ケッペル・アーバン・ソリューションズがエンビジョンとの覚書に署名

エンビジョン

2018/2/5 11:38

ケッペル・アーバン・ソリューションズがエンビジョンとの覚書に署名

AsiaNet 72151

シンガポール、2018年2月2日/PRニュースワイヤー/ --

ケッペル・コーポレーション(Keppel Corporation Limited)の完全子会社であるケッペル・アーバン・ソリューションズ(Keppel Urban Solutions Pte. Ltd)と、世界をリードするスマートエネルギー管理会社のエンビジョン(Envision)が、新たなクリーンエネルギーとスマートシティーに向けた世界の動きを推進するため、両社が互いの専門知識と資産を活用し合うという非拘束の覚書(MOU)を交わしました。

     (写真:

https://mma.prnewswire.com/media/635816/Keppel_Urban_Solutions_Envision.jpg )

ケッペル・アーバン・ソリューションズは、もののインターネット(IoT)におけるエンビジョンのテクノロジーと専門知識およびエネルギーソリューションとサービスの世界規模のエコシステムを活用して、総合都市開発と管理に向けた自社の事業とサービスを推し進める計画です。一方エンビジョンはこの提携で、業界に関するケッペル・グループの専門知識を利用し、インテリジェントIoTプラットフォーム、変革的スマートエネルギー、スマートシティー・ソリューションにおいて業界を主導する自社の立場の強化を目指しています。

ケッペル・アーバン・ソリューションズのマネージングディレクター、シンディー・リム女史は、次のように語りました。「再生可能エネルギーとインテリジェントIoTプラットフォームのリーディングプロバイダーであるエンビジョンが、新たな能力を構築して有望な市場での成長のチャンスを捉えるという志を同じくするパートナーであることを知り、嬉しく思います。ケッペル・グループの主要事業における奥深い業界知識と、持続可能なアーバンソリューションを生み出すエンビジョンのテクノロジーを一つにする、このウィンウィンの協力関係を楽しみにしています」

エンビジョンのグループ取締役、マイケル・ディン氏は、次のように述べました。「エンビジョンは、エネルギーが美しくなり得ると信じています。世界最大の問題を解決する触媒となるクリーンで、安全で、豊富なエネルギーを実現することは可能です。しかしながら、この可能性はケッペルのようなパートナーとの目的を定めた提携にかかっています。私は両社の提携の結果を楽しみにしており、スマート技術でクリーンエネルギーを次のレベルに進めるためのより一層進んだソリューションを開発できるようになると期待しています」

この提携により、ケッペル・アーバン・ソリューションズは世界最大で初のオープンソース・エネルギーIoTプラットフォームであるエンビジョンのEnOS(TM)を、シンガポールのみならず世界レベルでグループの資産と開発に統合できるようになります。EnOS(TM)は、風力および太陽光発電、エネルギー貯蔵とネットワーク、スマートビルディングや電気自動車充電など様々な領域を対象にしています。高度なセンサー、ソフトウェア・アプリケーション、強力な人工知能、データ解析技術により、家庭、地域社会、さらには都市のエネルギー施設間の相乗作用を生み出すことで、ダウンストリームの顧客需要への動的応答とアップストリームの再生可能エネルギーの供給を結び付けます。

上記の覚書が2018年12月31日までの会計年度におけるケッペル・コーポレーションの1株当たり利益と1株当たり正味固定資産に重大な影響を与える見込みはありません。

ケッペル・アーバン・ソリューションズについて

持続可能な都市化の選択肢となるソリューションのプロバイダーというケッペル・グループの目標に沿ったケッペル・アーバン・ソリューションズは、アジア太平洋の大規模プロジェクト計画・開発におけるグループの20年以上にわたる経験と強力な実績を活かした、エンドツーエンドの都市開発マスターディベロッパーです。ケッペル・アーバン・ソリューションズは、エネルギー、不動産、インフラ、接続性におけるグループの多様な能力を融合し、住みやすくスマートで持続可能なコミュニティーを作ります。

当社のサービスは、基本計画と設計、スマートユーティリティーや地域レベルの冷暖房、接続性と都市ロジスティックスなど効率的な水平インフラの開発と管理のほか、活発で魅力的なコミュニティーを作る革新的プレイスマネジメントのプログラミングなどです。クラス最高のパートナーと連携してスマートインフラのエコシステムを生み出すことのできるオープンプラットフォームを運営しています。

エンビジョンについて

エンビジョンは世界をリードするスマートエネルギーの管理会社です。エンビジョンは、100ギガワットのエネルギー資産を管理する世界最大のエネルギーIoTプラットフォーム、EnOS (TM)を所有しています。エンビジョンは、世界をリードするスマート風力タービンの会社であり、中国第2位の風力タービンメーカー、中国最大のオフショア風力ソリューションのプロバイダーです。ゾネン(Sonnen)、チャージポイント(ChargePoint)、オートグリッド(AutoGrid)、ベイズフィールド(Bazefield)などのテック企業に大口投資するエンビジョンは、世界規模のエネルギーIoTとスマートシティー・エコシステムのインテグレーターにもなりつつあります。

上海に本部を置くエンビジョンは、アジア、ヨーロッパ、南北アメリカに支社があり、デンマーク、ドイツ、米国にグローバル研究開発エンジニアリングセンターを開設しています。エンビジョンの使命は、「持続可能な未来のために問題を解決」することです。当社は誰もがクリーンで安全、手ごろな価格のエネルギー、すなわち「美しいエネルギー」を手に入れることのできる持続可能な未来を作るための先進技術の開発に尽力しています。

ソース: エンビジョン

(日本語リリース:クライアント提供)

Keppel Urban Solutions Signs MOU With Envision

PR72151

SINGAPORE, Feb. 2, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

    

    Keppel Urban Solutions Pte. Ltd., a wholly-owned subsidiary of Keppel

Corporation Limited, and Envision, a global leading smart energy management

company, have signed a non-binding Memorandum of Understanding (MOU) that will

see both companies leverage each other's expertise and resources to further the

global push for new and clean energy, and smart cities.

       (Photo:    

https://mma.prnewswire.com/media/635816/Keppel_Urban_Solutions_Envision.jpg )

    Keppel Urban Solutions intends to leverage Envision's technologies and

expertise in the Internet of Things (IoT), as well as its global ecosystem of

energy solutions and services, to advance its business and offerings for

integrated urban development and operations. For Envision, the partnership

seeks to reinforce its industry leading position in Intelligent IoT platforms

as well as transformational smart energy and smart city solutions by leveraging

the industry expertise of the Keppel Group.

    Ms Cindy Lim, Managing Director of Keppel Urban Solutions, said, "We are

pleased to have found a like-minded partner in Envision, a leading renewable

energy and Intelligent IoT platform provider, to build new capabilities and

capture growth opportunities in promising markets. We look forward to this

win-win collaboration as we combine the Keppel Group's deep industry expertise

in its key businesses with Envision's technologies to create sustainable urban

solutions."

    Mr Michael Ding, Group Executive Director of Envision, said, "At Envision,

we believe that energy can be beautiful. It is possible to achieve clean,

secure, plentiful energy, which will be the catalyst to solving the world's

biggest issues. However, this possibility hinges on purposeful collaboration

with partners like Keppel. I look forward to the exciting shared outcomes of

our partnerships, and hope that we will be able to develop even better

solutions via smart technology to take clean energy to the next level."  

    The partnership will enable Keppel Urban Solutions to integrate Envision's

EnOS(TM), the world's largest and first open source energy IoT platform, into

the Group's assets and developments globally, not just in Singapore. EnOS(TM)

covers many domains such as wind and solar energy generation, energy storage

and network, smart buildings as well as electric vehicles charging. It connects

dynamic responses to downstream customer demands with upstream renewable supply

by creating synergies across energy facilities of homes, communities and even

cities, driven by advanced sensors, software applications, powerful artificial

intelligence and data analytics technology.

    The abovementioned MOU is not expected to have any material impact on the

earnings per share and net tangible asset per share of Keppel Corporation

Limited for the financial year ending 31 December 2018.

    About Keppel Urban Solutions  

In line with the Keppel Group's goal of being a choice solutions provider for

sustainable urbanisation, Keppel Urban Solutions is an end-to-end master

developer of urban developments, leveraging the Group's more than two decades

of experience and strong track record in the planning and development of

large-scale projects in the Asia-Pacific. Keppel Urban Solutions brings

together the Group's diverse capabilities in energy, property, infrastructure

and connectivity to create highly liveable, smart and sustainable communities.

    Its offerings include master-planning and design, the development and

operation of efficient horizontal infrastructure such as smart utilities and

district-level heating and cooling, connectivity and urban logistics, as well

as innovative place management programming to create active and engaging

communities. It operates an open platform, allowing collaboration with

best-in-class partners to create smart infrastructure ecosystems.

    About Envision  

Envision is a global leading smart energy management company. Envision owns the

world's largest Energy IoT platform, EnOS(TM), which manages 100GW of

energy assets.  Envision is a global leading smart wind turbine company and is

also the second largest wind turbine manufacturer and the largest offshore wind

power solution provider in China. With major investment into leading energy

tech companies including Sonnen, ChargePoint, AutoGrid, and Bazefield etc,

Envision is also becoming an integrator of global Energy IoT & Smart City

Ecosystem.

    Headquartered in Shanghai, Envision has regional offices across Asia,

Europe, North and South Americas and has established global R&D and engineering

centers in Denmark, Germany and the United States. Envision's mission is to

"solve the challenges for a sustainable future"; the company is committed to

developing advanced technologies to create a sustainable future where everyone

has access to clean, secure and affordable energy - thus a world of "beautiful

energy".

SOURCE: Envision

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中