Corendonボーイング747がホテルの庭園に「着陸」

Corendon(コレンドン)

2019/2/11 15:36

Corendonボーイング747がホテルの庭園に「着陸」

AsiaNet 77389 (0209)

【アムステルダム2019年2月10日PR Newswire=共同通信JBN】

*航空機は大衆向けの5D航空体験に転換される

  

アムステルダム・スキポール空港からバドフーフェドルプへの5日にわたるメガ輸送を終え、Corendon(コレンドン)のボーイング747は10日午前、Corendon Village Hotelの庭園に到着した。今年中に機体はここで747と航空の歴史に関する5D体験へと転換される。

(Logo: https://mma.prnewswire.com/media/815083/Corendon_Logo.jpg

(Photo: https://mma.prnewswire.com/media/819957/Corendon_Boeing.jpg

このボーイング機はスキポール空港からの最後の旅を火曜夜に開始した。部品を取り外された航空機は、特殊輸送会社Mammoetのトレーラーに載せられ、ホテルまでの12.5キロメートルを移動した。その間、機体は水路17本、A9ハイウエー、州道1本を横断しなくてはならなかった。A9ハイウエーは金曜夜から土曜にかけて横断することに成功した。土曜夜から日曜にかけてスキポールウェグを横切り、その後ホテルの庭園にバックで駐車するまでに57回の動作を要した。この壮観な輸送は世界的な関心を引き付け、国内外のメディアによって報じられた。

▽ヘビー級

このボーイング747はかつてのKLMの機体「City of Bangkok」で、30年に及ぶ信頼性の高い運航を終え、ホテルの庭園という新たな最終目的地を与えられる。機体は幅64メートル、全長71メートル、重量160トンである。安全かつ安定した状態を保つため、機体は高さ1.5メートル、総重量15トンの鋼鉄を使用した鋼鉄製土台に載せられた。この土台は重量コンクリート板の上に構築され、極めて大きな重量を支えるのに十分な強度を持つ。

▽5D体験

このボーイング機は今年中に5D体験に転換される。訪問者は航空機の上下を歩き、通常は一般の人々がアクセスできない場所を訪れることができる。荷物が積み込まれる貨物エリアを訪問し、飛行機の給油について学び、ビジネスクラスのキッチンや上階デッキのコックピットを見ることが可能だ。彼らは長さ30メートルの主翼の上を歩くことさえできる。訪問者は航空の歴史を通して旅をすることもできる。それは古代の人類の飛行への願望に始まり、1900年頃の最初の本格飛行の試行からボーイング747の開発へと導くものだ。この旅のハイライトは、訪問者があらゆる面で飛行を体験できる5D体験である。ボーイング機が設置されている庭の一部はエコゾーンで、ホテル宿泊客に開放され、祭りの会場として使用することも可能だ。

▽調整と計測

Corendonの創設者アティライ・ウスリュ氏は、このホテルの部屋を予約していた。ちょうどそこに、すべてがうまくいけば、ボーイング機の鼻が窓の前に来ているという位置だった。同氏は「今朝カーテンを開けると、壮麗な機体が見えた。数カ月に及ぶ準備を経て、幾度もの調整と計測でわれわれはこの航空機を最後の場所に連れてくることに本当に成功したのだと実感した。息をのむほどだ」と述べた。

Corendonは、ハーレマーメール自治体、政府機関、さまざまな企業、ならびにその存在なしにはこの離れ業を成し得なかったであろう同社社員の協力に対し、謝意を表明した。

▽アイコニックな航空機

この週末の機体の輸送は、ちょうど50年前の1969年2月9日に行われたボーイング747の最初のテスト飛行の祝賀と時を同じくした。747はアイコニックな航空機で2007年までは世界最大の航空機だった。他の従来型航空機より2.5倍増の旅客を輸送することができた。また2本の通路を持つ最初のワイドボディ機でもあった。特徴は、コックピットがあるアッパーデッキである。KLMは1971年に最初のボーイング747を同社のフリートに導入した。1989年にフリートに加えられた「City of Bangkok」は9人のタイ人僧侶によって命名を受けた。約30年の忠実な運航を終え再塗装された機体は、現在Corendonホテルの庭園を飾っている。

▽数字で見る輸送

ボーイング機の最後の5日間の旅は印象的なオペレーションだった。機体は最初にスキポール空港区域を8キロメートル、さらに野原を4.5キロメートルにわたり輸送する必要があった。重量物輸送専門会社のMammoetは160トンの航空機をさらに重い200トン超のトレーラーで輸送した。トレーラーはボーイング機の重量を192の車輪で分担した。トレーラーが湿地に沈まないようにするため、1枚1500キロの金属製道路プレートを約2100枚使用し特別な道路が建設された。17本の水路には特製の橋が架けられた。トレーラーは時速5キロメートルの速度で走行を続け、そばを歩くMammoet社員により遠隔操作で制御された。2つのいわゆるパワーパックで動力が供給され、それぞれ390kWの容量を持ち1000馬力以上を発生した。輸送中、合計18のターンが必要で、そのうち最初の7ターンは空港内で行われた。

▽編集者注

Corendon(コレンドン)はオランダ、ベルギー旅行市場の大手旅行業者、航空会社、ホテルチェーンである。2018年、同社は欧州内外数十の避寒地で75万人以上の行楽客にサービスを提供した。Corendonの航空事業はCorendon Dutch Airlines、Corendon Airlines Europe、Corendon International Airlinesを含み、そのフリートは18機である。Corendon Hotels & Resortsはオランダ、トルコ、イビサ島、キュラソー島にホテル、リゾート10軒を展開している。Corendonは格安価格、実用的手法、豊富な経験によって、旅行業界で強力な市場ポジションを保持している。詳細は以下を参照:

https://www.corendon.com/en-EN/a/about_us

Corendon Mission 747についての詳細は以下を参照:

https://www.corendonhotels.com/nl/corendonmission747/

画像および動画(未処理)は以下よりダウンロード可:

https://corendonhotels.smugmug.com/

ソース:Corendon

Corendon Boeing 747 Has 'Landed' in Hotel Garden

PR77389

AMSTERDAM, February 10, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Aircraft will be converted into 5D aviation experience for the public

After a five-day mega transport from Amsterdam Airport Schiphol to

Badhoevedorp, the Corendon Boeing 747 has arrived in the garden of the Corendon

Village Hotel this morning. There the plane will be converted into a

5D-experience about the 747 and the history of aviation later this year.

     (Logo: https://mma.prnewswire.com/media/815083/Corendon_Logo.jpg )

     (Photo: https://mma.prnewswire.com/media/819957/Corendon_Boeing.jpg )

De Boeing began its last journey from Schiphol Airport on Tuesday night. The

dismantled aircraft was placed on a trailer of specialised transport company

Mammoet to cover the 12.5 kilometers to the hotel. During that, the aircraft

had to cross 17 ditches, highway A9 and one provincial road. The A9 was

successfully crossed in the night from Friday to Saturday. In the night from

Saturday to Sunday, the transport crossed the Schipholweg after which it was

parked backwards into the hotel garden, requiring 57 movements. The spectacular

transport attracted worldwide attention and was covered by national en

international media.

Heavyweight

The Boeing 747 is the former KLM aircraft 'City of Bangkok' that will be given

a new final destination in the hotel garden after 30 years of reliable service.

The plane is 64 meters wide, 71 meters long and weighs 160 tons. To keep it

safe and steady, the aircraft has been lifted on 1.5 meters high steel bases,

totalling 15 tons of steel. These are built on heavy concrete slabs, strong

enough to carry the enormous weight.

5D experience

De Boeing will be converted into a 5D experience later this year. Visitors will

be able to walk on, over or under the plane and visit places that are normally

not accessible to the public. They can visit the cargo area where the luggage

is loaded, learn about the fuelling of the plane, take a look in the kitchen of

the business class and the cockpit on the upper deck. They can even do a wing

walk over the thirty-meter-long wings. Visitors also make a journey through the

history of aviation. That begins with the ancient human desire to fly and leads

them from the first serious flight attempts around 1900 to the development of

the Boeing 747. The highlight of the trip is the 5D experience, in which they

can experience flying in all its facets. The garden where the Boeing is placed

is partly an ecozone, open to hotel guests, and can be used as a festival site.

Fitting and measuring

Corendon founder Atilay Uslu had booked a room in the hotel. Exactly on the

spot where - if everything went well - the nose of the Boeing would be placed

in front of the window. "When I opened the curtains this morning, I saw her in

full glory. I realized that after months of preparation we really succeeded in

getting the plane to its final place with a lot of fitting and measuring. That

kind of takes your breath away," he says.

Corendon has expressed its thanks for the cooperation of the municipality of

Haarlemmermeer, government agencies, various companies and its own employees,

without whom the stunt could never have been successful.

Iconic plane

The transport of the aircraft this weekend coincided with the celebration of

the first test flight of the Boeing 747 on February 9th, 1969, exactly fifty

years ago. The 747 is an iconic plane and was the largest aircraft in the world

until 2007. It could transport 2.5 times more passengers than other

conventional types. It was also the first wide body aircraft, with two aisles.

Characteristic is also the upper deck, where the cockpit is located. KLM

introduced the first Boeing 747 in its fleet in 1971. The 'City of Bangkok',

which was added to the fleet in 1989, was then baptized by nine Thai monks.

After almost thirty years of loyal service, the repainted aircraft now

decorates the Corendon hotel garden.

The transport in figures

The last five-day trip of the Boeing was an impressive operation. The plane

first had to be transported 8 kilometers over the Schiphol airport area and

then another 4.5 kilometers through the fields. Heavy transport specialist

Mammoet transported the 160-tons aircraft on a trailer that weighed even more:

over 200 tons. The trailer divided the weight of the Boeing over 192 wheels. To

make sure the trailer would not sink into the marshy land, a special road was

constructed of approximately 2.100 metal road plates weighing 1.500 kilos each.

Special bridges were built over the 17 ditches. The trailer was traveling at a

speed of 5 kilometers per hour and was controlled remotely by people from

Mammoet, who walked beside it. It was powered by two so-called power packs,

each with a capacity of 390kW, generating more than 1000 hp. A total of 18

turns had to be taken during transport, of which the first 7 were on the

airport.

Editor's note

Corendon is a leading tour operator, airline company and hotel chain on the

Dutch and Belgian travel market. In 2018 Corendon gladly took care of the

holiday for over 750.000 holidaymakers to dozens of sunny destinations in and

outside Europe. Corendon's aviation business includes Corendon Dutch Airlines,

Corendon Airlines Europe and Corendon International Airlines with a total fleet

of eighteen aircraft. Corendon Hotels & Resorts offers ten hotels and resorts

in the Netherlands and Turkey and on Ibiza and Curaçao. Corendon has a strong

market position due to its sharp prices, its no-nonsense approach and its

extensive experience in the travel industry. More information can be found at:

https://www.corendon.com/en-EN/a/about_us .

For more information about Corendon Mission 747 visit:

https://www.corendonhotels.com/nl/corendonmission747/

Images and videos (also raw material) can be downloaded at:

https://corendonhotels.smugmug.com/

SOURCE: Corendon

  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中