ウルフルズによるCMオリジナル楽曲を採用した当社新CMの放映開始

関西電力

2018/6/6 15:30

2018年6月6日

関西電力株式会社

ウルフルズによるCMオリジナル楽曲を採用した当社新CMの放映開始

 関西電力株式会社(以下、当社)はこのたび、新CM「MOVE the KANSAI」篇の放映を開始いたします。

 本CMは、2025年大阪での国際博覧会実現に向けた取組みなどで盛り上がる関西地域の魅力をお伝えすることで、誘致活動がより広く発信されるとともに、関西地域の価値向上の一助になりたいと制作したもので、6月9日(土)から放映を開始いたします。

 本CMでは、関西出身の男性ロックバンド「ウルフルズ」が書き下ろしたCMオリジナル楽曲「パワー」に合わせ、『あなたのパワーで関西を前へ』をコンセプトに、人々の笑顔と元気で関西はもっと前に向かっていく、そして当社はこれからも関西の力になりたいという想いを伝えています。

 当社は、地域や生活に密着した事業者として、社会や未来を明るく照らし続けたいとの想いのもと、引き続き、地域社会の発展に貢献してまいります。

新CM「MOVE the KANSAI」篇の概要

1.CMタイトル

 「MOVE the KANSAI」篇

  ※テレビCM:30秒1本/ラジオCM:60秒1本、30秒1本

2.CMコンセプト

 『あなたのパワーで、関西を前へ』

 2025年、大阪での国際博覧会実現にむけて誘致活動に取り組むなど、今、まさに関西は盛り上がっています。

 関西の魅力の一つは、目標に向かってひたむきにがんばる、仲間とともに盛り上がる、うっかり失敗や面白さにふれたときにあふれる「笑顔」。関西の力は、人の力です。関西の人々の笑顔と、ウルフルズさんの楽曲「パワー」で、前へと動く関西の力を表現します。

 また、関西電力は関西地域に根差した企業として、世界へ、未来へと取り組む関西の力になりたいという想いを伝えています。

3.楽曲タイアップ

 ウルフルズ「パワー」

<ウルフルズ プロフィール>

 トータス松本(Vo, Gt)、ジョンB(B)、サンコンJr.(Dr)からなるロックバンド「ウルフルズ」。

 ※ウルフルケイスケ(Gt)は現在バンド活動休止中

 1988年、大阪・中津のインド喫茶「カンテ・グランデ」のバイト仲間で結成。

 1992年5月13日にシングル『やぶれかぶれ』でデビュー。

 『ガッツだぜ!!』、翌年の『バンザイ 〜好きでよかった~』でブレイク。

 アルバム『バンザイ』は100万枚を超える大ヒットを記録!

 日本を代表とするワンダフルロックバンド「ウルフルズ」として唯一無二の存在となる。

 自身の全国ツアー、夏の恒例野外ライブ「ヤッサ」はもちろんのこと、夏の野外フェスティバルでもそのライブパフォーマンスは圧巻で、多くの人を魅了。

 バンド結成30周年にあたる今年は「大阪に恩返し」をテーマに、関西を元気にするべく関西特化プロジェクトを遂行中!

4.放映開始日

 2018年6月9日(土)~

5.放映地域および番組

 ○テレビCM

  当社提供番組を中心に、近畿2府4県をはじめ全国で放映予定

  ※地上波放送(近畿圏)およびBS放送

<主なテレビ提供番組について>

 ・LIFE~夢のカタチ~  朝日放送 (土)11時00分~11時30分

 ・住人十色         毎日放送 (土)17時00分~17時30分

 ・雨上がりのフォトぶら♪  関西テレビ(土)18時30分~19時00分

 ・グッと!地球便      読売テレビ(日)10時25分~10時55分

 ・おでかけ発見バラエティかがくdeムチャミタス! テレビ大阪(日)11時00分~11時25分

 ○ラジオCM

  当社提供コーナー内を中心に、近畿2府4県で放送予定

ウルフルズ トータス松本さんのコメント

「誰もが歌って踊るようなやつを作ろう!」

そんな感じで、レコーディング現場は大変盛り上がっていました。

ライブではきっと、大合唱になる曲になったと思います。

「パワー!」と叫ぶと、明るさとかユーモアとか笑顔とか、人が生きていくのに絶対欠かせないものが湧き出てくる気がします。

みんなで声高らかに叫んでみたくて、その言葉をフックに使いました。

あとは歌って踊れば最高!自然とひとつになれると思います。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

プレスリリース添付動画

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中