Edge Computing: All Connected, All IntelligentをテーマにEdge Computing Industry Summit 2017を北京で開催

Edge Computing Consortium (ECC)

2017/11/30 11:40

Edge Computing: All Connected, All IntelligentをテーマにEdge Computing Industry Summit 2017を北京で開催

AsiaNet 71293 (1930)

【北京2017年11月29日PR Newswire=共同通信JBN】Edge Computing Consortium(ECC)が主催するEdge Computing Industry Summit 2017が29日、北京で開催された。このサミットは世界で最も影響力があるエッジコンピューティング・イベントである。今年、サミットはEdge Computing: All Connected, All Intelligent(エッジコンピューティング:すべてがコネクされ、すべてがインテリジェントに)をテーマに掲げて開催され、欧州、米国、中国から最高の業界専門家、企業リーダー、業界アナリスト、顧客600人以上が出席した。サミットはエッジコンピューティングに関する包括的な議論、最先端の革新技術、アプリケーションのデモンストレーションを行い、エッジコンピューティング・エコシステムの構築とエッジコンピューティング業界の迅速な発展を働きかけた。

▽業界発展を話し合い、エッジコンピューティングの新しい機会をつかむ

インターネットとIoTの急成長に伴い、コネクティビティー・オブ・エブリシング(あらゆるモノを接続)の時代の幕が開いた。インテリジェントなコネクティビティー・オブ・エブリシングに重点を置くことによって、エッジコンピューティングは、コネクティビティー、適時性、インテリジェンス、データ最適化、セキュリティー、プライバシー保護における業界デジタル化にとって重要なニーズに応える。現在、エッジコンピューティングは業界のデジタル変革にとって不可欠な要素になっており、業界の発展は重要なチャンスの時期に入った。

Edge Computing Industry Summit 2017には、中心フォーラムと、Edge Intelligence: Momentous Industrial Development(エッジコンピューティング:重要な業界発展)とEdge Intelligence: Making New Businesses Agile(エッジインテリジェンス:新規ビジネスをアジャイルにする)の2つの業界フォーラムが含まれる。International Data Corporation(IDC)、Industrial Internet Consortium(IIC)、Fraunhofer FOKUSの国際的な専門家に加え、ファーウェイ、Shenyang Institute of Automation of Chinese Academy of Sciences(中国科学院瀋陽自動化研究所)、インテルなどのECCメンバーが今回のサミットで、12の基調講演、16の技術共有講演を行った。企業、技術、エコシステムの観点から、講演者はエッジコンピューティング業界のトレンドと発展機会を理解し、業界のデジタル変革を推進し、コネクティビティー・オブ・エブリシングの時代で急成長を達成する方法を紹介した。

▽ビジネス実装に専念、革新的なエッジコンピューティング・アプリケーションをデモンストレーション

ECCは2016年11月30日、最初のEdge Computing Industry Summitで正式発足した。わずか1年で、154のメンバーがECCに加わった。メンバーにはスマート製造、スマートシティー、エネルギー&電力、情報通信技術(ICT)の業界のトップ企業をはじめ関連分野の研究機関、大学が含まれている。ECCは水平型のワーキンググループと垂直型の業界員会によって運営される。共用テストベッドを共同構築することによって、ECCは革新的なエッジコンピューティング・ソリューションを開発し、業界バリューを特定し、アプリケーション実装を推進、これによってECCメンバーが事業成功を達成することを支援する。現時点で、ECCは21のテストベッド・ソリューションを完成させた。

今回のサミットで、革新的なエッジコンピューティング・アプリケーションをデモンストレーションし、体験するための展示ホールが600平方メートル以上に及んだ。展示ホールでは、ファーウェイ、Shenyang Institute of Automation of Chinese Academy of Sciences、インテル、iSoftStone、ハネウェル、SIASUN、National Instruments(NI)、Works Systems、HollySys、ICE Tech、Wapwag、Sansitech、360 Enterprise Security Group、15th Research Institute of China Electronics Technology Group Corporation(CETC)、Vrgvtechが共同制作した14のテストベッドと革新的なソリューションが展示された。これは、スマート工場、スマート工作機械、製造業向けインテリジェント・ロボット、スマートセキュリティー、スマート水道、スマート電柱システム、スマートグリッド、スマート工業団地、サイバーセキュリティー、治安などの業界を対象にしている。可視化されたデモンストレーションと現場交流を通じて、この展示会はさまざまな業界向けのエッジコンピューティングの最新アプリケーションの履行とビジネス価値を訪問者にプレゼンテーションした。

▽EC-IoT開発をリードし、Edge Computing Reference Architecture 2.0(ECRA 2.0)をリリース

ECCは創設以来、システム・アーキテクチャー開発と技術ルート選択がエッジコンピューティング業界の発展にとって重要な推進力であるとみなしてきた。ECRA 2.0を使用し業界間設計を提供することによって、ECCは顧客の要件、最高の業界慣行、事業成功を志向している。さらに、政府、企業、大学、研究機関、顧客のリソースの効率化を図ることによって、ECCは技術アーキテクチャー、規格、ソリューション、アプリケーションのオープンな連携と協力を推進している。

イノベーションを推進する重要な成果であるECC Edge Computing Reference Architecture 2.0は、今回のサミットで正式リリースされた。このドキュメントは、エッジコンピューティングのコンセプト、特徴、メリットに焦点を合わせ、コンセプトの視点、機能設計の視点、開発の視点からEdge Computing Reference Architectureを詳述している。さらに、ドキュメントはモデル主導型のインテリジェントな分散型オープンアーキテクチャーを開発し、簡略化されたアーキテクチャー、自動化・可視化されたOT & ICT(OICT)施設、リソース・サービスと業界の業務要件とのインテリジェントなコラボレーションを実現することを提唱している。このようなオープン階層アーキテクチャーは、業界間のエココラボレーションの促進とエッジコンピューティングの研究開発、アプリケーション開発、業界発展を提供する製品を生み出すことに役立つ。

▽戦略的提携の実行とオープン業界エコシステムの構築

業界リソースのコラボレーションを推進し、エッジコンピューティング業界の発展をリードするため、ECCはオープン・エコシステムの構築と、サードパーティー標準規格組織および国際的な業界組織との積極的な意見交換および協力にコミットしている。ECCは現在、IIC、SDN/NFV Industry Alliance、Chinese Association of Automation(CAA)、Avnu Allianceと正式な協力関係を樹立し、標準規格の制定、共同開発、商用化推進において全面的な協力を提供している。

ECCとAlliance of Industrial Internet(AII)は今回のサミットで、戦略的協力協定に正式調印し、双方が研究報告/ホワイトペーパー、テスト・プラットフォーム/テストベッド、技術規格、市場プロモーションで将来協力すると発表した。ECCはInternational Solid State Lighting Alliance(ISA)、Telematics Industry Application Alliance(TIAA)とも戦略的協力協定に調印し、スマート照明、インテリジェント車載製品の分野におけるエッジコンピューティングのアプリケーション開発、標準規格の制定、商用化を推進する。さらに、ECCは西安電子科技大学とCAAの Edge Computing Professional CommitteeとSymposium on Edge Computing (SEC) China 2018を共催し、業界、大学、その他関連分野との情報交換と協力を提供すると発表した。SEC-China 2018はこの分野における最先端の科学研究成果を発表するプラットフォームになり、中国のエッジコンピューティングおよび業界の発展を力強く推進しよう。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20171129/2003054-1

ソース:Edge Computing Consortium (ECC)

Edge Computing: All Connected, All Intelligent - Edge Computing Industry Summit 2017 Successfully Held in Beijing

PR71293

BEIJING, Nov. 29, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

The Edge Computing Industry Summit 2017, hosted by the Edge Computing

Consortium (ECC), was held in Beijing today. The summit is the world's most

influential edge computing industry event. This year, the summit was themed on

"Edge Computing: All Connected, All Intelligent" and attracted more than 600

top industry experts, enterprise leaders, industry analysts, and customers from

Europe, the United States, and China. By facilitating the comprehensive

discussion and demonstration of cutting-edge, innovative technologies and

applications of edge computing, this summit promoted the construction of the

edge computing industry ecosystem and rapid development of the edge computing

industry.

Discussing Industry Development and Seizing New Opportunities for Edge Computing

As the Internet and IoT develop rapidly, the era of connectivity of everything

has opened the curtain. By centering on intelligent connectivity of everything,

edge computing meets the critical needs of industry digitalization in

connectivity, timeliness, intelligence, data optimization, security, and

privacy protection. At present, edge computing has become an indispensable

element in the digital transformation of industries, and industrial development

has entered a period of important opportunities.

Edge Computing Industry Summit 2017 includes a main forum and two industry

forums: "Edge Intelligence: Momentous Industrial Development" and "Edge

Intelligence: Making New Businesses Agile". International experts from the

International Data Corporation (IDC), Industrial Internet Consortium (IIC), and

Fraunhofer FOKUS, as well as ECC members including Huawei, Shenyang Institute

of Automation of Chinese Academy of Sciences, and Intel made 12 keynote

speeches and 16 technical sharing speeches at this summit. From the

perspectives of business, technology, and ecosystem, the speakers discussed how

to grasp the trends and development opportunities of the edge computing

industry, promote industrial digital transformation, and achieve rapid growth

in the age of connectivity of everything.

Devoting to Business Implementation and Demonstrating Innovative Edge Computing

Applications

On November 30, 2016, the ECC was officially founded at the first Edge

Computing Industry Summit. After only one year, 154 members have joined the

ECC. Members include leading enterprises from smart manufacturing, smart city,

energy & power, and information and communications technology (ICT) industries,

as well as research institutes and universities in related fields. The ECC is

operated through horizontal working groups and vertical industry committees. By

co-building joint test beds, the ECC develops innovative edge computing

solutions, explores industry values, and promotes application implementation,

thereby helping ECC members to achieve business success. To date, the ECC has

completed 21 test bed solutions.

At this summit, the exhibition hall spanned more than 600 square meters for

demonstrating and experiencing innovative edge computing applications. It

showcased 14 test beds and innovative solutions jointly constructed by Huawei,

Shenyang Institute of Automation of Chinese Academy of Sciences, Intel,

iSoftStone, Honeywell, SIASUN, National Instruments (NI), Works Systems,

HollySys, ICE Tech, Wapwag, Sansitech, 360 Enterprise Security Group, 15th

Research Institute of China Electronics Technology Group Corporation (CETC),

and Vrgvtech, covering industries such as smart factory, smart machine tool,

intelligent robot for manufacturing, smart security, smart water, smart pole

system, smart grid, smart industrial park, cyber security, and public security.

Through visualized demonstration and on-site interaction, the exhibition

presented visitors with the latest application practices and business values of

edge computing for various industries.

Leading EC-IoT Development and Releasing Edge Computing Reference Architecture

2.0 (ECRA 2.0)

Since its establishment, the ECC has regarded system architecture development

and technical route selection as important driving forces for the development

of the edge computing industry. Using ECRA 2.0 to provide cross-industry

designs, the ECC is oriented towards customers' requirements, best industry

practices, and business success. In addition, by streamlining resources of the

government, enterprises, academies, research institutes and customers, the ECC

promotes open cooperation and collaboration of technical architectures,

standards, solutions, and applications.

As an important achievement for driving innovations, ECC Edge Computing

Reference Architecture 2.0 was officially released at this summit. This

document focuses on the concept, characteristics, and benefits of edge

computing, and presents the Edge Computing Reference Architecture from the

concept view, function design view, and deployment view. Additionally, the

document proposes to develop a model-driven, intelligent, distributed open

architecture to achieve a simplified architecture, automated and visualized OT

& ICT (OICT) facilities, and intelligent collaboration between resource

services and industry business requirements. Such hierarchical, open

architecture helps promote cross-industry eco-collaboration and quickly

incubate products to provide guidance for R&D, application innovation, and

industry development of edge computing technologies.

Carrying out Strategic Cooperation and Building an Open Industry Ecosystem

To promote the collaboration of industry resources and lead the development of

the edge computing industry, the ECC is committed to building an open ecosystem

and actively communicating and cooperating with third-party standards

organizations and international industry organizations. Currently, the ECC has

established formal cooperation relationships with the IIC, SDN/NFV Industry

Alliance, Chinese Association of Automation (CAA), and Avnu Alliance, and

offers all-round cooperation in terms of standards formulation, joint

innovation, and commercial promotion.

At this summit, the ECC and Alliance of Industrial Internet (AII) formally

signed a strategic cooperation agreement, which announced that both parties

would cooperate in research reports/white papers, test platforms/test beds,

technical standards, and market promotion in the future. The ECC also signed a

strategic cooperation agreement with International Solid State Lighting

Alliance (ISA) and Telematics Industry Application Alliance (TIAA) to promote

application innovation, standards formulation, and commercial implementation of

edge computing in smart lighting and intelligent vehicle-mount fields. In

addition, the ECC announced that it would jointly hold Symposium on Edge

Computing (SEC) China 2018 with Xidian University and Edge Computing

Professional Committee of CAA to provide communication and cooperation with the

industry, academia, and other related fields. The SEC-China 2018 will become a

platform for publishing cutting-edge scientific research achievements in the

field, thus vigorously promoting the development of the edge computing

technology and industry in China.

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20171129/2003054-1

SOURCE: Edge Computing Consortium (ECC)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中