当のマイケル・パーダス教授がベプソン師に感謝し、韓国仏教文化事業団のスタッフがキムチ・ヌードル・スープと醤油、地方特産のフルーツを振る舞った。

韓国仏教文化事業団は2010年から2年ごとにニューヨークで寺院料理のプロモーションイベントを開催している。今年のイベントは2018年平昌冬季五輪の認知を強調するために特別に計画された。

▽問い合わせ先

Min Ji Hong

Phone: +82-2-2031-2041

Email: jaime@templestay.com

Website: http://koreantemplefood.com

ソース:Templestay

Templestay & Temple Food Takes Over New York - Pyeongchang Winter Olympic Games with Templestay

PR70374

SEOUL, South Korea, Oct. 7, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

- Templestay promotional event from September 24 through 30 at the Astor

Center, New York finished successfully

- Presented taste of temple food made with fresh ingredients from Gangwon-do

Province, South Korea

The Cultural Corps of Korean Buddhism successfully held its Templestay and

Temple Food Exhibition, Experience and Lecture on the theme of 'Pyeongchang

Winter Olympics with Templestay' in New York, the city of global culture, from

September 24 through 30, 2017.

In addition to the New York citizens, this event introduced Templestay and

temple food to the Consulate General of the Republic of Korea in New York,

Korean Cultural Center New York, Korea Tourism Organization New York Office and

related officials in Korea, cultural arts associations, local media in New York.

Over 100 participants experienced various Templestay activities and temple food

tasting at the Astor Center, New York. Among these activities, lotus flower

lantern making was the most popular one, while Ssambap and natural potato chips

were among the favorite dishes.

Many participants at the Templestay exhibition requested recommendations to

experience "Pyeongchang Winter Olympics with Templestay"; the games will be

held next year.

In addition, the mascots of Pyeongchang Winter Olympic Games, Soohorang and

Bandabi, gave New Yorkers opportunities to take photos with them at the photo

zone while promoting the event.

On the other side of the event, people from government, business, arts and

culture sectors, media and prominent chefs attended the temple food banquet. A

variety of temple foods such as porridge with potato matzo balls and buckwheat

crepes were airlifted from Gangwon-do Province, South Korea.

Chef Kenny Pinney of New York's famous Jean-Georges Restaurant said, "It's very

impressive that they taste clean and refreshing. I could feel the original

taste of the ingredients purely."

Maangchi Kim, a renowned Korean food blogger with about 2 million YouTube

followers in the US and around the world, said, "It's a great honor to have an

opportunity to enjoy the temple food in New York. Roasted tofu with chili

pepper pickles made me feel the taste of Korean traditional food by unique

smell and texture. I would like to introduce temple food on my YouTube channel."

Bailey and Tarsha exalted in an interview that, "I was able to feel Korean

tradition and the depth of food from the temple food. Especially, the chili

pepper pickles were impressive. Unlike American pickles, they have a beautiful

taste given by the chef's sincerity and the time of waiting." In addition, they

thanked Chef Ven. Beopsong who introduced temple food, saying "If I have a

chance to visit Korea, I would like to experience temple food and traditional

Korean culture through Templestay."

On 29th of September local time, Chef Ven. Beopsong's special lecture about

temple food was held at a famous American cooking school CIA (Culinary

Institute of America). About 100 professors and students of CIA attended the

lecture with huge interest and enthusiasm for the temple food. There were lots

of thoughtful questions about traditional recipes for temple food and the

characteristics of temples from students. In addition, Michael Pardus, a CIA

professor of Asian food, thanked Ven. Beopsong and the staff of Cultural Corps

of Korean Buddhism serving kimchi noodle soup, soy sauce and local special

fruits.

The Cultural Corps of Korean Buddhism has been hosting a biannual temple food

promotional event in New York since 2010. This year's event was specially

designed to emphasize awareness of Pyeongchang Winter Olympics 2018.

Contact: Min Ji Hong

Phone: +82-2-2031-2041

Email: jaime@templestay.com

Website: http://koreantemplefood.com

SOURCE: Templestay  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中