AIスピーカー対応の宿泊施設向け予約管理システム「パグーロ」6月25日リリース

AIスピーカーに対応し、声で予約の確認などができる次世代型のクラウド型・宿泊管理システム「パグーロ」が、2018年6月25日リリース(6月5先行受付開始) クレジットカードがあればすぐに利用可能! 申込時、最大3ヶ月無料! Google Home Mini プレゼント(終了限定先着順・付帯条件あり)

2018年6月5日

有限会社グリーンフラグ

AIスピーカー対応の
宿泊施設向け予約管理システム
「パグーロ」
6月25日 リリース

有限会社グリーンフラグ(東京都品川区西五反田・代表取締役 武井康浩)は、声で操作ができる宿泊施設向け予約管理システム「パグーロ」を2018年6月25日にリリースします。(6月5日より先行受付開始)

宿泊管理システム「パグーロ」 https://www.paguro.work/


「パグーロ」は、有限会社プラマーコム(静岡県伊豆市)が開発した宿泊施設向け予約管理システムであり、前身の「Hermit Club」(導入実績約200施設)で、ご要望の多かったクラウド化に対応したものです。
この度、有限会社グリーンフラグでは、専属のフロント係がいない小規模な宿泊施設向けに、「手軽に予約の確認をしたい」というご要望にお応えするため、Google Home※を使った音声での操作を可能にしました。

最近では大手インターネットサイトからの予約も増え、「パグーロ」のような連動型のシステムを用いることで、予約情報を自動的に取り込むことができますが、予約の確認のためにはシステムを開いたり、あるいはメールをチェックしたりという煩わしさがありました。また、急な予約やキャンセルなど、食材の調達にも影響するため、外出先からも簡単に確認したいというご要望もありました。

Google Home※のエンジンであるGoogle Assistant※は、スマートフォンなどでも利用可能で、パソコンを使う必要もなく、両手が塞がった状態でも、音声で簡単に操作ができます。また、予約の確認だけでなく、予約の登録や、ルームサービスの登録なども行えます。さらに、操作できる範囲は順次拡大予定です。

今後、有限会社グリーンフラグでは、Google Home※を客室にも設置し宿泊客自身が利用可能なサービスを展開予定。インバウンド需要にも応える様々なオプションも企画しています。また、「パグーロ」はクラウドシステムで、クレジットカード1枚ですぐに利用可能ですが、より細かいサービスを提供するため全国に代理店を募集します。
「民泊に負けない宿づくり」をスローガンに、「パグーロ」を中心としたサービスの拡充を図っていきます。

※Google HomeおよびGoogle Assistantは、Google LLCの登録商標です。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

プレスリリース添付画像

パグーロ

画面例・メイン画面

画面例・予約一覧

画面例・予約入力

画面例・経営分析

印刷例

カタログ(表)

カタログ(裏)

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中