SGX Index EdgeとFactSet、テーマ指数を立ち上げ

Singapore Exchange (SGX)

2017/10/11 15:24

SGX Index EdgeとFactSet、テーマ指数を立ち上げ

AsiaNet 70481 (1590)

【シンガポール2017年10月11日PR Newswire=共同通信JBN】シンガポール取引所(Singapore Exchange、SGX)とFactSetは、投資家に提供する目的で両社の提携ブランドによって作られた、地域と世界の有望なテーマに触れる一連のテーマに関する指数の立ち上げを発表した。

Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20170914/1942097-1LOGO  

SGXとFactSetが緊密に協力して開発した指数は、FactSetのRBICS(Revere Business Industry Classification System)を活用し、レベニュードライバーに基づいた企業のきめ細かい産業分析を可能にした。これは指数ポートフォリオを世界の投資家のための具体的なテーマに合わせるユニークな機会を提供する。

一連の指数は現在、以下のような4つのテーマの指数で構成され、指数によって投資家は、今日最も動的で興味深い業界を追跡する能力が与えられる。

*SGX-FactSetアジア・テクノロジー・アドバンテージEW指数(SGX-FactSet Asia Technology Advantage EW Index)

*SGX-FactSetグローバル・サイバーセキュリティー指数(SGX-FactSet Global Cybersecurity Index)

*SGX-FactSetグローバル・ロボティクス指数(SGX-FactSet Global Robotics Index)

*SGX-FactSetアジア・ヘルスケア・セレクトEW指数(SGX-FactSet Asia Healthcare Select EW Index)

SGX Index Edgeのヘッドのサイモン・カラバン氏は「SGX Index Edgeは独自のデータセットへの関心を強め、商品発行者が最終投資家と良い関係を築けるような良質の指数ポートフォリオを提供している。FactSetと提携し、その協力によって従来の枠を超えた顧客重視の革新的ソリューションを提供するわれわれの取り組みが強化されることを喜んでいる」と話した。

FactSetのインデックシング・ヘッド、ジェレミー・ジョウ氏はこう語る。「われわれのRBICSでの使命は、企業をその製品とサービスに基づいて理解することだった。その結果が400種類以上の産業グループを提供する産業区分であり、そこからテーマのポートフォリオが柔軟かつ適切につくられる。SGX Index Edgeと協力し、アジアでFactSet初の提携ブランド指数を出せたことはうれしい」

これらの指数は提携ブランドによるテーマの指数の供給としては初めて。テーマの指数はテーマの投資ツールの需要の高まりに助けられて創られた。ETFGIのデータによると、2016年末時点でテーマの上場投資信託(ETF)は447種類あり、2012年の183種類から増えている。

▽シンガポール証券取引所(Singapore Exchange、SGX)について

シンガポール証券取引所はアジア有数の信用のある市場インフラストラクチャーで、株式、債権、デリバティブの各市場を最高の規制水準で運営している。アジアで最も国際的なマルチアセットの証券取引所として、SGXは上場、取引、決済、清算、預託、データの各サービスを提供している。上場企業の約40%がシンガポール国外の企業で、上場債券の75%がシンガポール国外で組成されている。

SGXは中国、インド、日本、東南アジア諸国連合(ASEAN)の指標株式指数の市場としては世界で最も流動性が高いオフショア市場で、商品や通貨デリバティブ商品も提供している。AAA格付けのシンガポールを本社とするSGXは、リスク管理と決済の能力で国際的に認められている。詳しい情報はwww.sgx.com を参照。

▽FactSetについて

FactSet(NYSE:FDS、NASDAQ:FDS)は8万5000以上のユーザーが素早く機会を見いだし、とらえることを助けるための優れた分析とサービス、コンテンツ、技術を提供している。斬新な視点、情報に基づく洞察、熱心なスペシャリストによる業界随一のサポートによって、投資のプロへ他より優位に立たせようと努めている。分析とデータドリブンのソリューションによって複数の表彰を受け、英国とフランスではフォーチュン誌の「最も働きがいのある100社」に繰り返し選ばれたことを誇りとする。insight.factset.comでは毎日、当社のソートリーダーシップ・ブログで新鮮な洞察が購読できる。詳しくはwww.factset.comを参照。Twitterのフォローはwww.twitter.com/factsetで。

▽メディア問い合わせ先

Leela Lamont

Marketing & Communications

+65-9651-3079

leela.lamont@sgx.com

ソース:Singapore Exchange (SGX)

SGX Index Edge and FactSet launch a series of thematic indices

PR70481

SINGAPORE, Oct. 9, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/--

Singapore Exchange (SGX) and FactSet today announced the launch of a series of

co-branded thematic indices designed to provide investors with exposure to

promising regional and global themes.

Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20170914/1942097-1LOGO  

The indices, which have been developed through close collaboration between SGX

and FactSet, use FactSet RBICS (Revere Business Industry Classification System)

that enables granular industry analysis of companies based on revenue drivers.

This provides a unique opportunity to tailor an index portfolio to specific

themes for investors globally.

The series currently consists of four thematic indices that provide investors

with the ability to track some of the most dynamic and interesting industries

today:

- SGX-FactSet Asia Technology Advantage EW Index

- SGX-FactSet Global Cybersecurity Index

- SGX-FactSet Global Robotics Index

- SGX-FactSet Asia Healthcare Select EW Index

Simon Karaban, Head of SGX Index Edge, said, "SGX Index Edge is increasingly

turning towards unique datasets to offer well-defined index portfolios for

product issuers that allow them to better connect with the end investor. We are

excited to partner with FactSet and this collaboration reinforces our approach

to move beyond the traditional to provide innovative client-driven solutions."

Jeremy Zhou, Head of Indexing at FactSet, said, "Our mission with RBICS was to

understand companies based on the products and services they deliver. The

result is an industry classification that provides more than 1400 industry

groups from which thematic portfolios can be created flexibly and accurately.

We are pleased to collaborate with SGX Index Edge to launch FactSet's first

co-branded indices in Asia."

These indices are the first in a pipeline of co-branded thematic indices. They

were created in support of the growing demand for thematic investing tools.

According to data provider ETFGI, there were 447 thematic exchange traded funds

(ETFs) as at the end of 2016, up from 183 in 2012.

About Singapore Exchange (SGX)

Singapore Exchange is Asia's leading and trusted market infrastructure,

operating equity, fixed income and derivatives markets to the highest

regulatory standards. As Asia's most international, multi-asset exchange, SGX

provides listing, trading, clearing, settlement, depository and data services,

with about 40% of listed companies and 75% of listed bonds originating outside

of Singapore.

SGX is the world's most liquid offshore market for the benchmark equity indices

of China, India, Japan and ASEAN and offers commodities and currency

derivatives products. Headquartered in AAA-rated Singapore, SGX is globally

recognised for its risk management and clearing capabilities. For more

information, please visit www.sgx.com.

About FactSet

FactSet (NYSE:FDS) (NASDAQ:FDS) delivers superior analytics, service, content,

and technology to help more than 85,000 users see and seize opportunity sooner.

We are committed to giving investment professionals the edge to outperform,

with fresh perspectives, informed insights, and the industry-leading support of

our dedicated specialists. We're proud to have been recognized with multiple

awards for our analytical and data-driven solutions and repeatedly ranked as

one of Fortune's 100 Best Companies to Work For and a Best Workplace in the

United Kingdom and France. Subscribe to our thought leadership blog to get

fresh insight delivered daily at insight.factset.com. Learn more at

www.factset.com and follow on Twitter: www.twitter.com/factset.

Media Contacts

Leela Lamont

Marketing & Communications

+65-9651-3079

leela.lamont@sgx.com

SOURCE:  Singapore Exchange (SGX)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中