Hortonworks DSSはエンタープライズによるクラウド、データレイクのデータ発見・確認・セキュリティー・コネクトを実現

Hortonworks, Inc.

2018/4/18 10:04

Hortonworks DSSはエンタープライズによるクラウド、データレイクのデータ発見・確認・セキュリティー・コネクトを実現

AsiaNet 73104 (0671)

【サンタクララ(米カリフォルニア州)、ベルリン2018年4月17日PR Newswire=共同通信JBN】DATAWORKS SUMMIT BERLIN-グローバル・データマネジメントの大手プロバイダーであるHortonworks, Inc.(R)(http://www.hortonworks.com/ )(NASDAQ: HDP)は17日、ビッグデータ・リポジトリーにあるデータアセットに一貫したセキュリティーとガバナンスをエンタープライズに提供する新サービスHortonworks Data Steward Studio(DSS)を発表した。企業はDSSによって、信頼できるデータ水準を確認・評価し、セキュアなコラボレーションを実行し、自信をもってエンタープライズのデータを民主化することができる。言い換えれば、企業はこれによって、データレイクが自社データセンターにあってもクラウドにあっても、データレイク全体に現存するデータのより多くからさらに優れたインサイトを抽出することができる。DSSはグローバル・データマネジメント向けのエンタープライズグレード・プラットフォームであるHortonworks DataPlane Service(https://hortonworks.com/products/data-services/ )の一部として利用できる2番目のサービスである。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/542818/HORTONWORKS_Logo.jpg

Forrester(注1)は「データ量が増大することで、インテグレーション、セキュリティー、キュレーション、アドミニストレーション、ガバナンスの問題が新たに生じている。ビジネスユーザーは正確なビジネス決定を下すためにリアルタイムの信頼できるデータを必要とする一方、テクノロジー・マネジメントはアドミニストレーションを簡略化しコストを軽減することを望んでいる」と指摘している。エンタープライズのデータアセットは自社データセンターやクラウドに保存されていれば、リポジトリーは信頼を置いて効果的に分析することを困難にするさまざまなデータスライスを含んでいる可能性がある。ビジネスユーザーの価値を高めるためにデータを分析するのではなく、データの確認、クレンジング、インテグレーションにあまりにも多くの時間が割かれている。さらに、EU一般データ保護規則(GDPR)の施行によって、データ経歴の総合的な所見がかつてなく重要になっている。

DSSは、直感的なユーザー体験を通じてデータおよびそのコンテクストを検出し、キュレートし、コラボレートし、セキュアにし、リポートする強力な能力を情報スチュワード、データサイエンティスト、ビジネス・アナリスト、データエンジニアに提供することによって、これらの課題の解決に寄与する。顧客は極めて重要なデータアセットを集約するデータレイクのデータを総合的に一覧でき、主要なデータ状況を理解するための時間を短縮するとともに、リスクも軽減できる。アナリストおよびデータサイエンティストを含むビジネスユーザーはDSSによって、データをクレンジングしたりデータのインテグリティーを懸念したりすることなく、確信をもって貴重なビジネスインサイトを見つけるために時間を割くことができる。DSSは以下の恩恵を顧客にもたらす。

*ビジネスの分類、目的、必要とされる保護などさまざまな基準に基づきデータをグロ-バルに体系化し、キュレートする

*ビジネス・アナリストおよびデータサイエンティストが分類、検索することができるように、個人ないしは機密のデータを発見し、目録化し、検索する

*データ発生源、バリュー、保護レベル、機密性、機能効能などの特性によってグループ化されたアセット・コレクションによってマネジメントおよびアドミニストレーションを簡略化する。

*データ系列とインパクトを分析し、データ専門家がGDPRに準拠することに寄与する。

*エンタープライズ全体にわたる認証環境の明確な理解と、セキュリティーポリシー、データ保護状況、定義されたあらゆる匿名化規則の単一ビューのためのデータおよびメタデータのセキュリティーを確保する。

Hortonworksのスコット・グノー最高技術責任者(CTO)は「多数のデータレイクにあるさまざまなデータタイプからインサイトを見つけ出すには、データアセットにおいて系統づけし、品質を向上させ、冗長性をなくす多大な努力が必要とされる。今日のグローバルビジネスの展開スピードを考慮すると、われわれのエンタープライズ顧客はエンタープライズ・データレイクにあるデータタイプを一貫して理解し、コネクトし、セキュアにし、管理する、より迅速で容易な方法を必要としている。顧客が短い時間でデータを確信できることを可能にするのはDSSだけであり、その結果、データサイエンティストがデータを分析し、真価を抽出できるより多くの機会が生まれる」と語った。

DSSは1つのサービスとして設計され、Apache AtlasやApache Rangerなどのオープンソース・テクノロジーを活用し、異機種環境で最新のデータアーキテクチャーのバリューを共有し、それを拡張する。DSSに関する詳細はウェブサイトhttps://hortonworks.com/products/data-services/ を参照。

▽Data Lifecycle Managerアップデート

Hortonworksはグローバル・データマネジメントのビジョンをさらに推進するため、ハイブリッド・クラウド・リプリケーションの前提で提供するData Lifecycle Manager(DLM)へのアップデートも行う。この新しいDLMバージョンは物理的なプライベート・ストレージおよびパブリック・クラウド環境でシームレスにデータをカプセル化し、コピーできるようにし、全面的なデータモビリティーは適切な環境にあり適切に使用される適切なワークロードを実現する。

DSSは現在、テクニカルプレビューすることができる。DSSの一般公開バージョンおよびDLMの次のバージョンは2018年第2四半期に予定されている。リリース期日は予告なしに変更される。

▽Hortonworksについて

Hortonworksはエンタープライズグレードのグローバル・データマネジメント・プラットフォーム、サービス、ソリューションの大手プロバイダーで、フォーチュン100の半数以上に、すべてのタイプのデータから実行可能なインテリジェンスを提供する。Hortonworksはオープンソース・コミュニティーでの革新を推進することにコミットし、エンタープライズ顧客に独自のバリューを提供している。Hortonworksはパートナーとともに技術、専門知識、サポートを提供し、それによりエンタープライズ顧客は最新のデータアーキテクチャーを導入することができる。詳細はウェブサイトhttp://www.hortonworks.com/ を参照。

Hortonworks、HDPは米国その他の管轄地域で、Hortonworks Inc.とその子会社の登録商標または商標である。詳細はウェブサイトwww.hortonworks.com を参照。他のすべての商標はそれぞれの所有者の財産である。

(注1)Big Data Fabric Drives Innovation and Growth, Forrester Research, Inc., March 8, 2016

▽問い合わせ先

John Roehm

+1(408)809-0773

comms@hortonworks.com

ソース:Hortonworks, Inc.

Hortonworks Data Steward Studio Allows Enterprises to Find, Identify, Secure and Connect Data Across Cloud and On-Prem Data Lakes

PR73104

SANTA CLARA, California and BERLIN, April 17, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

DATAWORKS SUMMIT BERLIN - Hortonworks, Inc.(R) ( http://www.hortonworks.com/ )  

(NASDAQ: HDP), a leading provider of global data management solutions, today

announced Hortonworks Data Steward Studio (DSS), a new service that gives

enterprises consistent security and governance for data assets across big data

repositories. With DSS, businesses will be more able to identify and evaluate

trust levels of their data, collaborate securely, and democratize data across

the enterprise with confidence. This, in turn, allows businesses to derive

better insights from more of the data living in all of their data lakes,

whether they are located in on-premises data centers or in the cloud. DSS is

the second service to be available as part of the Hortonworks DataPlane Service

( https://hortonworks.com/products/data-services/ ), an enterprise-grade

platform for global data management.

Logo -  https://mma.prnewswire.com/media/542818/HORTONWORKS_Logo.jpg

According to Forrester [1], "Increasing data volume is creating new challenges

in integration, security, curation, administration, and governance. Business

users want real-time trusted data to make accurate business decisions, while

technology management wants to simplify administration and lower costs." And

when enterprises' data assets are stored in multiple clusters both in

on-premises data centers and in the cloud, repositories may contain different

slices of data making it difficult to trust and analyze effectively. Too much

time is spent identifying, cleaning and integrating the data instead of

analyzing it to add value for business users. Additionally, with the arrival of

the General Data Protection Regulation (GDPR), a comprehensive view of data

lineage has never been more important.

DSS helps solve these challenges by providing information stewards, data

scientists, business analysts and data engineers with robust capabilities to

find, curate, collaborate, secure and report on data and its context through an

intuitive user experience. Customers can now get a comprehensive view of their

data across data lakes that aggregates critical data assets, reducing the time

it takes to understand key data aspects while reducing risk. With DSS, business

users including analysts and data scientists have more freedom to confidently

invest time in uncovering valuable business insights instead of cleansing data

and worrying about the data's integrity. DSS gives customers the following

benefits:

    -- Organize and Curate Data Globally based on a variety of criteria,  

       including business classifications, purpose, protections needed and

       more.

    -- Discover, Catalog and Search personal or sensitive data so that it can

       be classified and searched by business analysts and data scientists.

    -- Simplify Management and Administration via asset collections grouped by

       characteristics such as data origin, value, protection level,

       sensitivity or functional use.

    -- Analyze Data Lineage and Impact to help data professionals comply with

       GDPR.

    -- Secure Data and Metadata for a clear understanding of enterprise-wide

       authorization landscape and a single view of security policies, data

       protection status and any anonymization rules that have been defined.

"Uncovering insights from diverse data types across multiple data lakes

requires substantial amounts of effort to establish lineage, improve quality

and eliminate redundancies across data assets," said Scott Gnau, chief

technology officer at Hortonworks. "Given the speed at which global business

runs today, our enterprise customers need a faster and easier way to

understand, connect, secure and govern data types consistently across

enterprise data lakes. DSS will uniquely allow customers to achieve confidence

in their data in less time and therefore create more opportunity for data

scientists to analyze and extract the true value of their data."

DSS is delivered as a service and leverages open source technologies, such as

Apache Atlas and Apache Ranger, to share and extend the value of a modern data

architecture in heterogeneous environments. For more information about DSS,

please visit https://hortonworks.com/products/data-services/.

Data Lifecycle Manager Updates

To further enhance its vision for global data management, Hortonworks is also

introducing updates to Data Lifecycle Manager (DLM) which delivers on the

promise of hybrid cloud replication. The new version of DLM allows data to be

encapsulated and copied seamlessly across the physical private storage and

public cloud environments for full data mobility to enable the right workloads

in the right environment for the right use case.

A technical preview of DSS is available now. The generally available version of

DSS and the next version of DLM are slated for Q2 2018.  Release dates subject

to change without notice.

About Hortonworks

Hortonworks is a leading provider of enterprise-grade, global data management

platforms, services and solutions that deliver actionable intelligence from any

type of data for over half of the Fortune 100. Hortonworks is committed to

driving innovation in open source communities, providing unique value to

enterprise customers. Along with its partners, Hortonworks provides technology,

expertise and support so that enterprise customers can adopt a modern data

architecture. For more information, visit https://www.hortonworks.com.

Hortonworks and HDP are registered trademarks or trademarks of Hortonworks,

Inc. and its subsidiaries in the United States and other jurisdictions. For

more information, please visit https://www.hortonworks.com. All other

trademarks are the property of their respective owners.

[1] Big Data Fabric Drives Innovation and Growth, Forrester Research, Inc.,

March 8, 2016

Hortonworks Contact

John Roehm

+1(408)809-0773

comms@hortonworks.com

SOURCE: Hortonworks, Inc.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中