Windlabとヴェスタスが風力・太陽光・蓄電を統合した世界初の発電所規模のハイブリッドで提携

Vestas Asia Pacific

2017/10/25 11:34

Windlabとヴェスタスが風力・太陽光・蓄電を統合した世界初の発電所規模のハイブリッドで提携

AsiaNet 70669

【シンガポール2017年10月25日PR Newswire=共同通信JBN】再生可能エネルギーのリーダー企業が提携し、最終的なプロジェクト詳細を発表した。この提携は、再生可能エネルギーが先導するエネルギーミックスへの転換と、エネルギー需要とグリッド要件に応じた信頼性があり一貫した再生可能エネルギー生産をこれまで以上に提供するという目標を加速することに寄与する。

オーストラリアの国際的な再生可能エネルギー企業Windlabが持続可能エネルギー・ソリューションのグローバルリーダー、ヴェスタス(Vestas)の支援を受けて開発した革新的な60.2 MW Kennedy Energy Park Phase Iは、世界初の発電所規模のオングリッド太陽光およびバッテリーエネルギー蓄積プロジェクトである。Kennedy Phase Iはオーストラリアの電力需要への対処に寄与できる一貫性かつ信頼性がある再生可能電気を供給するために設計され、オーストラリアをはじめとする国々がより多くの再生可能エネルギーをエネルギーミックスに組み込み、再生可能エネルギーをより多く採用する際にこれまで障害となってきた給電安定化の課題に対処する方策の方向付けを示すことができる。

このプロジェクトは、世界クラスの風力と太陽光の資源に恵まれているオーストラリア・クイーンズランド州中央北部のフリンダーズシャイアにある。Kennedy Phase IはヴェスタスのV136-3.6 MW風力タービン、15 MWの太陽光発電、2 MW/4 MWhリチウムイオン蓄電池貯蔵で構成され、これらすべてはハイブリッド発電所を稼働させるヴェスタスの特注生産制御システムによって管理される。

Windlabはオーストラリアにおける今後のプロジェクトをサポートするために、Australian Renewable Energy Agency(オーストラリア再生可能エネルギー庁)を通じてKennedy Phase Iの建設と運用から得た知見および体験をヴェスタスと共有する。

Windlabのロジャー・プライス最高経営責任者(CEO)は「Kennedy Phase Iはオーストラリアではこの種で初のプロジェクトであり、電力網の需要にほぼ匹敵する能力がある革新的で高い信頼性がある再生可能エネルギーの展開では、オーストラリアでトップを走っている。われわれはヴェスタスと優れた業務関係があり、同社の製品およびサービスの能力は難しい送電系統の連携および整合性を管理するうえで役立ち、競争的なエネルギー価格を生み出す」と語った。

Kennedy Phase Iは風力と太陽光エネルギーの補完的な組み合わせによって、より一貫性があり需要重視のエネルギー生産と、高い設備利用率を提供することができる。ヴェスタスの制御システムは風力および太陽光が一体化された発電所として連動し、給電要件に適合できる能力を提供する。

ヴェスタスのジョニー・トムセン上級副社長(製品担当)は「このプロジェクトにWindlabともに参加できる機会を得たことに感謝している。このプロジェクトによって、ヴェスタスは持続可能エネルギー・ソリューションの先頭に立つとともに、プロジェクトはヴェスタスが再生可能エネルギーをコスト競争力と給電コンプライアンスを高めるソリューションをどのように提供できるかを明示する好例でもある。複雑な給電要件への対処と、高度な発電所コントローラーの開発で35年の経験があるヴェスタスは、ハイブリッド・ソリューションでも先頭を切る基礎を擁している」と語った。

ヴェスタス・アジア太平洋のクライブ・タートン社長は「風力、太陽光、蓄電を組み合わせたハイブリッド・ソリューションはオーストラリアにとって非常に大きな可能性を秘めている。Kennedy Phase Iはオーストラリアの豊富な再生可能エネルギー資源を活用でき、これらの資源を収穫するとともに一貫性と信頼性がある電力供給を保証できるため、同国を大きく飛躍させる可能性がある。Kennedyは、Windlabのような先見の明があるパートナーとともにヴェスタスがこのソリューションを提供できることを示している」と語った。

ヴェスタスは15年間のActive Output Management 4000(AOM 4000)サービス協定も提供する。これには、風力タービンの包括的なサービスパッケージに加え、ソーラーパネル、バッテリー蓄電、電気システムの定期保守も含まれている。

ヴェスタスとQuanta Servicesとのコンソーシアムは、プロジェクトの設計、調達、建設を提供し、プロジェクトは2018年末までに稼働する予定。

このプロジェクトは、二酸化炭素排出の軽減と持続可能エネルギー生成においてクイーンズランド州北部およびオーストラリアに大きな恩恵をもたらすことを目指したWindlabの1200 MW Kennedy Energy Parkの第1段階として計画されている。

▽Windlabについて

Windlab Limitedは世界的な再生可能エネルギー開発企業であり、オーストラリア最高の科学研究所CSIROが開発した世界トップの環境モデリングと風力エネルギー評価技術を商用化するために設立された。Windlabは業界ベストプラクティス・ツールのスイートを所有し、これを独占的に活用して、世界中で極めて大きな確実性を備え大幅にリスクが少ない高品質な風力発電地帯を見つけ出し、これを効果的に開発し、資金提供し、建設し、運営する。Windlabは北米、オーストラリア、ニュージーランド、アフリカ南部で総計6766 MWの潜在能力がある開発地域のポートフォリオを保有している。Windlabはオーストラリアの風力産業の発足で基盤的な役割を果たし、現在は、アフリカ南部での産業開発をリードしている。Windlabは3大陸で1033 MWの容量を有し、それぞれのプロジェクトは現在稼働中と建設中とがある。

▽ヴェスタス(Vestas)について

ヴェスタスは持続可能エネルギー・ソリューションでエネルギー業界のグローバルパートナーである。同社は世界中の風力タービンを設計、製造、設置し、それにサービスを提供しており、75カ国に展開する85 GWの風力タービンなど、同社は最も風力発電を設置してきた。当社の業界トップのスマートデータ能力と、他に類をみないサービス中の71 GWの風力タービンを通じて、同社はデータを使って風力資源を読み取り、予想し、活用し、クラス最高の風力発電ソリューションを提供する。ヴェスタスの2万2500人以上の雇員は世界に持続可能エネルギー・ソリューションを提供し、明るい未来をつくりだす。

最新のヴェスタスの写真およびビデオはウェブサイトhttps://www.vestas.com/en/media/images を参照。

ヴェスタスに関する詳細はウェブサイトwww.vestas.com を参照するか、ソーシャルメディアでフォローを。

ソース:Vestas Asia Pacific

Windlab and Vestas partner on the world's first utility scale hybrid integrating wind, solar and storage

PR70669

SINGAPORE, Oct. 23, 2017/PRNewswire=KYODO JBN/--

A partnership between renewable energy industry leaders has announced the final

details of a project that will help accelerate the transition to an energy mix

led by renewable energy and aim to provide even more reliable and consistent

renewable energy production adapted to energy demand and grid requirements.

Developed by Australia's international renewable energy company, Windlab, with

support from Vestas, the global leader in sustainable energy solutions, the

innovative 60.2 MW Kennedy Energy Park phase I is the world's first

utility-scale, on-grid wind, solar and battery energy storage project. Designed

to supply consistent and reliable renewable electricity that can help meet

power demand in Australia, Kennedy Phase I can also shape a path forward for

how Australia and other countries can integrate more renewable energy into

their energy mix and address grid stability challenges that have been a

traditional restraint to greater uptake of renewable energy.

The project is located in Flinders Shire in central north Queensland,

Australia, which is blessed with world-class wind and solar resources. Kennedy

Phase I will feature 43.2 MW of Vestas' V136-3.6 MW wind turbines, 15 MW of

solar and 2 MW/4 MWh Li Ion battery storage, all managed by a Vestas customised

control system that will operate the hybrid power plant.

In order to support further hybrid projects in Australia, Windlab, with Vestas,

will share the knowledge and experience from building and operating Kennedy

Phase I through the Australian Renewable Energy Agency.

"Kennedy Phase I is a first of its kind of project in Australia and it will

lead the nation in the deployment of innovative, high reliability renewable

energy capable of closely matching network power demand," Windlab CEO Roger

Price said. "We have a great working relationship with Vestas, whose products

and service capabilities were instrumental in managing challenging grid

connections and compliance, and develop a competitive cost of energy."

Through the complimentary combination of wind and solar energy, Kennedy Phase I

can deliver a more constant and demand-driven energy production and increased

capacity factor. The Vestas control system will provide the capability for wind

and solar to work together as an integrated power plant and comply with grid

requirements.

"We are grateful for the opportunity to join Windlab on this project, which

places Vestas at the forefront of sustainable energy solutions and is a

testament to how we are providing solutions that make renewable energy more

cost-competitive and grid compliant. With 35 years of experience in meeting

complex grid requirements and developing advanced power plant controllers,

Vestas has the foundation to also lead the way in hybrid solutions," said

Johnny Thomsen, Senior Vice President, Product Management for Vestas.

"Hybrid solutions combining wind, solar and storage hold a huge potential for

Australia. Kennedy Phase I has the potential to leverage Australia's abundant

renewable energy resources and be a giant leap forward for the country in

reaping those resources while ensuring a consistent and reliable electricity

supply. Kennedy shows that Vestas, together with visionary partners like

Windlab, can provide the solutions," said Clive Turton, President of Vestas

Asia Pacific.

Vestas will also provide a 15-year Active Output Management 4000 (AOM 4000)

service agreement, which includes a full-scope service package for the wind

turbines as well as scheduled maintenance for the solar panels, battery storage

and electrical systems.

A consortium between Vestas and Quanta Services will deliver the engineering,

procurement and construction of the project, which is expected to be in

operation by the end of 2018.

This project is planned to be the first phase of Windlab's larger 1,200 MW

Kennedy Energy Park, which seeks to deliver significant benefits to north

Queensland and Australia in reduced emissions and sustainable energy

generation.

About Windlab

Windlab Limited is a global renewable energy development company, established

to commercialise world-leading atmospheric modelling and wind energy assessment

technology, developed by Australia's premier scientific research institute, the

CSIRO. Windlab owns and exclusively utilises this suite of industry best

practice tools to identify and efficiently develop, finance, construct and

operate high-quality wind farms around the world, with considerably greater

certainty and substantially less risk. Windlab has a portfolio of development

sites totalling 6,766 MW of potential capacity across North America, Australia,

New Zealand and Southern Africa. Windlab played a foundation role in the

creation of Australia's wind industry and is now leading the development of the

industry in Southern Africa. Windlab has 1,033 MW of capacity across three

continents, in projects either currently in operation or under construction.

About Vestas

Vestas is the energy industry's global partner on sustainable energy solutions.

We design, manufacture, install, and service wind turbines across the globe,

and with 85 GW of wind turbines in 75 countries, we have installed more wind

power than anyone else. Through our industry-leading smart data capabilities

and unparalleled more than 71 GW of wind turbines under service, we use data to

interpret, forecast, and exploit wind resources and deliver best-in-class wind

power solutions. Together with our customers, Vestas' more than 22,500

employees are bringing the world sustainable energy solutions to power a bright

future.

For updated Vestas photographs and videos, visit

https://www.vestas.com/en/media/images.

Learn more about Vestas by visiting www.vestas.com and following us on social

media.

SOURCE:  Vestas Asia Pacific

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中