アバイアがトルコの次世代救急サービスプロジェクトを受注

アバイア

2017/10/17 11:24

アバイアがトルコの次世代救急サービスプロジェクトを受注

AsiaNet 70506

アンカラ(トルコ)、2017年10月17日/PRニュースワイヤー/ --

eCall(イーコール)車両支援システムがレスポンスタイムを短縮、事故の際に救急サービスに重要な情報を提供し、救命をサポート

アバイア(Avaya:https://www.avaya.com/en/ )は、トルコに次世代救急サービス通信ソリューションを提供するプロジェクトを受注したことを発表しました。トルコのNGCC112緊急番号プロジェクトの一環であるこの契約により、アバイアはトルコの救急サービスにeCall車両事故支援システムを搭載し、どのような事故現場でも救急対応者がより効果的にコミュニケーションが取れるようします。

     (写真:

http://mma.prnewswire.com/media/568977/Avaya_eCall_Turkey.jpg )

アバイアのeCallソリューションは、事故の際に遠隔測定のデータが車両から救急サービスに送信され、事故の正確な場所、車両タイプや使用燃料などの重要な情報、乗車人数などを知らせ、救命の可能性を高める革新です。救急対応者ははるかに早く、準備を整えて事故現場に到着できるようになり、救命を支援します。

救急隊員の努力をさらに支援するため、アバイアは事故現場の救急対応者が中央状況管理センターに音声メッセージを送り、現場でより効果的に調整できるようにする統合通信ソリューションを配備します。緊急電話が入ると一つの連絡先に集約、調整され、人員は必要に応じて更新情報を得ます。

アバイアは、コンタクトセンター・ソリューションの世界的な市場リーダーで、世界中の公共機関にミッション・クリティカルなサービスを提供しています。アバイアのeCallソリューションにより、詳細な自動コール、位置測定の改善、無反応の被害者を見つけ出し、助ける救急サービスの能力を強化するようなデータの利用が可能になり、すでにヨーロッパの多くの国に導入されています。

トルコは、国内の全救急援助サービスに単一の連絡先を与えるNGCC112単一緊急番号プロジェクトを導入しました。このプロジェクトは、内務省地方行政総局(General Directorate of Provincial Administration of the Ministry of Interior)が管理しています。

「救急サービスにアクセスしやすくなれば、毎年何百人もの命を救う可能性があります。内務省は、次世代救急サービスを行うために我々が必要としている専門技術力を提供してくれる各企業と緊密に連携しています。アバイアのソリューションは、トルコの現在および将来の公安強化において重要な役割を果たすことでしょう」と、内務省副主査ヌルタチュ・アルスランは述べました。

「緊急時には文字通り1秒1秒がものを言い、レスポンスタイムの短縮が命を救います。当社のeCallソリューションは効果的な救助計画に必要な情報を備えた救急サービスを配備し、救急対応者が事故現場で重要な判断を下せるようにします。トルコの救急サービス変革を支援するため、内務省より委託を受けたことを非常に光栄に思います」と、アバイア・インターナショナル社長、Nidal Abou-Ltaifは語りました。

NGCC112で使うソフトウェアは、すべて省内のチームが準備しています。アバイアが提供したインフラでは、内務省のエンジニアが独自のソフトフォン(SoftPhone)他のアプリをリナックス(Linux)で開発、実装しました。この時点でエンドツーエンドのリナックスインフラをアバイアに供給すると、プロジェクトのコールセンターと中央オフィスのインフラの土台となったのです。

システムに新たに加わる機能は、聴力、発話、言語能力に欠ける人が救急援助サービスに迅速、効果的、容易にアクセスできることです。聴力や言語機能に障害のある人はスマートフォンを使った同時通信で緊急コールセンターにアクセスして、手話や読唇術を使ってコミュニケーションできるようになるのです。内務省エンジニアと共同開発したこのソリューションは、アバイアのモバイルビデオ・プラットフォームを使って構築されています。

問い合わせ先:

アラブ首長国連邦、ドバイ

アバイア

Iman Ghorayeb

アジア、中近東、ヨーロッパ- PR責任者

電話: +97144048275

ighorayeb@avaya.com

ソース: アバイア

(日本語リリース:クライアント提供)

Avaya Awarded Next-Generation Emergency Services Project in Turkey

PR70506

ANKARA, Turkey, Oct. 17, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

- eCall vehicle aid system will reduce response times and give emergency

services vital information in event of accidents, helping to save lives

    Avaya [https://www.avaya.com/en/] announced it is has been awarded a

project to deliver next-generation emergency services communications solutions

in Turkey. The deal, part of Turkey's NGCC112 emergency number project, will

see Avaya equip Turkey's emergency services with its eCall vehicle accident aid

system, as well as enable emergency responders to communicate more effectively

at the scene of any incident.

    Avaya's eCall solution is a potentially life-saving innovation that in the

event of an accident allows telemetry data to be sent from a vehicle to the

emergency services, giving the accurate location of the incident, vital

information such as type of vehicle and the fuel used, and the number of

passengers. Responders are able to reach the scene of an incident much faster

and arrive better-equipped, helping to save lives.

    To further support the efforts of emergency workers, Avaya is deploying

unified communications solutions that will enable responders at the scene of

the incident to send voice messages to the central situation control center and

coordinate more effectively in the field. Incoming emergency calls can be

collected and coordinated at a single point of contact and personnel updated as

necessary.

    Avaya is the global market leader in contact center solutions and offers

mission-critical services to public safety organizations across the globe.

Avaya's eCall solution enables detailed automated calls, better positioning and

use of data to enhance the emergency services' ability to find and assist

non-responsive victims, and has already been implemented in a number of

countries in Europe.

    Turkey has implemented the NGCC112 single emergency number project to

provide a single point of contact for all emergency aid services in the

country. The project is managed by the General Directorate of Provincial

Administration of the Ministry of Interior.

    "Providing better access to emergency services will save potentially

hundreds of lives every year. The Ministry of Interior is working closely with

companies that can provide the technical expertise we need to deliver

next-generation emergency services. Avaya's solutions will play a vital role in

enhancing public safety in Turkey now and in the future," Nurtaç Arslan,

Asistant General Manger, Ministry of Interior.

    "In emergency situations, literally every second counts, and reducing

response times saves lives. Our eCall solution equips emergency services with

the essential information they need for an effective rescue plan and allows

responders to make vital decisions at the scene of the incident. We are

extremely proud to have been entrusted by the Ministry of Interior to support

the transformation of Turkey's emergency services," Nidal Abou-Ltaif,

President, Avaya International.

    The software to be used under 112 is prepared entirely by the team within

the ministry. On the infrastructure that Avaya provided, the Ministry of

Interior Engineers developed and implemented their softphone applications and

other applications on Linux. By providing end-to-end Linux infrastructure to

Avaya at this point, it has become the cornerstone of the project's call center

and central office infrastructure.

    Another feature to be added to the system is providing people with hearing

and speech and language deficiencies access to emergency aid services quickly,

efficiently and easily. People with hearing and language impairment will be

provided with access to Emergency Call Centers using simultaneous

correspondence with smartphones, communicating with sign language, and

lip-reading methods. Developed with the Ministry of Interior Engineers, this

solution is built using Avaya's mobile video platform.

    CONTACT: Iman Ghorayeb, Head of PR – Asia, MEA, EU, Avaya, Dubai, UAE,

Voice: +971-44048275, ighorayeb@avaya.com

    SOURCE: Avaya

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中