中国国際航空、スターアライアンス、北京首都国際空港が中国国際航空の加盟10周年を記念する覚書を締結

中国国際航空(エアチャイナ)

2017/12/15 15:21

中国国際航空、スターアライアンス、北京首都国際空港が中国国際航空の加盟10周年を記念する覚書を締結

AsiaNet 71560 (2062)

【北京2017年12月14日PR Newswire=共同通信JBN】2017年12月13日、スターアライアンス(Star Alliance)の理事会(CEB)が北京で会合した。会合には、中国国際航空(エアチャイナ)のスターアライアンス加盟10周年を祝うために集まった28カ国・地域のスターアライアンス加盟航空各社が出席した。この会合で、中国国際航空、スターアライアンス、北京首都国際空港は、加盟航空会社の共同配置に関する覚書(MOU)を締結した。契約当事者は、北京首都国際空港を世界クラスのハブ空港に変え、乗客体験を徹底的に見直すために協力することで合意した。

Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20170522/1857452-1LOGO

スターアライアンスは1997年に設立された世界で初めての航空会社連合である。過去20年にわたり、スターアライアンスは急速に拡大し、設立時の加盟5社から現在は加盟28社になっている。これによりスターアライアンスは、192カ国の1330の目的地への路線を運航し、世界中の1000以上のラウンジにアクセスすることができる。加盟航空会社の路線ネットワークとラウンジを共有し、これらを同じターミナルビル内に共同立地することにより、スターアライアンスは世界中の乗客にシームレスな旅行とスムーズな航空便の接続を提供することができる。

中国国際航空は2007年、正式にスターアライアンスのメンバーになり、同社の発展における新たな章を開いた。これは中国国際航空、さらには中国の民間航空部門と世界経済との統合に拍車を掛けた。過去10年間にわたり、中国国際航空はスターアライアンスおよびその加盟社と密接に協力し、ウィンウィンの成果を達成した。路線選択と地上サービスをプールすることにより、加盟航空会社は乗客により良いサービスを提供することができる一方、コストの削減と効率の向上が可能となる。

スターアライアンス理事会(CEB)の会合で、中国国際航空副社長のジャオ・シャオハン氏は「当社のスターアライアンス加盟10周年を祝うに当たって、私は北京首都国際空港でスターアライアンスの長期的な発展を確保するためのこのイニシアチブに関与できたことを光栄に思っている。中国国際航空、スターアライアンス、北京首都国際空港は今後10年間、協力関係をさらに強化し続けることになろう」とコメントした。

スターアライアンスのクリスチャン・ドレガー氏によると「北京はスターアライアンスにとって重要なハブ空港である。さらに北京の新しい大興空港の開設は、北京首都国際空港へのわれわれのコミットメントを強化する機会を提供する。この覚書の締結は、優れた乗客体験を提供し、北京での一層の成長を達成するために必要な基盤を築くものだ」。

北京首都国際空港のドゥ・キアン氏は「これは3当事者全てにとってウィンウィンの成果である。スターアライアンスによる今回のコミットメントにより、われわれはこの空港での乗客体験を徹底的に整備するために必要なリソースを入手することが可能だ」と付け加えた。

覚書によると、3当事者は全て、北京首都国際空港の同一のターミナルビルでスターアライアンス加盟航空会社を共同配置するために協力する。さらに、カーブサイド・チェックイン、セルフサービスの手荷物預け渡し、セルフタギング・キオスクなど乗客体験を向上させるためのセルフサービスの設備・施設をさらに増やすことが合意された。空港施設を共有し、乗り換えを簡素・効率化し、加盟航空各社間の接続を改善することにより、スターアライアンスは乗客により大きな利便性を提供できることになる。

ソース:Air China

Air China, Star Alliance and Beijing Capital International Airport Conclude MOU to Mark Air China's 10th Membership Anniversary

PR71560

Air China, Star Alliance and Beijing Capital International Airport Conclude Memorandum of Understanding to Mark Air China's 10th Membership Anniversary

BEIJING, Dec. 14, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

On 13 December 2017, the Star Alliance Chief Executive Board (CEB) met in

Beijing. The meeting was attended by Star Alliance carriers from 28 countries

and regions who gathered to celebrate Air China's 10th anniversary as a member

of Star. During the meeting, Air China, Star Alliance and Beijing Capital

International Airport entered into a Memorandum of Understanding (MOU) on the

co-location of member airlines. The parties agreed to work together to

transform Beijing Capital International Airport into a world-class hub and

overhaul the passenger experience.

Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20170522/1857452-1LOGO

Star Alliance was established in 1997, and is the world's first airline

alliance. Over the past twenty years, Star Alliance has grown rapidly from its

5 founding members to its current membership of 28. This allows Star to operate

routes to 1,330 destinations in 192 countries, while enjoying access to more

than 1,000 lounges worldwide. By sharing the route networks and lounges of

member airlines and co-locating these in the same terminals buildings, Star is

able to offer seamless travel and smooth flight connections to passengers

around the world.

In 2007, Air China formally became a Star Alliance member, opening up a new

chapter in its development. This spurred the integration of Air China, and by

extension, China's civil aviation sector, with the global economy. Over the

past ten years, Air China has collaborated closely with Star Alliance and its

members to achieve win-win outcomes. By pooling route choices and ground

services, member airlines are able to provide a better service for passengers,

while cutting costs and improving efficiency.

During the Star Alliance Chief Executive Board (CEB) meeting, Zhao Xiaohang,

vice president of Air China commented, "As we celebrate our 10th anniversary as

a Star Alliance member, I am honoured to have been involved in this initiative

at Beijing Capital International Airport to secure the long-term development of

Star Alliance. Going forward, Air China, Star Alliance and Beijing Capital

International Airport will continue to deepen their cooperation as we go into

the next decade."

According to Christian Draeger from Star Alliance, "Beijing is an important hub

airport for Star Alliance. Moreover, the opening of Beijing's new Daxing

Airport presents an opportunity for us to strengthen our commitment to Beijing

Capital International Airport. The conclusion of this Memorandum of

Understanding (MOU) lays the foundation we need to provide an outstanding

passenger experience and achieve further growth in Beijing."

Du Qiang from Beijing Capital International Airport added, "This is a win-win

outcome for all three sides. With this commitment from Star Alliance, we can

obtain the resources needed to overhaul the passenger experience at the

airport."

According to the MOU, all three parties will work together to co-locate Star

Alliance carriers in the same terminal building at Beijing Capital

International Airport. In addition, it was agreed that more self-service

facilities would be added to improve the passenger experience, including

curbside check-in, self-service baggage drop-off and self-tagging kiosks. By

sharing airport facilities, streamlining transfers and improving connections

between member airlines, Star Alliance will be able to offer even greater

convenience to passengers.

SOURCE: Air China

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中