大和ハウス工業竜ヶ崎工場が操業50周年を迎えます

大和ハウス工業

2018/11/20 15:28

2018年11月20日

大和ハウス工業株式会社
大阪市北区梅田3‐3‐5
代表取締役社長  芳井敬一

大和ハウス工業竜ヶ崎工場が操業50周年を迎えます

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)の竜ヶ崎工場は、2018年11月21日に操業50周年を迎えます。

 住宅専門工場の竜ヶ崎工場は、1968年11月21日、首都圏のプレハブ住宅の需要拡大を見据え、当時の最先端設備を導入した日本で2番目(※)となるプレハブ住宅量産専門工場として操業を開始しました。
 現在、首都圏の1都2県(東京都、神奈川県、千葉県)向けに、戸建住宅・賃貸住宅の鉄骨部材、外壁パネル、木質パネルの生産・出荷を行っています。
 2014年3月には、本工場の防災性の強化と将来を見据えた生産体制の強化を図るため、竜ヶ崎工場第二区を、2015年9月には第一区を、2018年1月には第四区を、次世代環境配慮型工場である「D’s SMART FACTORY(ディーズ スマート ファクトリー)」として建替え、生産現場をお客さまの目で確認いただけるよう、工場をまるごとショールームとしました。
 本工場は、これからも住宅の生産性向上と環境負荷低減に努めるとともに、最先端の技術を搭載した住宅商品を量産し、良質なストックの形成に努めていきます。また、工場全体をショールームとして、工場・事務所等の建設を検討している法人のお客さまにも広く活用していきます。
※現在稼働中の工場として2番目となります。日本初のプレハブ住宅量産専門工場は、当社の奈良工場(1965年4月12日操業開始)です。


●工場のあゆみ
1968年11月21日:竜ヶ崎工場第一区完成
1968年:第二区完成
1976年:第三・四区完成
2013年8月1日:第二区建替え工事着工
2014年:第二区操業開始(竣工:2014年2月)
2014年:第一区建替え工事着工
2015年:第一区操業開始(竣工:2015年9月)
2017年:第四区建替え工事着工
2018年:第四区操業開始(竣工:2018年1月)

●竜ヶ崎工場概要
部門:竜ヶ崎工場
(購買課、住宅生産管理課、ものづくり課、品質・環境管理課、総務・安全・施設管理課)
人員:632名(大和ハウス工業:61名、協力会社:571名:2018年9月末現在)
操業開始日:1968年11月21日
事業内容:住宅系部材の生産と現送材部材の現場搬送
主要生産品:鉄骨部材、外壁パネル、木質パネル
出荷エリア:首都圏1都2県(東京都、神奈川県、千葉県)


■操業開始50周年記念イベント開催について
  竜ヶ崎工場は、2018年11月23日(金・祝日) 午前9時から午後3時まで、工場内屋外特設会場にて、操業開始50周年を記念したイベント「50th感謝祭」を開催します。
 当日は龍ケ崎市の大学生・高校生によるステージイベントや地元人気飲食店やマルシェ(市場)が物産  販売をするほか、各種模擬店、子ども向けのライブショーも行います。


日時:2018年11月23日(金・祝日)午前9時 ~ 午後3時
会場:竜ヶ崎工場 屋外特設会場   
住所:茨城県龍ケ崎市板橋町393の1番地
お問合せ先:大和ハウス工業竜ヶ崎工場 総務・安全・施設管理課
TEL:0297‐62‐3811
竜ヶ崎工場(地図):https://www.daiwahouse.co.jp/factory/pdf/map/ryugasaki_fac.pdf




本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

  • ジャンル
    土木・建築
  • エリア
    茨城県
  • キーワード
    竜ヶ崎工場、プレハブ住宅、プレハブ住宅量産専門工場、住宅系部材、現場搬送

プレスリリース添付画像

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中