Ajinomoto Bio-Pharma ServicesがADC製造にAJICAPバイオコンジュゲーション技術を導入

Ajinomoto Bio-Pharma Services

2018/11/29 09:10

Ajinomoto Bio-Pharma ServicesがADC製造にAJICAPバイオコンジュゲーション技術を導入

AsiaNet 76510 (2219)

【サンディエゴ2018年11月28日PR Newswire=共同通信JBN】バイオ医薬品の受託開発・製造サービスのトッププロバイダーであるAjinomoto Bio-Pharma Services(以下「Aji Bio-Pharma」)は、今月、サンディエゴで開催されたWorld ADC Summitで、独自の位置選択的バイオコンジュゲーション技術、AJICAP(TM)について説明するデータを発表した。AJICAP技術は、治療用抗体薬物複合体(ADCs)の開発者が、低分子医薬を抗体に結合させる場所を、結合後の低分子医薬の量を微調整しつつ、よりうまく制御できるようにするものである。現在市販されている従来型のADCは、抗体分子を取り巻く低分子医薬の確率分布を含有した異種混合物として製造されている。次世代ADC開発における薬剤・抗体比(DAR)の制御は、こうしたピンポイント生物製剤の治療濃度域を拡大し、全体としてより優れた臨床効果と毒性低下をもたらすのに役立つと考えられている。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/751177/Aji_BioPharma_Logo.jpg

AJICAP技術は、日本の川崎市にある味の素(株)の研究・開発組織内で開発された。Aji Bio-Pharmaは、部内の研究とバイオ医薬品企業とのパートナーシップを通じて得られたデータを発表した。示されたデータは、ADC生成にAJICAP技術を導入することで、DARのまちまちな種を含む確率的ADCと比較した場合、自然抗体で2つの位置特定的DARが達成され、治療濃度域が拡大したことを示している。同データはまた、チオールやアジド官能基を含む、幅広い薬物リンカー適合性と反応基適合性を示した。さらに、Ajinomoto Bio-Pharmaチームは、この技術が前臨床試験用のグラム量のADC製造向けにサイズ変更可能であることを実証した。

Aji Bio-PharmaのADCプロセス開発・技術移転担当ディレクターであるブライアン・メンデルソーン博士は「AJICAP技術は、独自の親和性ペプチドを利用し、比較的単純な合成プロセスで、抗体に直接制御して結合させる。高い生産性と短い結合反応時間を誇り、そのすべてが製造の容易さにつながるため、製造現場への移転が容易な技術なのだ。われわれはADCモデルで、顧客提供の素材を活用してこの技術が有効かつサイズ変更可能であることを実証した」と語っている。

Aji Bio-Pharmaは、カリフォルニア州サンディエゴに最近建設された施設から、ADCプロセス開発、分析、製剤原料・医薬品製造サービスを提供している。

事業開発担当シニアディレクターであるジェイソン・ブレイディー博士は「これは、Ajinomoto Bio-Pharmaが顧客に提供するサービスの次のステップだ。日本の味の素(株)の同僚が開発してくれたAJICAPプラットフォームは、カリフォルニア州サンディエゴの当社のプロセス開発、製造サービスと組み合わせ可能な、位置特定結合技術へのアクセスを当社の顧客にもたらしてくれた。この技術を、ADCやバイオコンジュゲーションを必要とするその他の製品に関心を持つ顧客基盤に紹介するのが楽しみだ」と述べた。

味の素(株)研究開発企画部アソシエート・ゼネラルマネジャーの奥住竜哉博士は「第1世代のAJICAP技術の実現可能性の実証は成功した。われわれは現在、抗体への結合位置の追加を含む機能の範囲拡大のため、プラットフォームの改善に取り組んでいる。今後の会議で最新情報を提供できるのを楽しみにしている」と語った。

▽Ajinomoto Bio-Pharma Servicesについて

Ajinomoto Bio-Pharma Servicesは、ベルギー、米国、日本、インドに拠点のある完全一体型の開発・製造受託会社で、低分子、高分子原薬および中間体の包括的開発、cGMP製造、無菌充填・包装サービスを提供している。Ajinomoto Bio-Pharma Servicesは、CoryneX(R)タンパク質発現技術、オリゴヌクレオチド合成、抗体薬物複合体(ADC)、高力価原薬(HPAPI)、生物触媒、連続フロー生産など、前臨床やパイロットプログラムから商業的量産用まで、幅広い革新的なプラットフォームと機能を提供する。Ajinomoto Bio-Pharma Servicesは、顧客のニーズに合った高レベルの品質とサービスを提供することに全力を尽くしている。詳細は、www.AjiBio-Pharma.com を参照。

Ajinomoto Bio-Pharma Servicesは、味の素株式会社(TYO: 2802)が全株式を保有する企業である。1909年創業で、現在30カ国・地域で営業している味の素株式会社は、医薬品、特殊化学製品、栄養補助食品、スポーツニュートリション、健康・美容産業向けの高品質製品、およびフードシーズニング、消費者向け食品の研究、開発、製造で世界をリードする企業である。詳細については、www.Ajinomoto.com を参照。

ソース:Ajinomoto Bio-Pharma Services

▽問い合わせ先

Kristi Gines

info@us.ajibio-pharma.com

Ajinomoto Bio-Pharma Services Introduces AJICAP Bioconjugation Technology for ADC Manufacturing

PR76510

SAN DIEGO, Nov. 28, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Ajinomoto Bio-Pharma Services ("Aji Bio-Pharma"), a leading provider of

biopharmaceutical contract development and manufacturing services, presented

data at the World ADC Summit in San Diego this month describing a proprietary

site-selective bioconjugation technology, AJICAP(TM). The AJICAP technology

allows developers of therapeutic Antibody Drug Conjugates (ADCs) to better

control both the location of payload conjugation to an antibody along with fine

tuning the quantity of payload attached. Conventional ADCs which are currently

commercially available are produced as heterogeneous mixtures containing a

stochastic distribution of payloads decorating the antibody molecules. The

controlling of the Drug-to-Antibody Ratio (DAR) in the development of next

generation ADCs is believed to assist in increasing the therapeutic window of

these targeted biologics leading to overall better clinical efficacy and less

toxicity.

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/751177/Aji_BioPharma_Logo.jpg

The AJICAP technology was developed within Ajinomoto's Research and Development

organization in Kawasaki, Japan. Aji Bio-Pharma presented data obtained via

internal research as well as partnerships with biopharmaceutical companies. The

data presented shows that deployment of the AJICAP technology in preparation of

ADCs demonstrated enhancement of the therapeutic window by achieving a

site-specific DAR of 2 with native antibodies when compared to stochastic ADCs

which contain a mixture of DAR species. The data also showed a wide drug-linker

compatibility and reactive group compatibility including thiol and azide

functionalities. In addition, the Ajinomoto Bio-Pharma team demonstrated that

the technology could be scaled to produce gram quantities of ADCs for

pre-clinical testing.

Brian Mendelsohn, Ph.D., Director of ADC Process Development and Tech Transfer

at Aji Bio-Pharma, states "the AJICAP technology utilizes a proprietary

affinity peptide to direct controlled conjugation to the antibody in a

relatively straight-forward synthetic process. This is technology that can

easily be transferred to the manufacturing floor since it shows high

productivity and short conjugation reaction times, which all lead to an ease of

manufacture. We have demonstrated with model ADCs and utilizing client provided

materials that the technology is effective and scalable."

Aji Bio-Pharma provides ADC process development, analytical, drug substance and

drug product manufacturing services from its recently constructed facility in

San Diego, CA.

Jason Brady, Ph.D., Sr. Director Business Development, states, "this is the

next step in Ajinomoto Bio-Pharma's service offering to our clients. The AJICAP

platform developed by our Ajinomoto colleagues in Japan provides our clients

access to site-specific conjugation technology that can be coupled with our

process development and manufacturing services in San Diego, CA. We look

forward to introducing the technology to our client base interested in ADCs and

other products requiring bioconjugation."

Tatsuya Okuzumi, Ph.D., Associate General Manager of R&D Planning at Ajinomoto

states "the demonstration of feasibility of the first generation AJICAP

technology has been successful. We are now working to improve the platform in

order to broaden the scope of capabilities including additional conjugation

sites on the antibody. We look forward to presenting updates at future

meetings."

About Ajinomoto Bio-Pharma Services

Ajinomoto Bio-Pharma Services is a fully integrated contract development and

manufacturing organization with sites in Belgium, United States, Japan, and

India providing comprehensive development, cGMP manufacturing, and aseptic fill

finish services for small and large molecule APIs and intermediates. Ajinomoto

Bio-Pharma Services offers a broad range of innovative platforms and

capabilities for pre-clinical and pilot programs to commercial quantities,

including: Corynex(R) protein expression technology, oligonucleotide synthesis,

antibody drug conjugations (ADC), high potency APIs (HPAPI), biocatalysis,

continuous flow manufacturing and more. Ajinomoto Bio-Pharma Services is

dedicated to providing a high level of quality and service to meet our client's

needs. Learn more: www.AjiBio-Pharma.com

Ajinomoto Bio-Pharma Services is wholly owned by Ajinomoto Co., Inc. (TYO:

2802). Founded in 1909 and now operating in 30 countries and regions, Ajinomoto

Co. is a global leader in the research, development and manufacture of high

quality products for the pharmaceutical, specialty chemical, nutraceutical,

sports nutrition, and health & beauty industries, as well as food seasoning and

consumer food products. For more information, visit www.Ajinomoto.com.

SOURCE: Ajinomoto Bio-Pharma Services

CONTACT: Kristi Gines, info@us.ajibio-pharma.com

  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中