「‘水都大阪’情報発信ベンダー」を福島(ほたるまち)港に設置

2018年10月22日

ダイドードリンコ株式会社

子どもたちの絵で、『水の都 大阪』の魅力を伝える

「‘水都大阪’情報発信ベンダー」を福島(ほたるまち)港に設置

 ダイドードリンコ株式会社は、大阪府などが大阪の水辺を活気とにぎわいのある場へと再生すべく、さまざまな試みを展開している『水都大阪』の認知拡大と理解促進を目的に、「‘水都大阪’情報発信ベンダー」を10月20日(土)に設置いたしました。

 「‘水都大阪’情報発信ベンダー」は、自動販売機を通じて地域社会に貢献したいという当社の想いをカタチにしたもので、本社所在地である大阪市北区中之島を含む水辺の活性化を目指す『水都大阪』の考えに共感し、オリジナルデザインのラッピングや音声機能を活用し実現しました。

 デザインは、一般財団法人 大阪教育文化振興財団のご協力のもと、大阪市内の小学生が『水の都大阪』をテーマに描いた14作品を採用したオリジナルデザインで、飲料購入時に流れる音声は、大阪アニメーションスクール専門学校のご協力のもと、声優を目指す学生にご担当いただき、美しい大阪の水辺を元気にPRする情報発信ベンダーが完成しました。

 なお、売上の一部は設置場所周辺の地域活性化のために活用される予定です。

●デザイン

立体図 展開図

立体図                展開図

●設置場所

福島港(ほたるまち港)

住所:大阪市福島区福島一丁目地先

●音声フレーズ

発声タイミング/音声フレーズ

金銭投入時   

大阪は、「水の都」と呼ばれています。

皆さん知っていましたか?

商品選択ボタン押下時  

水都大阪!

商品搬出時 

A:この美しい水辺の街並みを、これからも守っていきましょう。

B:大阪の水辺をもっといきいきとした場所に!

C:この美しい水辺の街並みを、お楽しみ下さい。楽しい船の旅もお勧めです。

D:船から見る美しい夜景は必見です。

※商品搬出時には、A~Dの4パターンがランダムに流れます。

(別添資料)

【水都大阪とは】

 大阪は、水運に支えられて経済と文化の中心的都市として発展し、明治の頃には「水の都」と呼ばれていました。いま、大阪では、かつてのにぎわいある水辺の風景を取り戻すため、世界でも稀な地形である川が都心部をロの字にめぐる「水の回廊」を中心として、水辺のシンボル空間や船着場の整備、護岸や橋梁などのライトアップなど、さまざまなプロジェクトを進めています。

水都大阪イメージ水都大阪マッピング

今後も当社では、「人と、社会と、共に喜び、共に栄える。」をグループ理念に、

地域密着型企業として、豊かで元気な社会づくりへの貢献を目指してまいります。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

立体図

展開図

水都大阪イメージ

水都大阪マッピング

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 ダイドードリンコ株式会社
  • 所在地 大阪府
  • 業種 食料品
  • URL http://www.dydo.co.jp
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中