ファーウェイが高速フルライフサイクルAI開発プラットフォームをリリース

ファーウェイ

2018/10/15 15:40

ファーウェイが高速フルライフサイクルAI開発プラットフォームをリリース

AsiaNet 75718 (1867)

【上海2018年10月12日PR Newswire=共同通信JBN】ファーウェイ(Huawei、華為技術)はHUAWEI CONNECT 2018で、高速AI開発プラットフォームのModelArts、ビジョンAIアプリケーション開発プラットフォームのHiLens、および量子コンピューティング・ソフトウエア・クラウドサービスプラットフォームのHiQをリリースした。

AI開発は非効率で時間がかかる、そして、AIリソース、特にはコンピューティング能力は十分でなくかつ高価である。ファーウェイは今回新たにリリースした製品を通じて、開発者とのAI産業開発を加速しようと努力している。

▽ModelArts-高速でより包括的なAI開発プラットフォーム

ModelArtsは、データラベリング・準備、モデルトレーニング、最適化、および展開を含む、高速でより包括的なワンストップAI開発プラットフォームである。これはエンドツーエンドのAIアプリケーション開発を実現する。

ファーウェイ副社長でファーウェイのCloud BU社長の鄭葉来氏は「ModelArtsはそこにあるいかなるAI開発プラットフォームより高速で包括的である。われわれは、AI開発者が(ModelArtsが)どれほど迅速に始動し、トレーニングを完了し、モデルを展開するかを評価してくれると考えている」と語った。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181012/2266194-1

(写真説明:ModelArts発表イベントでのファーウェイ副社長でファーウェイのCloud BU社長の鄭葉来氏)

AI開発においてデータラベリング・準備には時間がかかり、必要とされる時間の約50%を占めている。ModelArtsはAI開発の間、データラベリング・準備のためのビルトイン・データガバナンス・フレームワークを備えている。このフレームワークは、手作業でラベリングする必要があるデータの量を減らすための反復トレーニングを実装しており、データラベリング・準備の効率を100倍向上させる。

そのうえModelArtsは複数の最適化テクノロジー、特にカスケードハイブリッドパラレルを統合し、特定のモデル、データセット、一連のハードウエアリソースに必要なトレーニング期間を半分に短縮する。

AIモデル展開は複雑である。ModelArtsを使用すると、トレーニングモデルをワンクリックでデバイス、エッジ、クラウドにプッシュできる。オンラインおよびバッチインフェレンスジョブはクラウド上で提供され、同時展開または分散展開など、さまざまなアプリケーション要件を満たす。

AI開発を加速するための自動学習、モデル設計、パラメータ調整など、さまざまなAI技術もModelArtsに組み込まれている。

AI開発ライフサイクルの管理に関し、ModelArtsは生データ収集、データラベリング、訓練ジョブ作成、アルゴリズム選択、モデル作成、インフェレンスサービス作成をカバーしている。

ModelArtsはAI開発者がAIデータ、モデル、APIをシェアすることを可能にする。

▽HiLens-ビジョンAIアプリケーション開発プラットフォーム

HUAWEI CONNECT 2018でのファーウェイの2番目に大きなリリースはHiLensだった。

HiLensはビジョンAIアプリケーション開発プラットフォームならびにAI機能で強化されたビジュアルデバイスで構成される。HiLensは、AI開発の新たなコンセプトであるSkillを特長とする。Skillは、制御コードとModelArtsで訓練されたモデルで構成されている。HiLensは、他の主要フレームワークによって訓練されたモデルとも互換性がある。HiLensで開発されたスキルは、Ascend AIチップを統合したあらゆるデバイスに展開することができる。

このHiLensビジュアルデバイスはインファレンスをサポートするスマートカメラである。開発者はこのHiLensデバイスを使用してデバイスやクラウドに展開できるビジョンアプリケーションを開発することができる。HiLensビジュアルデバイスは、毎秒100フレームを処理し、ミリ秒単位で顔を検出できるAscend 310チップを内蔵している。さらに、ビルトインの軽量コンテナは、リソースの使用状況やネットワーク帯域幅の使用を最小限に抑え、迅速にダウンロードして開始することができる。

▽HiQ-未来志向の量子コンピューティング・シミュレーター兼プログラミング・フレームワーク

ファーウェイの量子分野の探求は、開発者に優れたコンピュートパワーと新しいアルゴリズムを提供する量子コンピューティング・ソフトウエア・クラウドサービスプラットフォームで終了した。

量子コンピューティング・シミュレーターとプログラミング・フレームワークで構築されたHiQは完全振幅シミュレーターおよび単振幅シミュレーターを特長としている。量子エラー修正は初めて統合され、数万の量子ビットのシミュレーションでエラー修正を実現する。HiQはまた、単純化されたハイブリッドな古典的量子プログラミングとBlock User Interface(BlockUI)を組み込んでいる。

Huawei CloudはModelArts、HiLens、HiQにより、開発者とインテリジェントな世界を探索し、数百の業界におけるAIの実装を加速し、手頃で効果的で信頼性の高い包括的なAIプラットフォームを提供することを楽しみにしている。

▽ファーウェイについて

ファーウェイは世界的な情報通信テクノロジー(ICT)ソリューションのプロバイダーである。

詳細な情報はwww.huawei.com を参照。

ソース:Huawei

Huawei Releases Faster Full-Lifecycle AI Development Platform

PR75718

SHANGHAI, Oct. 12, 2018 /PRNewswire=kYODO JBN/ --

At HUAWEI CONNECT 2018, Huawei released its faster AI development platform

ModelArts, vision AI application development platform HiLens, and quantum

computing software cloud service platform HiQ.

AI development is inefficient and time-consuming, and AI resources, especially

computing power, are both scarce and expensive. Through the newly released

products, Huawei is endeavoring to accelerate AI industry development with

developers.

ModelArts, A Faster and More Inclusive AI Development Platform

ModelArts is a faster and more inclusive one-stop AI development platform,

involving data labeling and preparation, and model training, optimization, and

deployment. It delivers end-to-end AI application development.

"ModelArts is a faster and more inclusive AI development platform than any

other AI development platform out there," said Zheng Yelai, Vice President of

Huawei and President of Huawei's Cloud BU, "We believe AI developers will

appreciate how quickly it starts, completes training, and deploys models."

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181012/2266194-1

(Zheng Yelai, Vice President of Huawei and President of Huawei's Cloud BU at

the ModelArts launch event)

Data labeling and preparation is time-consuming in AI development, accounting

for almost 50% of the time required. ModelArts has a built-in data governance

framework for data labeling and preparation during AI development. The

framework implements iterative training to reduce the volume of data that needs

to be manually labeled, which improves the efficiency of data labeling and

preparation by 100-fold.

In addition, ModelArts integrates multiple optimization technologies,

especially cascade hybrid parallel to halve the duration of training required

for a given model, dataset, and set of hardware resources.

AI model deployment is complex. With ModelArts, training models can be pushed

to devices, the edge, and the cloud with one click. Online and batch inference

jobs are provided on the cloud to meet different application requirements, such

as concurrent or distributed deployment.

Various AI technologies are also incorporated into ModelArts, including

automated learning, model design, and parameter tuning to accelerate AI

development.

In terms of managing the AI development lifecycle, ModelArts covers raw data

collection, data labeling, training job creation, algorithm selection, model

creation, and inference service creation.

ModelArts allows AI developers to share AI data, models, and APIs.

HiLens, A Vision AI Application Development Platform

Huawei's second major release at HUAWEI CONNECT 2018 was HiLens.

HiLens comprises a vision AI application development platform as well as a

visual device enhanced with AI capabilities. HiLens features Skill, a new

concept of AI development. Skill consists of control code and models trained on

ModelArts. HiLens is also compatible with models trained by other mainstream

frameworks. Skills developed on HiLens can be deployed on any devices that

integrate the Ascend AI chips.

The HiLens visual device is a smart camera that supports inference. Developers

can use the HiLens device to develop vision applications, which can be deployed

on devices and the cloud. The HiLens visual device integrates the Ascend 310

chip, which can process 100 frames per second and detect faces in milliseconds.

In addition, the built-in lightweight containers minimize resource usage and

network bandwidth usage, and can be quickly downloaded and started.

HiQ, A Future-Ready Quantum Computing Simulator and Programming Framework

Huawei's exploration of the quantum field has culminated in its release of HiQ,

a quantum computing software cloud service platform to provide developers with

superior computing power and new algorithms.

Built with the quantum computing simulator and programming framework, HiQ

features full-amplitude and single-amplitude simulators. Quantum error

correction is integrated for the first time, realizing error correction in the

simulation of tens of thousands of quantum bits. HiQ also incorporates a

simplified hybrid classical-quantum programming and Block User Interface

(BlockUI).

Through ModelArts, HiLens, and HiQ, Huawei Cloud is looking forward to

exploring the intelligent world with developers, accelerating AI implementation

in hundreds of industries, and providing inclusive AI platforms that are

affordable, effective, and reliable.

About Huawei

Huawei is a leading global information and communications technology (ICT)

solutions provider.

For more information, please visit Huawei online at www.huawei.com

SOURCE  Huawei

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中