ソウルの「都市再生」構想が地域と市民の生活を活性化させる

Seoul Metropolitan Government

2017/12/13 10:28

ソウルの「都市再生」構想が地域と市民の生活を活性化させる

AsiaNet 71425

【ソウル(韓国)2017年12月12日PR Newswire】

*老朽化した都市インフラを「re-designed(最適化)」し市民に「re-turned(返す)」。

「都市再生」という言葉が最近世界的にも重要な話題の1つになっている。ソウル市が市のアイデンティティーを確立するため、「再開発」の代わりに「都市再生」に焦点を当て都市開発を実施した。2017年、合計131件の都市再生計画が現在ソウル市全域において実施されている。ソウル市の代表的な再生事業の中に、セウン商店街の再生、麻浦文化備蓄基地公園とソウル艦公園がある。

セウン商店街は1969年に韓国最の住商複合ビルとして建設された。それは数十年にわたり急成長する電子産業の中心地とソウルの象徴的なランドマークとしての役目を果たしてきた。しかし、1990年代後半から都心昨日の移動により次第に活気を失ってきた。ソウル市当局は商店街を再開発する案を作成したが、住民間の対立不動産市場の不況などにより計画はなかなか実現されなかった。2014年3月、ソウル市は商店街を取り壊さず保存し改修することを決めた。産業と地域共同体の活性化に向け、様々なプログラム行い「ハードウェア」と「ソフトウェア」両面からの再生が同時に実現できるよう取り組んだ。再生の意味をきちんと生かすためにビルとつながる歩行者専用橋を建設するだけでなく、スタートアップを支援するための「セウン・メーカーズキューブ」も開設した。メーカーズキューブに若手起業家が使用する29の作業部屋以外に研究・開発室、展示・体験空間なども一緒に揃っていることが大きな特徴の一つといえる。セウン商店街は、特別注文にも対応できる製造システムと最先端設備の相乗効果が期待されている。

麻浦文化備蓄基地公園は、都市再生と復元という文化価値がうまく結びついたケースだといえる。ここは1978年に緊急時に石油が供給できるよう建設され、これまで41年間立ち入りが禁止された場所だったが、2002ワールドカップのために競技場の新設が決まり2000年12月に閉鎖された。ソウル市は2013年にこの敷地を都市再生の場所として指定し、2年間の工事を経て、環境にやさしい総合文化施設に生まれ変わった。現在ここには、パフォーマンス・ホール、野外ステージ、コミュニティーセンター、その他の文化施設が設置されている。ここを再生するという意味で、6基の石油タンクや内部と外部の材料、擁壁は全て再利用した。もう1つの目立った点は、計画の初期段階から市民がリードする都市再生プロセスが採用されたことである。公園の運営もまた地域のコミュニティーが主導する調整委員会で行われる。

ソウル艦公園は2017年11月に漢江の土手に設置された多目的公園だ。6,942平方メートルのこの公園にはソウル市が海軍から無償で借りた3隻の退役艦船が展示されている。これらの艦船はできるだけ原型のまま保存するよう力を入れてきた。市民や訪問客が艦船の中に入って内部を見学できるほか、海軍将校たちの生活が体験できる機会を提供している。護衛艦「ソウル艦」は全長102メートル、幅11.6メートルで、喫水の部分を含めた全体の高さは28メートル。3階建ての、485平方メートルの情報センターから橋で艦船とつながっており、同センターの屋上にある展望デッキからはソウル艦公園の素晴らしい姿を眺めることができる。

ソウル市は、十分に利用されていないインフラを活用することで都市再生計画を実現しようと取り組んでいる。 都市再生の真の意義は、市民が誇りを持てるよう地域の歴史やコンテンツをも復元することにある。都市再生を成功させる鍵は、市民の積極的な参加や市と専門家の協力にあるだろう。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20171206/2006422-1-a

(写真説明:2つのビルを連結する頭上にある3階建ての歩行者専用橋がセウン商店街に再建された。)

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20171206/2006422-1-b

(写真説明:麻浦文化備蓄基地公園は野外ステージなど環境にやさしい総合文化施設を備えている。)

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20171206/2006422-1-c

(写真説明:ソウル艦公園は2017年11月に漢江の土手に開設された。)

(日本語リリース:クライアント提供)

Seoul's "Urban Regeneration" Initiative Revitalizes Neighborhoods and Lives of Citizens

PR71425

SEOUL, South Korea, Dec. 12, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-Outdated and obsolete urban infrastructures were "re-designed" and "re-turned"

to the citizens-

The term "urban regeneration" has recently become one of the important issues

in many cities around the world. The Seoul Metropolitan Government has started

re-turning the city's identity and carried out its urban development with

focusing on "urban regeneration," instead of "redevelopment." In 2017, a total

of 131 urban regeneration projects are currently being implemented throughout

the city. Some of the city government's representative urban regeneration

projects include Dasi (Re) Sewoon Shopping Center, Mapo Oil Tank Cultural Park,

and Seoul Battleship Park.

https://photos.prnasia.com/prnh/20171206/2006422-1-a

Caption: The three-story overhead pedestrian bridge connecting two buildings

has been restored in Sewoon Shopping Center.

The Sewoon Shopping Center was built in 1969 as the first commercial and

residential complex building in Korea. It had served as the center of the

country's burgeoning electronics industry and also a symbolic landmark of Seoul

for several decades. However, it became dilapidated and eroded the vitality

since the late 1990s. The city government made several plans to demolish and

redevelop it; however it failed to implement the plan due to conflicts between

residents and depressed real estate market. Finally in March 2014, the city

government decided to preserve and renovate, rather than tear down it. For a

better regeneration, pedestrian bridges were rebuilt to connect with the

buildings. Diverse revitalization programs were carried out between the

industry and the community, so that "hardware" and "software" regenerations can

be achieved at the same time. The three-story overhead pedestrian bridge

connecting the two building has been restored. To revitalize the Center,

"Sewoon Makers' Cube" was opened to incubate, educate and support startups.

Makers' Cube features 29 workrooms for young business startups and accommodates

research and development office for drones and smart medical devices. The

Sewoon Shopping Center will make synergistic effect through its customized

manufacturing system and its highly advanced facilities.

https://photos.prnasia.com/prnh/20171206/2006422-1-b

Caption: The Mapo Oil Depot Cultural Park has an eco-friendly cultural complex

such as an open-air stage.

The Mapo Oil Tank Cultural Park is the case of marrying urban regeneration up

with cultural values based on the restoration of the place. The Mapo Oil Depot

was built in 1978 by the Seoul Metropolitan Government to supply oil in case of

emergency and access to it is restricted for 41 years. With the construction of

the Seoul World Cup Stadium for the 2002 World Cup, it was closed down in

December 2000. The city government designated this site as a place of urban

regeneration in 2013, and transformed it into an eco-friendly cultural complex

after two years of construction. Now it features a performance hall, an

open-air stage, a community center, and other cultural facilities as well. Six

oil tanks, interior and exterior materials, and retaining walls were all reused

to regenerate the site. Another outstanding point is the fact that a

citizen-led urban regeneration process was applied from the initial stage of

the project. The operation of the park will also be made through the

co-ordination committee led by the local community.

https://photos.prnasia.com/prnh/20171206/2006422-1-c

Caption: Seoul Battleship Park opened in November 2017 at the bank of Han River.

Seoul Battleship Park is a multipurpose park opened in November 2017 at the

bank of Han River. Covering an area of 6,942m2, the Park showcases the three

decommissioned vessels rented out by the navy to the city government for free.

These vessels have been preserved their original status as much as possible,

providing a rare opportunity for citizens and visitors to go inside, look

around and experience the lives of naval officers. Frigate Seoul is 102 meters

in length, 11.6 meters in width and its total height including the submerged

part is 28 meters. The three-story information center with 485m2 in size

connects to vessels through bridges, and its rooftop observation deck provides

a magnificent view of the Seoul Battleship Park.

The Seoul Metropolitan Government implements urban regeneration projects using

underused and underutilized infrastructure. The meaning of urban regeneration

is to restore local history and memories into diverse contents for citizens to

experience them with a sense of pride. The key to success of urban regeneration

is ready to be from the active civic participation and cooperation between the

government and experts as well.

Hojin Choi

Seoul Metropolitan Government

hojin97@seoul.go.kr

SOURCE: Seoul Metropolitan Government

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中