ファーウェイがデジタルプラットフォームを通じて企業の「神経細胞」にインテリジェンスを吹き込む

ファーウェイ(Huawei)

2018/4/18 17:57

ファーウェイがデジタルプラットフォームを通じて企業の「神経細胞」にインテリジェンスを吹き込む

AsiaNet 73120 (0679)

【深セン(中国)2018年4月17日PR Newswire=共同通信JBN】ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネスグループ(Huawei Enterprise Business Group、EBG)は、Huawei Global Analyst Summit 2018で、企業全体のインテリジェンスの向上とデジタル・トランスフォーメーションの促進に向けた事業部門の組織および機能の各要素への人工知能(AI)実装に関する同社の理解、アプローチ、実務を紹介した。

Citi Researchの最新データによると、ファーウェイEGBがサービスを提供する主要業界(政府、公益事業、銀行、製造、輸送を含む)は、2016年から2019年にかけてAI投資を2倍から5倍に増加させる。しかし、企業の工業志向AIアプリケーションには大きな課題がある。ファーウェイの見解では、あらゆるAIアプリケーションをサポートする大幅なAIの技術的ブレークスルーが達成されたという事実にもかかわらず、大半の企業のAIアプリケーションは依然、サイロ化、単機能、断片化、雑多な状況であり、企業の組織および機能の各要素のインテリジェント化をサポートすることはできない。われわれは実績がある工業志向AIアプリケーションの不足を目撃してきた。

photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180417/2107216-1

キャプション:HAS 2018で基調講演するファーウェイ・エンタープライズ・ビジネスグループのヘン・チー最高マーケティング責任者

ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネスグループのヘン・チー最高マーケティング責任者は「Infusing Intelligence into Enterprise "Neurons" Through Digital Platforms(デジタルプラットフォームを通じて企業の「神経細胞」にインテリジェンスを吹き込む)」と題する基調講演の中で、企業組織のインテリジェンスをサポートし、工業志向AIアプリケーションを開発するためには以下の条件が満たされなければならないと語った。

1. 工業志向AIアプリケーションの系統的な発展をサポートできるプラットフォーム

2. 深い業界理解とAIテクノロジーの組み合わせ

3. ビジネス慣行に基づく継続的な最適化と向上

組織ないしは機能の各要素は、企業のデジタル神経細胞である。ファーウェイの事業部門にAIを応用した企業の業務および体験から得た深い業界理解に基づき、われわれは、デバイスとクラウドの相乗効果を生み出すデジタルプラットフォームを構築し、企業のデジタル神経細胞の1つ1つに組み込み、企業および組織のインテリジェント化を体系的に促進し、完全にコネクテッドでインテリジェントな世界を構築すること目指している。まずファーウェイはデバイス、クラウド、AI対応のレイヤーを含むさまざまなレイヤーでAI製品とソリューションを提供し、AIアプリケーション向けの完全なプライベート基盤を形成する。同時に、ファーウェイとそのパートナーは緊密に協力してそれぞれの長所を活用する。パートナーはAIアプリケーションとアルゴリズムを提供する一方、ファーウェイはAIチップ、強化されたICTインフラストラクチャー、AI対応モジュールを通じてAIをサポートする完全なデジタルプラットフォームを提供する。3番目に、「パラシュートを製造する企業が最初にそれを試すように、まず自社にAIを応用すべきである」との原則に基づき、われわれはAIを導入してデジタル・ファーウェイ・プロジェクトを通じて業務効率を向上させる。これに加え、われわれは大手業界顧客と協力して業界におけるAIアプリケーションの経験を培っていく。ファーウェイとそのパートナーは数々の成功物語を間違いなく実現してきた。

▽ファーウェイAIソリューション独自の優位性-デバイスとクラウドの相乗効果を生むICTデジタルプラットフォーム

ファーウェイはチップ、アルゴリズム、アーキテクチャー設計などのコア能力に基づき、デジタルプラットフォームを構築し、AIチップ/ターミナル、コンピューティング/ストレージ/通信をサポートするAIで強化したクラウドインフラストラクチャー、ビッグデータ・プラットフォーム、ビデオクラウドPaaS、エンタープライズ・インテリジェンス(EI)を含むAI対応プラットフォームを提供してきた。デバイスとクラウドの相乗効果を生むこのデジタルプラットフォームは、サプライチェーン、流通、研究開発、市場、金融、ガバナンス分野などの事業のデジタル神経細胞にパートナーが開発したAIアプリケーションを体系的に組み込むことができ、エンタープライズのデジタル・トランスフォーメーションをすべての面において促進する。ファーウェイは業界をリードするICTデジタルプラットフォームによって最高のAIアプリケーション性能を提供し、アプリケーション開発を容易にし、迅速なアプリケーション・リリースを実現することを目標にしている。

▽「教えていることを実践する」-AIでデジタル・ファーウェイを構築

ファーウェイは、サプライチェーン管理、流通、金融、内部監査などの業務分野にAIを応用し、自社の業務効率と品質を向上させる。サプライチェーンにおけるAIを例に挙げると、ファーウェイは流通管理やデジタル倉庫にAIを応用し、過去の出荷データ、全体のシステム設定、基本的なタリーおよびパッケージ・ルールを機械学習モデルに提供し、システムが新しいコードに基づく警告情報を生み出すことを可能にする。このようにして、推定確度は30%から80%に高まった。さらに、AIは集荷経路を最適化し、効率性を30%以上改善している。AIはトラックの荷積みと荷降ろしも最適化し、車両ごとに処理する混載発注の数を5倍以上に増やすことができる。AIはコンテナ検知・識別サービス時間も短縮し、効率を10倍以上向上させる。これらを実行に移すことで、従来の流通事業のデジタル・トランスフォーメーションを加速する。

▽業界理解とAIテクノロジーを組み合わせ、工業志向AIアプリケーションを通じて価値を生み出す

スマートシティーの建設におけるAIアプリケーションを例に挙げると、ファーウェイのAI対応ビデオ・クラウドソリューションは業界初の全面的なクラウドアーキテクチャーを完備している。これはハイブリッドクラウド上にある数百のAIアルゴリズムを活用し、世界中でのビデオ共有、リモートブラウジング、リモート検索を提供し、公共安全の分野で多数のブレークスルーを可能にする。このソリューションは事件解決率を50%向上させ、交通事故を18%減らした。ファーウェイは法執行とビッグデータ・ベース政策決定を支援するために交通管理システムにAIを応用し、これによって法執行の効率を34%向上させ、交通警官による交通規則の点検作業を47%軽減し、車両の平均待ち時間を24%短縮した。

ファーウェイはパートナーと協力してそれぞれの事業部門のデジタル・トランスフォーメーションを推進し、完全にコネクテッドでインテリジェントな世界を構築するつもりである。

Huawei Global Analyst Summit 2018は4月17日から19日まで深センで開催される。詳細はウェブサイトhttp://www.huawei.com/minisite/has2018/en/ を参照。

ソース:Huawei

Huawei: Infusing Intelligence into Enterprise "Neurons" Through Digital Platforms

PR73120

SHENZHEN, China, April 17, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/--

At Huawei Global Analyst Summit 2018, Huawei Enterprise Business Group (EBG)

shared its understanding, approach, and practices of infusing artificial

intelligence (AI) to each organization and functional module of an enterprise

to improve the overall enterprise intelligence and accelerate digital

transformation.

Recent data from Citi Research show that from 2016 to 2019, the major

industries that Huawei EBG serves (including government and public utilities,

banking, manufacturing, and transportation) will increase their AI investment

by two to five times. However, great challenges persist in industry-oriented AI

application in enterprises. According to Huawei's observation, despite the fact

that tremendous AI technical breakthroughs have been made to support a full

range of AI applications, AI applications of most enterprises are still siloed,

mono-functional, fragmented, and general, and cannot support the

intelligentization of enterprise organizational and functional modules. We have

witnessed a shortage of proven Industry-oriented AI applications.

photo-https://photos.prnasia.com/prnh/20180417/2107216-1

caption:Heng Qiu, Chief Marketing Officer of Enterprise Business Group, Huawei,

made a keynote speech in the HAS 2018

Heng Qiu, Chief Marketing Officer of Enterprise Business Group, Huawei, pointed

out in his keynote speech titled Infusing Intelligence into Enterprise

"Neurons" Through Digital Platforms that to systematically support the

intelligence of enterprise organizations and develop Industry-oriented AI

applications, the following conditions must be met:

    1. platforms that can support the systematic growth of Industry-oriented AI

       applications;

    2. combination of deep industry understanding and AI technologies;

    3. continuous optimization and improvement based on business practices.

Each organization or functional module is a digital neuron of an enterprise.

Based on the deep industry understanding gained from enterprise businesses and

experience of applying AI in Huawei's business operations, we aim to build a

digital platform with device-cloud synergy to inject AI into each enterprise

digital neuron, systematically fuel the intelligentization of each enterprise

and organization, and build a fully connected, intelligent world. First, Huawei

provides AI products and solutions at various layers, including the device,

cloud, and AI enablement layer, to form a complete platform base for AI

applications. At the same time, Huawei and its partners work closely together

and leverage each other's strengths. Partners provide AI applications and

algorithms while Huawei provides a complete digital platform that supports AI

through AI chips, enhanced ICT infrastructure, and AI enablement modules.

Third, based on the principle that "we should first apply AI in our own

company, just like those who produce parachutes try them out first", we adopt

AI to improve our operations efficiency through the Digital Huawei project. On

top of this, we work with leading industry customers to accumulate experience

in AI application in industries. Huawei and its partners have by far achieved

several success stories.

Unique Advantage of Huawei AI Solution -- ICT Digital Platform with

Device-Cloud Synergy.

Based on core capabilities such as chips, algorithms, and architecture design,

Huawei has built a digital platform to provide AI chips/terminals, AI-enhanced

cloud infrastructure that supports computing/storage/communications, and AI

enablement platform including the Big Data platform, video cloud PaaS, and

enterprise intelligence (EI). The digital platform with device-cloud synergy

can systematically inject the AI applications developed by partners into the

digital neurons of enterprises, such as the supply chain, delivery, R&D,

market, finance, and governance domains, to promote enterprises' digital

transformation in an overall manner. With an industry-leading ICT digital

platform, Huawei aims to provide the best AI application performance and

experience, simplify application development, and enable quick application

release.

"Practice What One Preaches" -- Building Digital Huawei with AI

Huawei applies AI to business domains such as supply chain management,

delivery, finance, and internal audit to improve internal operations efficiency

and quality. Take the AI application in the supply chain as an example. Huawei

applies AI to logistics and digital warehousing, feeds machine learning models

with the historical shipment data, overall system configuration, and basic

tally and packaging rules, and enables systems to generate warning information

based on new codes. In this way, the estimation accuracy has been increased

from 30% to 80%. In addition, AI can optimize picking routes, improving the

efficiency by more than 30%. AI can also optimize loading and unloading

operations of trucks, increasing the number of mixed orders processed per

vehicle by more than five times. AI also shortens the container detection and

identification service time, improving the efficiency by over 10 times. These

practices accelerate the digital transformation of traditional logistics

enterprises.

Combining Industry Understanding with AI Technologies to Create Value Through

Industry-oriented AI applications

Take the AI application in Smart City construction as an example. Huawei

AI-enabled video cloud solution has the first all-cloud architecture in the

industry. It leverages hundreds of AI algorithms on hybrid clouds to provide

global video sharing, remote browsing, and remote retrieval, making multiple

breakthroughs in the public safety field. This solution has improved the case

resolution rate by 50% and reduced the public traffic accident rate by 18%.

Huawei has applied AI to traffic management systems for assisting law

enforcement and Big Data-based decision-making, thereby improving law

enforcement efficiency by 34%, decreasing the manual review workload of traffic

police by 47%, and reducing the average vehicle waiting time by 24%.

Huawei expects to work with partners to drive digital transformation of each

enterprise and build a fully connected, intelligent world.

Huawei Global Analyst Summit 2018 will be held in Shenzhen from April 17 to

April 19. For more information, please visit

http://www.huawei.com/minisite/has2018/en/.

Source: Huawei

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中