電通、イタリアにおけるクリエーティブおよびデジタルコンテンツ関連サービスを強化

電通

2018/6/19 11:15

株式会社電通は、海外本社「電通イージス・ネットワーク」を通じて、イタリアの独立系大手クリエーティブエージェンシー「ビッグナウ社」の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意しました。

2018 年6月19日

株式会社 電 通

電通、イタリアにおけるクリエーティブおよびデジタルコンテンツ関連サービスを強化
-独立系大手クリエーティブエージェンシー「ビッグナウ社」の株式100%取得で合意-

  株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、資本金:746億981万円)は、海外本社「電通イージス・ネットワーク」※を通じて、イタリアの独立系大手クリエーティブエージェンシー「The Big Now S.r.L」(本社:ミラノ市、CEO:Emanuele Nenna、以下「ビッグナウ社」)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意しました。

  2007年に設立されたビッグナウ社は、デジタルを含む主要広告媒体におけるクリエーティブ領域で、市場環境の変化を的確に捉え、優れた成果を挙げてきました。現在では約100名の社員を抱え、「デジタル戦略・企画」「統合コミュニケーション」「プレミアムブランド」という3つのビジネスで、専門性の高いサービスを提供しています。メディアニュートラルの観点から多様な課題に合わせて最適な媒体と表現を展開することで、同国において革新的なクリエーティブエージェンシーとしての地位を確立しています。

  本件買収により、当社グループはイタリアでのクリエーティブおよびデジタルコンテンツ関連のサービスを強化し、同国での成長戦略を加速させていきます。

  なお、本件が当社の2018年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。


電通の海外事業を統括する「電通イージス・ネットワーク社」(本社:英国ロンドン市)は、10のグローバルネットワーク・ブランドを中心に世界でビジネスを展開しています。10のブランドとは、Carat、Dentsu (Dentsu Brand Agencies)、dentsu X、iProspect、Isobar、mcgarrybowen、Merkle、MKTG、Posterscope、Vizeumを指します。

【ビッグナウ社の概要】
社名: The Big Now S.r.L(ビッグナウ社)
本社所在地: イタリア・ミラノ市(ローマ市にも営業拠点を持つ)
設立: 2007年1月
株主構成: 株式取得後、電通イージス・ネットワーク 100%
収益(Revenue): 749万ユーロ(約9.6億円)(2017年12月期)
代表者: Emanuele Nenna (CEO)
従業員数: 98名
事業内容: 広告クリエーティブ領域全般のサービスを提供

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

プレスリリース添付画像

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース