アセンシアが2型糖尿病管理を大変革しうるアセンシア糖尿病チャレンジの最終選考を発表

アセンシア・ダイアビーティーズ・ケア

2018/4/4 14:12

アセンシアが2型糖尿病管理を大変革しうるアセンシア糖尿病チャレンジの最終選考を発表

AsiaNet 72929

バーゼル(スイス)、2018年4月3日/PRニュースワイヤー/ --

本日アセンシア・ダイアビーティーズ・ケア(Ascensia Diabetes Care)は、2型糖尿病管理支援のデジタル・ソリューションを追及する世界的革新コンテスト、アセンシア糖尿病チャレンジ(Ascensia Diabetes Challenge)で最終ステージに進む6候補を発表しました。6つの候補は外部の専門家とアセンシア・メディカル(Ascensia Medical)、研究開発、コマーシャル・チームのメンバーからなる審査員団が受領、選抜した116の応募から選ばれました。選ばれた企業は次に、優勝者を決定する4月の最終選考会で自らのソリューションを発表しますが、優勝者はこの後6月の米国糖尿病学会第78回科学セッション(American Diabetes Association 78th Scientific Sessions)において公表されます。

アセンシア・ダイアビーティーズ・ケアCEOのマイケル・クロスは、次のように述べました。「医療の革新の最前線にいる世界中の起業家や新興企業から応募がありました。2型糖尿病管理の多くの側面を劇的に変革するかもしれないデジタル・ソリューションを提案する応募作の質と多様性に感激しました。次は最終選考会と、非常に革新的なこれらのアイディアを聞くことを楽しみにしています」

2型糖尿病は現在、全世界で4億2500万人と推定される糖尿病患者の90%[1]に当たり、個人や医療システムへの負担が大きく、増加しつつあるため、この病気を管理する新たな革新的方法が緊急に求められています。このチャレンジでアクセンシアは、2型糖尿病管理をしやすくして糖尿病患者の生活を改善する可能性のあるデジタル・ソリューションのさらなる躍進を開発する会社や起業家の支援を目指しています。

この世界規模のチャレンジには北米、アジア、ヨーロッパから2型糖尿病管理の分野に足を踏み入れる最新技術と革新的思考を表す優秀な候補作が集まりました。審査員団が審議を重ねた結果、以下のファイナリストが選ばれました:

・フーディエント(Foodient)by ウィスク(Whisk):人工知能で動き、人と世界有数の食品小売業者とをつなぐデジタル栄養士です。2型糖尿病患者が持続可能な行動変化のため、自分の好みで、かつ栄養的に合った食品を容易に見つけられるように開発されました。https://whisk.com/

・グリコリープ(GlycoLeap)byホルムスク(Holmusk:):体重減少とヘモグロビンA1c低下を容易にするデジタル・ヘルスプログラム。専門家の指導とモバイル技術を組み合わせ、2型糖尿病患者がより健康的生活を送れるようにします。グリコリープは、データ駆動型の個人向けヘルスコーチのためのスケーラブルで魅力的、効果的なテクノロジー・プラットフォームです。https://www.glycoleap.com/

・Qストリーム(QStream):ハーバード大学医学大学院(Harvard Medical School)で開発された、2型糖尿病患者の大きな行動変化を促すチーム基盤型モバイルゲーム。Qストリームは、患者が使用すると血糖に大幅で持続的な改善が見られることが証明されています。https://qstreamhealthcare.com

・マイ・ダイアビーティーズ・コーチ(My Diabetes Coach) by マカダミアン(Macadamian):Amazon(Amazon)のアレクサ(Alexa)を使い2型糖尿病患者のケア管理を改善するボイスファーストの糖尿病管理プラットフォームです。統合型ウエアラブル機器、携帯電話、患者との対話で収集したデータが、人工知能で可能になった個人的で親身なバーチャル・コーチ体験を提供します。http://www.macadamian.com/

・パス・フィール(Path Feel) byウオーク・ウィズ・パス(Walk with Path):歩行中のユーザーにバイブで触覚的なフィードバックを提供するアクティブなフィードバック・インソールです。これは糖尿病性神経障害の人々が地面を感じてバランスを取れるように補助します。パス・フィールはコネクテッド・デジタル・ソリューションであり、インソールのデータを統合するので、ケアを個人に合わせ向上させるために使用できます。https://www.walkwithpath.com/

・エックスバード(xBird):低血糖および高血糖イベントの可能性を予測・検知するため、糖尿病患者が身に付けたスマートフォンやウエアラブル機器で集めた微小な動きを分析し、血糖値の病歴データと相互参照する医療用AIソフトウェア。このソリューションは医師と患者の双方に実行可能な洞察をもたらします。http://www.xbird.io/

6つの各ファイナリストは、アイディアのさらなる開発を支援するための賞金1万ユーロを受け取ります。最終選考会における優勝者の賞金に次いで、上位入賞者は総額20万ユーロから賞金を受け取り、アセンシア・ダイアビーティーズ・ケアとの提携の機会を得ます。

アセンシア糖尿病チャレンジ、審査員、審査基準に関する詳細情報は、こちらから:https://ascensiadiabeteschallenge.com/

編集者への注

アセンシア・ダイアビーティーズ・ケアについて

アセンシア・ダイアビーティーズ・ケア(Ascensia Diabetes Care)は世界的な糖尿病治療専門企業であり、糖尿病患者を支援することに専念してます。同社の使命は、生活を簡素化し改善する革新的ソリューションを通じて、糖尿病患者を力づけることです。同社は自社のイノベーションと糖尿病に関する専門知識を利用して、糖尿病患者に前向きの日々の違いをもたらす高品質のソリューションとツールを開発しています。

世界的に知られている血糖値モニター・システムCONTOUR(TM)ポートフォリオを持つ同社製品は、先進的なテクノロジーと糖尿病患者の症状管理を支援するユーザーフレンドリーな機能を結合しています。同社は継続的な研究、イノベーション、新しい製品とソリューションの開発にコミットしています。糖尿病コミュニティーの信頼されるパートナーとして、同社は健康管理専門家やその他パートナーと緊密に協力して、自社製品が確実に最高基準の精度、精密性、信頼性を満たし、確実に法を順守し誠実にビジネスを行うことを保証しています。

アセンシア・ダイアビーティーズ・ケアは、Bayer Diabete Careのパナソニックヘルスケアホールディングスへの売却を通じて、2016年に設立されました。アセンシア・ダイアビーティーズ・ケアの製品は125カ国以上で販売されています。同社従業員は約1700人、31カ国に事業拠点があります。

アセンシア糖尿病チャレンジ、審査員、審査基準に関する詳細情報は、

https://ascensiadiabeteschallenge.com/をご覧ください。

メディアお問合せ先:

Joseph Delahunty

電子メール: joseph.delahunty@ascensia.com  

参照

1. IDFダイアビーティーズ・アトラス第8版(2017年)

ソース:アセンシア・ダイアビーティーズ・ケア

(日本語リリース:クライアント提供)

Ascensia Announces Finalists for the Ascensia Diabetes Challenge Who Have the Potential to Revolutionize Type 2 Diabetes Management

PR72929

BASEL, Switzerland, April 3, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

    

    Today, Ascensia Diabetes Care has revealed the six entries that will

progress to the finalist stage of the Ascensia Diabetes Challenge, a global

innovation competition that is seeking digital solutions to support type 2

diabetes management. The six finalists were selected from 116 submissions that

were received and were chosen by a panel consisting of external experts and

members of the Ascensia Medical, R&D and Commercial teams. The selected

companies will now present their solutions at the finalist event in April to

determine the winner, which will subsequently be announced at the American

Diabetes Association 78th Scientific Sessions in June.

    "We've received entries from entrepreneurs and start-ups around the world

who are at the forefront of healthcare innovation. We have been delighted by

the quality and variety of the submissions we have received, which offer

digital solutions that could revolutionize a number of aspects of type 2

diabetes management," stated Michael Kloss, CEO of Ascensia Diabetes Care. "We

are now looking forward to the finalist event and hearing more about these

truly innovative ideas."

    With type 2 diabetes currently accounting for around 90% of the estimated

425 million people with diabetes globally[1], new innovative ways to manage

this condition are urgently required to meet the substantial and growing burden

to the individuals and our healthcare systems. Through the challenge, Ascensia

is looking to support the companies and entrepreneurs developing the next leap

forward in digital solutions that could facilitate better type 2 diabetes

management and improve the lives of people with diabetes.

    This global challenge attracted a high calibre of submissions from across

North America, Asia and Europe, representing some of the latest technology and

innovative thinking entering the field of type 2 diabetes management. After

much deliberation by the judging panel, the following finalists were selected:

  

    - Foodient by Whisk: An artificial intelligence powered Digital Dietician

that connects people to the world's leading grocery retailers. It is being

developed to help type 2 diabetes patients easily find food they love and is

nutritionally tailored, so that they can make sustainable behaviour change.

https://whisk.com

    - GlycoLeap by Holmusk: A digital health program that is a simpler way to

lose weight and lower A1c. It combines expert human coaching with mobile

technology to empower people with type 2 diabetes live a healthier life.

GlycoLeap is powered by a scalable, engaging and effective technology platform

for data-driven, personalised health coaching. https://www.glycoleap.com

    - QStream: A team-based mobile game developed at Harvard Medical School

that can prompt meaningful behavior change in people with type 2 diabetes.

QStream is proven to generate significant and sustained improvements in blood

glucose control among patients who use it. https://qstreamhealthcare.com

    - My Diabetes Coach by Macadamian: A voice first diabetes management

platform that uses Amazon's Alexa to help those with type 2 diabetes better

manage their care. The data captured through an integrated wearable device, a

mobile phone, and dialogue with the patient provides a personal and empathetic

virtual coaching experience that is enabled through artificial intelligence.

http://www.macadamian.com

    - Path Feel by Walk with Path: An active feedback insole that provides

vibrational, or haptic, feedback to the user during walking. This can aid

people with diabetic neuropathy in being able to feel the ground and achieve

balance. Path Feel is a connected digital solution and integrates data from the

insole, which can be used to personalise and enhance care.

https://www.walkwithpath.com

    - xbird: Medical artificial intelligence software that analyzes

micro-movements, collected by smartphones and wearables worn by people with

diabetes, and cross references them with historical blood glucose data in order

to predict and detect potential hypo- and hyperglycaemic events. The solution

creates actionable insights for both doctors and patients. http://www.xbird.io

    The six finalists will all receive a EUR10,000 cash prize to support the

further development of their ideas. Following the finalist event, prizes for

the winners and runners-up will be awarded from the total prize fund of

EUR200,000, with the opportunity to partner with Ascensia Diabetes Care.

    For further information on the Ascensia Diabetes Challenge, the judges and

judging criteria, please visit: https://ascensiadiabeteschallenge.com.

    Notes for Editors

    About Ascensia Diabetes Care

    Ascensia Diabetes Care is a global specialist diabetes care company,

dedicated to helping people living with diabetes. Our mission is to empower

people living with diabetes through innovative solutions that simplify and

improve their lives. We use our innovation and specialist expertise in diabetes

to develop high quality solutions and tools that make a positive, daily

difference for people with diabetes.

    Home to the world renowned CONTOUR(R) portfolio of blood glucose monitoring

systems, our products combine advanced technology with user-friendly

functionality that help people with diabetes to manage their condition. We are

committed to continued research, innovation and development of new products and

solutions. As a trusted partner in the diabetes community, we collaborate

closely with healthcare professionals and other partners to ensure our products

meet the highest standards of accuracy, precision and reliability, and that we

conduct our business compliantly and with integrity.

    Ascensia Diabetes Care was established in 2016 through the sale of Bayer

Diabetes Care to Panasonic Healthcare Holdings Co., Ltd. Ascensia Diabetes Care

products are sold in more than 125 countries. Ascensia Diabetes Care has around

1,700 employees and operations in 31 countries.

    For further information on the challenge, judges and judging criteria,

please visit: https://ascensiadiabeteschallenge.com .

    Media contact:

    Joseph Delahunty (joseph.delahunty@ascensia.com )

    References

    1. IDF Diabetes Atlas (2017)

Source: Ascensia Diabetes Care

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中