富士ゼロックス、Zoho社と販売で提携、クラウド型業務サービスのラインナップを拡充

富士ゼロックス

2019/2/20 11:00

2019年2月20日

富士ゼロックス株式会社

富士ゼロックス、Zoho社と販売で提携、クラウド型業務サービスのラインナップを拡充

―顧客管理・販売促進系サービスにより、営業活動の効率化を支援―

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:玉井 光一)は、Zoho(ゾーホー) Corporation Pvt. Ltd(本社:インド チェンナイ、社長:Raj Sabhlok氏、以下、Zoho社)と、企業や組織における顧客管理や販売促進などの業務をサポートするクラウド型業務アプリケーションサービス群「Zoho」サービスの販売提携に合意しました。本日より、Zohoサービスの販売を日本およびアジア・パシフィック市場向けに、順次開始いたします。

この提携により、顧客管理・販売促進・Webマーケティング関連のサービスを拡充、お客様はより多くのアプリケーションの利用を通じて、現在の営業プロセスや顧客接点業務を見直し、ICTを用いた業務改革が進められるようになります。また、お客様の業務プロセスに応じ、当社の直販による対面での導入サポートが可能となります。

 富士ゼロックスはこれまで、Zoho社の技術を組み込んだクラウド型アプリケーションサービス「SkyDesk」シリーズにより、主に顧客管理や販売促進を支援してきました。本提携により、新たにオンラインアンケート(Survey)、Webフォーム作成(Forms)、クラウドサービスを連携した業務フロー作成(Flow)などのサービスを追加します。また、販売促進系のサービスを中心とする9サービスのバンドルパッケージ、Zoho CRM Plusを追加し、営業やマーケティング部門の関連業務を手頃な価格で広くカバー。サービスラインアップは順次拡大予定です。また、販売する地域は日本をはじめ、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、香港などへ順次拡大予定です。

当社は2011年にZoho社と技術提携、双方に技術を提供・共有し、グローバル市場に展開してきました。これまで提供してきたSkyDesk CRMなど一部のサービスは、お客様のご要望に応じてデータ移行を支援しながら、新たに販売を開始するZohoサービスへ段階的に統合(*1)いたします。

SaaS(*2)業界のグローバル競争が激化する昨今、お客様によりスピーディーに、グローバルに多くのアプリケーションを提供するため、両社の技術を1つの基盤に統合、提携範囲を技術のみならず販売領域にまで拡大することといたしました。今後も一層、お客様のニーズに応えるサービスを提供してまいります。

*1:今後のサービス統合に関する最新情報に関しましては、随時下記のURLにてご案内いたします。

・SkyDeskサービス お知らせ:https://www2.skydesk.jp/notice-ja

・Zoho Corporation:https://www.zohocorp.com/index.html

*2: SaaS・・・Software as a Service

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中