ものづくりに学生主体で挑む学生達が活動成果を発表。夢考房プロジェクト発表会開催

金沢工業大学

2018/1/22 13:30

金沢工業大学は第23回夢考房プロジェクト発表会を開催します。夢考房プロジェクトは学生達が学科・学年の垣根を越えて本格的な「ものづくり」に取り組む課外教育プログラムのひとつです。当日は13のプロジェクトの学生達が企業関係者の皆様に1年間の活動成果を発表します。発表会はどなたでも参加いただけます。

2018年1月22日

金沢工業大学

ものづくりに学生主体で挑む学生達が1年間の活動成果を発表

「第23回 夢考房プロジェクト発表会」を開催

2月24日(土) 10時~17時

金沢工業大学扇が丘キャンパス23号館

金沢工業大学は、「第23回 夢考房プロジェクト発表会」を2月24日(土)10時から17時まで扇が丘キャンパス23号館で開催します。夢考房プロジェクトの学生達が、日頃ご支援をいただいている企業関係者の皆様に1年間の活動成果を発表します。発表会はどなたでも参加いただけます。

「夢考房プロジェクト」は140を超える課外教育プログラムのひとつです。学生達が学科・学年の垣根を越えて自主的に集まり、個々の能力や知識を集結させて本格的な「ものづくり」に取り組みます。

 当日は「ソーラーカー」「エコラン」「人力飛行機」「ロボット」「ロボカップ」「義手研究開発」「建築デザイン」「メカニカルサポート」「フォーミュラカー」「小型無人飛行機」「組込みソフトウェア」「人工衛星開発」「RoboCup@H ome」の13のプロジェクトが1年の活動成果を口頭発表します。また発表の模様はUSTREAMでも配信します。当日の発表スケジュールとUSTREAMのアドレスは以下のWebをご覧ください。

http://www.kanazawa-it.ac.jp/yumekobo/project/no23 _project.html

活動成果例

■人力飛行機プロジェクト

人の力のみを動力とした人力飛行機の設計・製作・性能評価に取り組んでいます。

約半年の期間をかけて完成させた通算22機目の機体「航(わたる)」の洋上初飛行を2017年9月に能登・穴水湾で実施し、535mの飛行距離を記録しました。

同機は水平尾翼が主翼より前に付く先尾翼機という機体形状で、主翼の幅31m、重量90kgf(パイロット含む)と巨大かつ軽量です。目標としていた2kmの長距離飛行は達成できなかったものの、改善に向けたデータを得られる貴重な機会となりました。

穴水湾での洋上初飛行を実施。535m飛行した人力飛行機プロジェクト

穴水湾での洋上初飛行を実施。535m飛行した人力飛行機プロジェクト

■小型無人飛行機プロジェクト

2017年9月に東京都大田区の大森スポーツセンターで開催された同大会には、「自動操縦部門」に12チームが参加。制限時間4分間で救援物資搬送、タイムトライアル、水平旋回、8の字飛行など6つのミッションに挑戦し、チーム間で得点を競い合いました。小型無人飛行機プロジェクトは着実に得点を重ね、4,145点を挙げる高い技術力を発揮し、前年に続く連続優勝で2連覇を果たしました。

自動操縦部門で大会2連覇。小型無人飛行機プロジェクト

自動操縦部門で大会2連覇。小型無人飛行機プロジェクト

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

穴水湾での洋上初飛行を実施。535m飛行した人力飛行機プロジェクト

自動操縦部門で大会2連覇。小型無人飛行機プロジェクト

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース