商店街の未来を高校生が考える!! 所沢U-18 WAGAHARA STARTUP PROGRAMを実施

2018年7月30日

株式会社角川アスキー総合研究所

商店街の未来を高校生が考える!!

所沢U-18 WAGAHARA STARTUP PROGRAMを実施

 株式会社角川アスキー総合研究所(東京都文京区西片 代表取締役社長 芳原世幸、以下弊社)は、「学びと社会の連携促進事業(起業家教育)」において、所沢市で開催する高校生を対象とした起業家教育プログラムを8月3日(金)よりスタートいたします。

 地域課題をビジネスで解決する起業家教育プログラム。優秀なプランは商店街がサポート。

 本プログラムでは、所沢市和ケ原(わがはら)商店街を舞台に、商店街が抱える問題を高校生自らがフィールドワークやヒアリングを通じて発見し、ビジネスで解決する方法を考えます。学校外で先生や保護者とは違う大人と触れ合いながら社会課題に取り組むことは、未来を創る高校生にとって貴重な経験となるはずです。身の回りや社会の困りごとを自分事として取り組み、ビジネスで解決していくプログラムを体験することで、課題を発見し定義する力、仮説を立て行動する力、アントレプレナー(起業家)精神を養います。優秀なプランは商店街が実現に向けてサポートして行く予定です。

プログラム開催概要は以下の通りです。埼玉県在住、または埼玉県の高校に通学している高校生はどなたでも参加可能です。詳細は以下URLまたは、添付のリーフレットを参照の上、お申し込みください。

https://tokorozawa-wsp.peatix.com/

関連リリース http://www.lab-kadokawa.com/release/detail.php?id=0063 も併せてご覧ください。

【開催概要】

タイトル:所沢市U-18 WAGAHARA STARTUP PROGRAM

~商店街の課題を解決するビジネスを高校生が考える20時間集中プログラム~

日時:平成30年8月3日、6日、7日、8日、23日

会場:所沢和ケ原商店街(三ケ島8区集会所)、埼玉県立所沢商業高校(8/23のみ)

対象:埼玉県内在住/通学の高等学校生

主催:経済産業省 中小企業庁 

協力:埼玉県、所沢市、所沢和ケ原商店街振興組合、所沢リビングラボ

企画運営:「学びと社会の連携促進事業(起業家教育)」事務局 (角川アスキー総合研究所内)

<プレスリリース配信元 VNR.ch>

http://www.vnr-ch.com/releases/detail/61820

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中