ソウル女子高等学校と姉妹校協定を締結

神田女学園

2018/2/26 13:00

1月30日、神田女学園中学校高等学校(千代田区/校長:高橋順子)はソウル女子高等学校(韓国ソウル特別市/校長:ヤン シンホ)と姉妹校協定を締結しました。

2018年2月26日

神田女学園中学校高等学校

神田女学園中学校高等学校(千代田区/校長:高橋順子)はソウル女子高等学校(韓国ソウル特別市/校長:ヤン シンホ)と姉妹校協定を締結

1月30日、神田女学園中学校高等学校(千代田区/校長:高橋順子)はソウル女子高等学校校(韓国ソウル特別市/校長:ヤン シンホ)と姉妹校協定を締結しました。

今後は学校間の交流を活発に行うだけでなく、日韓交流の懸け橋となるように繋がりを深めてまいりたいと考えております。

姉妹校協定締結式のあとは、本校で韓国語を履修している生徒42名と、来校したソウル女子高等学校の30名の生徒による交流会が行われました。

学んだ韓国語を使い同世代の若者とコミュニケーションをとる喜びで、いつまでも楽しい会話と笑い声が会場に響いていました。

神田女学園では、中学3年生から第2外国語(フランス語、中国語、韓国語)を学ぶことができます。

今までもお互いの学校を行き来することがありましたが、この協定を機に今までよりもさらに深い交流がスタートすることとなります。

平昌で生まれた友情が、次の東京へ繋がっていくことを期待しています。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中