公開セミナー「海外における経営倫理と技術者倫理の足跡と現状」を11月6日に虎ノ門キャンパスで開催

金沢工業大学

2018/10/17 15:37

公開セミナー「これからの科学技術者倫理研究~社会が必要とする課題への取組み~」第2回 「海外における経営倫理と技術者倫理の足跡と現状」を11月6日(火)13時から金沢工業大学虎ノ門キャンパスで開催します。

2018年10月17日

金沢工業大学

BERC(経営倫理実践研究センター)+KIT(金沢工大科学技術応用倫理研究所)

ジョイント(技術者倫理研究向上)プロジェクト

「これからの科学技術者倫理研究~社会が必要とする課題への取組み~」開催

金沢工業大学では文部科学省の私立大学研究ブランディング事業「これからの科学技術者倫理研究 ~社会が必要とする課題への取組み~」の一環として、我が国を代表する経営倫理、企業倫理、CSR分野の啓発団体である一般財団法人 経営倫理実践研究センター(BERC)と共同で、公開セミナーを全4回の予定で開催しています。

本プロジェクトは、文部科学省私立大学研究ブランディング事業に選定された「これからの科学技術者倫理研究 ~社会が必要とする課題への取組み~」で掲げる研究課題の一つ、「経営倫理と技術者倫理の統合に関する研究」を金沢工業大学科学技術応用倫理研究所とBERCが共同で研究していくものです。

第2回 海外における経営倫理と技術者倫理の足跡と現状

日 時 2018年11月6日(火)13:00-17:00

会 場 金沢工業大学虎ノ門大学院 13階 大教室 (東京都港区愛宕1-3-4 愛宕東洋ビル)

参加費 無料 

*参加ご希望の方は以下のBERC専用サイトにてお申し込みください。

http://www.berc.gr.jp/modules/contents1/index.php?content_id=4

*内 容*

■基調講演1:経営倫理-海外における経営倫理・教育の現状と今後-(仮題)

シグモント・ワグナーツカモト博士(英国レスター大学ビジネススクール准教授/金沢工業大学 客員教授)

■基調講演2:科学技術者倫理-海外における技術者倫理・教育の現状と今後- (仮題)

フィリップ・ニッケル博士(蘭国アイントホーヘン工科大学インダストリアルエンジニアリング&イノベーションサイエンス学部准教授)

■企業事例紹介:アデランスが取り組む技術者倫理・経営倫理事例

箕輪 睦夫 氏(株式会社アデランス 執行役員海外事業本部副本部長グローバルCSR広報室担当)

■創発討議 シリーズにおける継続検討テーマ

テーマ1:科学技術者倫理の立場から経営倫理に求めるもの

テーマ2:経営倫理の立場から科学技術者倫理に求めるもの

テーマ3:企業における取組み事例等       

※基調講演や創発討議は、英語にて行います。

同時通訳を行いますので、日本語での聴講や質疑応答が可能です。

*今後の日程(案)*

●第3回:1月初旬 開催予定

「日本企業の不祥事-海外ではどのように伝えられ、社会はどう考えたか‐

・ポール・ファーガソン氏(ターナーブロードキャスティングシステム・CNN国際編成局)

●第4回:3月上旬:第一次まとめ

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

金沢工業大学虎ノ門キャンパス

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中