世界初! 11月1日に自動栽培農業ロボット「ロボファーム」の販売を開始いたしました

アトラス

2018/12/26 23:40

2018年12月26日

アトラス株式会社 未来農園販売事業部

アトラス、世界初! 生産性470倍の自動栽培農業ロボット「ロボファーム」の販売を開始いたしました。

世界初! 11月1日に自動栽培農業ロボット「ロボファーム」の販売を開始いたしました。

アトラス、世界初! 生産性470倍の自動栽培農業ロボット「ロボファーム」の販売開始。

太陽光発電の次はファームシェアで失敗しない農園経営・投資サービスを開始。  

モデル展示場オープン・投資額5000万円(税別)。

利回り11.0% 投資回収年6.25年を収益補償付で分譲。

世界最小の畑(650X650mm)四次元キューブで生産性470倍を実現‼

アトラス株式会社(千葉県成田市堀之内、代表取締役会長 生野たかし)は、従来の植物工場の課題を解決する。

自動栽培農業ロボット、生産性470倍の農地対応型ロボファームの開発に成功。

新業態ファームシェアで失敗しない農園経営サービスとは、お客様にロボファームを購入していただき農園管理会社日本總業㈱に賃貸契約して生産から販売まで全て任せる。

お客様は毎月賃借料66万円を受け取るだけ。

リスク対策……生産から販売までのリスクは全てアグリ総合補償で保全いたします。

自然災害等の設備破損時復旧までの間の休業補償/収益補償付

世界で一番安心な投資です。

https://www.mirainoen.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中