NovelisがEVセクターの需要拡大に対応するため中国で2億1800万米ドルの新施設建設に着手

常州国家ハイテク産業開発区(Changzhou National Hi-Tech District)

2018/10/15 11:11

NovelisがEVセクターの需要拡大に対応するため中国で2億1800万米ドルの新施設建設に着手

AsiaNet 75714 (1863)

【常州(中国)2018年10月12日PR Newswire=共同通信JBN】Novelis (China)はこのほど、常州国家ハイテク産業開発区(Changzhou National Hi-Tech District)で新施設の起工式を行った。登録資本金に7200万米ドルを加え、2億1800万米ドルを追加投資することで、同施設の自動車用高級アルミパネルの生産能力は10万トン増えることになる。施設の建設が完了すれば、Novelisの常州国家ハイテク産業開発区への総投資額は4億米ドルを超えることになる。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181011/2264872-1

(Novelis (China) 拡張プロジェクトの起工式)

丁純・常州市長が式典に出席し、スピーチを行った。常州市党委員会常務委員で常州国家ハイテク産業開発区党務委員会書記のジョウ・ビン氏や開発区当局者のチェン・チョンチュン、ワン・ユーウェイ、シェン・シャオドン、スー・ヤウェイの各氏も式典に出席した。彼らは前夜には、Novelisの親会社でインドに本社を置くHindalco Industriesのサティシュ・パイ社長率いる代表団と面会した。

このインド企業の中国における初のアルミパネル製造施設であるNovelis (China) は2012年6月、常州国家ハイテク産業開発区に建設された。同施設は、中国初の自動車用高級アルミパネル生産拠点でもある。

中国における車体、構造部品エンジニアリングのリーダーであるNovelis (China) は、主に自動車のボンネット、リアバッフル、フェンダー、ドア、屋根、車台、構造部品に使用されるパネルを製造している。現在、Novelisの自動車用パネルの顧客には、アウディ、BMW、フォード、GM、現代、ジャガー、メルセデス・ベンツ、プジョー・シトロエン、および中国ブランドのBAIC、BYD、Great Wall、SAICなど数多くの国際ブランドが名を連ねている。2017年のNovelis常州工場の生産は、12億7300万元(約1億8400万米ドル)相当だった。

NIO、アウディ、キャデラック、ジャガーからの電気自動車用の受注が増加する中、Novelis常州工場は年末までにフル稼働生産に達する予定である。その日は急速に近づいており、同社は新たな圧延アルミ生産ラインを建設し、これに一級の生産機器を設置し、常州のアルミパネルの年間生産量を倍増させることを決めた。Novelis (China)は2018年5月31日、常州国家ハイテク産業開発区と新規プロジェクト投資契約を締結し、登録資本金に7200万米ドルを追加した。

常州国家ハイテク産業開発区(CND)は、長江デルタの中心部に位置している。CNDには1600以上の外資系企業がある。CNDは近年、開発ペースを加速させ、産業基盤の建設に力を入れており、2本柱である機械製造(精密機械)と新素材ビジネスの拡大・強化を図っている。新興産業は、新世代の情報技術、生物医学、新エネルギー車両、太陽光発電、航空事業で構成されている。

ソース:Changzhou National Hi-Tech District

Novelis breaks ground on new US$218 million China-based facility to meet growing demand in EV sector

PR75714

CHANGZHOU, China, Oct. 12, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Novelis (China) just held the groundbreaking ceremony for a new facility at

Changzhou National Hi-Tech District. With the addition of US$72 million to the

registered capital and a further investment of US$218 million, the facility is

meant to expand production capacity of premium automobile aluminum sheets by

100,000 tons. Once construction of the facility is completed, Novelis' total

investment to date in Changzhou National Hi-Tech District will exceed US$400

million.

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181011/2264872-1

(Groundbreaking ceremony for Novelis (China)'s expansion project)

Changzhou city mayor Ding Chun was in attendance at the ceremony and gave a

speech. Member of the standing Committee of the Changzhou Municipal CPC

Committee and Changzhou High-Tech Park Party Work Committee secretary Zhou Bin,

and district officials Chen Zhengchun, Wang Yuwei, Sheng Xiaodong, Xu Yawei

also attended the event. The previous evening, they had met with a delegation

led by Satish Pai, Managing Director of Novelis' parent India-based Hindalco

Industries.

Novelis (China), the Indian firm's first automotive aluminum sheet

manufacturing facility in China, was established in Changzhou National Hi-Tech

District in June 2012. It is also the country's first manufacturing base for

premium automobile aluminum sheet.

Novelis (China), a leader in automotive body and structural parts engineering

in China, produces sheet that is mainly used in vehicle engine hoods, rear

baffles, fenders, doors, roofs, chassis and structural parts. Current Novelis

auto sheet customers include many international brands, among them, Audi, BMW,

Ford, GM, Hyundai, Jaguar, Mercedes-Benz and Peugeot Citroen, as well as

Chinese brands BAIC, BYD, Great Wall and SAIC. Production at the Novelis

Changzhou facility for the year 2017 was valued at 1.273 billion yuan (approx.

US$184 million).

With increasing orders for electric vehicles from NIO, Audi, Cadillac and

Jaguar, the Novelis Changzhou facility is on track to reach full production by

the end of the year. With the date fast approaching, the company decided to

build a new rolled aluminum production line and equip it with first-class

equipment, doubling the annual output of aluminum sheet in Changzhou. On May

31, 2018, Novelis (China) signed a new project investment agreement with

Changzhou National Hi-Tech District, and added US$72 million to its registered

capital.

Changzhou National Hi-tech District (CND) is located in the heart of the

Yangtze River Delta. There are more than 1,600 foreign-invested companies in

CND. Recently, CND is accelerating the development pace and intensifying the

efforts on construction of an industrial base, making 2 pillar businesses:

equipment manufacturing (precision machinery) and new materials bigger and

stronger. The emerging industries consist of new generation of information

technology, biomedical, new energy vehicle, photovoltaic and aviation.

SOURCE  Changzhou National Hi-Tech District

  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中